2004年 11月 01日

勇気を出して初めての…

b0040114_2341418.jpg

プロ野球ai (大苦笑)







越えられなかった一線を、ついに越えてしまいました…
いやー、やっぱり本屋でレジに持って行く時は、
ちょっと変な汗かきましたよ(笑)

さすがに「プロ野球ai」一冊だけ持って行く事はできなかったので、
もう一冊の野球本も一緒に持って行きました。
しかも、レジのお姉さんに出す時に「プロ野球ai」の上にその本を重ねたり
なんかして。
これって男なら誰しも似たような経験してますよね。
ア●ルトビデオ借りる時に映画のビデオも一緒に借りる時の、あの状況です(笑)

いきなり表紙から「イケメン選手大発掘!」なんて出てるし…
読んでみると、次から次へ出てくるアイドルっぽいポーズの選手の写真を見て、
また変な汗が…

b0040114_23413369.jpg
いつも読んでる「週刊ベースボール」
とかでは考えられない、
アップとカメラ目線と決めポーズの写真の連続。

特にこの西武・小野寺の写真…
これ、どこが野球雑誌なの?



…って散々言ってしまいましたけど、
実際記事そのものは興味深く読めるものも多いし、
意外と言っては失礼ですが、正統派の野球雑誌っぽい面もあります。
今回ので言えば、ヤクルト・岩村のドキュメント記事とか、
なかなか読み応えがあって、良かったです。

あとは、私のご贔屓、川崎宗則の青春期の記事。
今まで知らなかった川崎の一面に触れる事ができた…のはいいのですが、
これは前号からの続き物になっていました。
前号の内容も読みたいのですが、それは出版社に直接注文して
バックナンバーを手に入れなければなりません。
既に注文する気になっている自分が怖い(笑)



さて、ホークス絡みの話を一つ…
今回の記事の中に「いま、光っているヒーローたち」という
ランキング記事がありました。

1位:川崎宗則(ホークス)
2位:和田毅(ホークス)
3位:城島健司(ホークス)
4位:新垣渚(ホークス)
5位:中島裕之(ライオンズ)
6位:藤本敦士(タイガース)
7位:二岡智宏(ジャイアンツ)
8位:瑞季(ホークス)
9位:阿部慎之助(ジャイアンツ)
10位:斉藤和巳(ホークス)

…あの~
8位に何かツッコミたくなるのは、私だけでしょうか?

by takanomichi | 2004-11-01 23:49 | Hawks


<< 歴史的な日の朝…なのに      明日に向かって飛び立つ鷹軍団 その2 >>