それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 10日

ちょっとは明るい話を…

野球シーズンが終わるのを待っていたかのように、
日本シリーズ終了後あたりから仕事が忙しくなってきた私。
今日の日米野球も、テレビで見られたのは終盤だけ。
新垣がメッタ打ちにあったのはニュースで見ました。
序盤、随分派手に打たれましたね…

試合中継が終わった後のニュースで、
「ホークス 球団売却へ」と流れているのを見て、
あらためて現実に戻る…

もう今日は、ホークスファンにとって散々な一日でした。

何かもうちょっと明るい話はないのかよ、という思いで
日刊スポーツ九州のサイトを見ると
「川崎が「球団の顔」」
の記事が目に飛び込んできました。



CM契約本数が増え、一気に球団の「CMキング」にのし上がるようです。
もう既に女性からの人気はホークス一といってもいいわけですが、
CMに出る事で、幅広い層から人気を集める事になりそうですね。
それにしても、撮影時間13時間…ご苦労な事です。

記事の中にある次の部分が、印象深いです。
今回川崎をCMに起用した「タカミヤ」の取締役氏曰く
「川崎選手は最初からスターというわけじゃなく地道な努力で
成長してきた選手。」


そう、これなんです! 川崎を象徴するピッタリの言葉は。
決して入団当時から注目度の高い選手ではなかったのですが、
人一倍の練習量で一軍に定着し、レギュラーポジションを掴んだ昨年、
一気にブレイクしました。
以後の活躍は皆さんご存じの通りです。

何度か当ブログで書いてきた事ですが、
我らが「ムネリン」は普通のアイドル選手ではなく、
凄まじい努力に裏づけられた強さを持つ選手、と私は思ってます。
こういう選手は、一度レギュラーを掴むと、簡単には離しません。
今季はチーム唯一の全試合出場に、盗塁王獲得と文句なしの活躍。
本人にとっても最高のシーズンだったでしょうが、
来シーズンも、ますます期待!です。

ただ、今は右肩の故障で、秋季練習にも参加していない状態です。
順調に快復してはいるようですが、他の故障者にも言える事ですけど、
今の時期は焦らず、ゆっくりと治すくらいの気持ちでいいと思います。

それにしても、地元ではホークス選手のCM露出度は高いようですね。

ダイエー選手のテレビCM(上の新聞記事より)
 川崎は西日本鉄道(福岡市)、家電量販店のヨドバシカメラ(東京都)と契約。
 主力選手では、城島が福岡銀行、ベスト電器(ともに福岡市)、
 井口が辛子明太子のまるいち、国内信販(ともに福岡市)、
 和田が紳士服のフタタ、福岡市地下鉄(ともに福岡市)のCMに出演。
 松中が西部ガス(福岡市)、
 新垣がオリオンビール(沖縄・浦添市)など
  ※カッコ内は本社所在地

一部は福岡ドームのビジョンで流れていたのを見た事がありますが、
半分以上は見た事ないですね。
なんかこういう記事見ると、見てみたいという衝動に駆られ、
無性に福岡に移住したくなるのですが。

by takanomichi | 2004-11-10 02:16 | Hawks


<< 人生初 日米野球観戦レポ      結局こうなるんですか… >>