それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 15日

松中選手・小久保選手への手紙

[8/11のホークス] 対バファローズ 第15回戦(京セラドーム大阪)
 ホークス 6 - 3 バファローズ 
 スタンドリッジ、初先発は合格点の投球内容!
 川崎、多村にタイムリー 田上、井手、辻…脇役達も頑張った!

[8/12のホークス] 対バファローズ 第16回戦(京セラドーム大阪)
 バファローズ 4 - 1 ホークス 
 大隣、久々の先発も悔しい初黒星
 鷹打線、わずか4安打 本多・川崎以外にヒットなし これでは勝てません

[8/14のホークス] 対ファイターズ 第15回戦(ヤフードーム)
 ファイターズ 4 - 1 ホークス 
 初回、川崎のホームランで先制も、以後打線がサッパリ
 我慢の投球続けた和田、終盤に力尽きる

[8/15のホークス] 対ファイターズ 第16回戦(ヤフードーム)
 ファイターズ 2 - 1 ホークス 
 神内、久々の先発で好投も、またも機能しない打線に泣く
 4カード連続負け越し、首位と4ゲーム差…ここが正念場

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前略
松中信彦様
小久保裕紀様

最近のあなた方の打撃不振ぶりにつきましては、私共ホークスファンとしては、非常に気にかかるものであり、
何よりあなた方ご自身が、深い悩みの中におられる事と思います。
加えて、チームの方も後半戦の初めは7連勝と好スタートをきったものの、
8月に入ってチームの勢いは失速し、今日の敗戦で4カード連続負け越しという事態を迎えるに至りました。
チーム不振の中で、あなた方は主軸打者としてその責任感を大きく感じられている事でありましょう。
その心中は、私の様な素人の想像の及ぶところではないくらい、穏やかでない事でありましょう。

しかし、そんな事情を鑑みても、今日はあなた方に申し上げておきたい事があります。
それは、最近のあなた方のプレー中の態度についての事です。

小久保さん
あなたは今日の試合の3打席目に三振を喫した後、
バットを投げつけ、ヘルメットや手袋など、身に付けていたものを投げ捨てていましたね。
あなたは普段、あのような形で悔しさを露にする事など滅多にないだけに、非常に驚きましたが、
同時に非常に残念に思いました。
あんな形で感情を表に出されても、共感できるファンは少ないでしょう。
むしろ、はっきり言わせて頂ければ、不快感を覚える人の方が多いでしょう。

松中さん
あなたにしてもそうです。
先日の京セラドームでの試合で、ファウルフライに倒れたあなたは、
ヘルメットや手袋を投げ捨てていましたね。
私は、その瞬間をスタンドで見ていました。
これもまた、非常に残念な思いと不快感でいっぱいになりました。
あの投げ捨てられたヘルメットや手袋は、コーチの方が片付けていましたよ。
私はその姿を見て、悲しくなりました…

その翌日の試合では、長きにわたる不振に業を煮やしたファンが、
松中さんの打席で鳴り物による応援をボイコットするという事態に至りました。
応援ボイコットというのは、気持ちの良いものではありませんし、
私としては賛成しかねるものですが、
あえて言わせて頂くならば、ファンはあなたが打てない事に腹を立てたというだけでなく、
打てない上に、物に八つ当たりするあなたの態度を見て、応援する気持ちが萎えてしまったのでは
ないかと思うのです。

小久保さんの件にしろ、松中さんの件にしろ、ファンはちゃんと見ています。
そしてファンは、打てなくて悔しい気持ちはわかっても、
ああいう形で野球道具に八つ当たりする姿を見せられて、決して良い気持ちはしないのです。
そして何より、多くの子供達が見ています。
あなた方くらいの存在になれば「野球道具を大切にする」という姿をグラウンドで見せて、
子供達の手本になるべきではないでしょうか。
それが「チームの顔」と呼ばれる存在であり、多額の年俸を得てプレーする選手の
責務というものではないでしょうか。

あなた方が自身とチームの不振に悩み、苦しんでいる姿は、ホークスファンならもう解っています。
だからこそ、応援しようという気持ちを持っているファンも多いはずです。
そんなファンを失望させるような姿(打てない事とは別のものです)をグラウンドで見せるのは、
不振の時こそ応援しようとするファンをも悲しませる事になるのです。

願わくば、ここはひとつ、冷静な気持ちを取り戻して頂きたく思います。
そして、多くのファンが見ている事を、今一度胸にとどめて頂きたいと思います。

一ホークスファンの男より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まあ、こんなところで書いているだけでは、松中や小久保に届かないのは
百も承知ですが(苦笑)
今、仮に小久保や松中にひとこと言えるとしたら、という思いで書きました。

バットやヘルメットを投げつける姿を見て、その受け止め方は人によって違うでしょうが、
私は失望と怒りを禁じえなかったので、上記の通り書かせて頂きました。
皆様はどのように思われたでしょうか。

まあ、二人とも今は精神的に不安定なのかなと思います。
ファンも精神的に不安定になりそうな試合が続いてますからね。
とにかく、先発投手陣がローテーションもまともに組めない中で頑張ってるのに、
打線がそれに応えてくれない、というパターンが続いていますね。

そんな打線の中で、数少ない好調な選手の川崎まで今日は欠場
となれば今日の打線の不振ぶりも無理からぬところか。
それにしても、武田勝には何度もやられています…
イーグルスの田中同様に、苦手投手を作ってしまってますね。
首位を争う上では、苦手投手を作るのは禁物なのに…
おまけに、首位ファイターズに連勝を許してしまいました。

波に乗れないチームの中で、僅かな希望の光は、
野手では田上や井手、先発投手ではスタンドリッジや神内が、
良いパフォーマンスを見せている事でしょうか。
あと、リリーフでは三瀬に復活の兆しが出てきていますね。

今は我慢の時…とはいいながら、いつまでも我慢していては、
シーズンが終わってしまいます。
とにかく、TMK砲をはじめ、打線の復活が急務ですよね。
そんな事は選手も首脳陣も分かっているんでしょうけど…
早くこの苦しい状態を脱して欲しいです。

余談ですが、本文でもちょっと書いた通り、
先日、京セラドーム大阪に観戦に行ってきましたので、
追ってupしたいと思います。

by takanomichi | 2007-08-15 22:57 | Hawks 2007


<< 最悪の首位攻防戦…      想定外の戦線離脱…いよいよ非常事態 >>