カテゴリ:WBC 2006( 2 )


2006年 03月 21日

ついに世界の頂点へ!

いやあ、夢じゃないんですね…
「真の世界一を決める」戦いを制し、
本当に「世界一」になりました!我らが王ジャパン。
夢のように思っていた事が、今、現実のものに…

・・・・・・・・・・・・・
WBC 決勝
[3/20(現地時間)・サンディエゴ] 日本 10-6 キューバ 

1回の表からいきなりチャンス。
西岡が内野安打で出塁。
その後、韓国戦の時に続いて3番に入ったイチローが四球で出塁。
そして松中が、見送ればボール球かと思うような外角への変化球にバットを出し、
ショートへの内野安打に!
1アウト満塁のチャンスで、早くもキューバは投手をロメロからオデリンに交代。
しかし、オデリンは5番多村に押し出しのデッドボール!
試合の行方を占う上で重要な先取点は、あっけなく日本に入りました。

さらに2アウトとなった後、小笠原にも押し出しのフォアボール!
このあたりは、キューバ投手陣のコントロールが定まらないところで、
じっくり球を見ていく作戦が功を奏した感じ。
そして、続く今江が見事にセンター前に弾き返す2点タイムリー!
4-0と初回から大きくリード。

予想外の展開で日本有利に試合は展開するか、と思いきや…
マウンドに上がった松坂をいきなり襲ったのは、
パレの先頭打者ホームラン。
さすがにキューバ、取られたらすぐ取り返しにかかってきます。

しかし、やはり松坂は松坂でした。
舞台が大きくなればなるほど、この人は本当にすごいところを見せてくれます。
今日の松坂は得意のスライダーが高めに浮くなど、変化球は今ひとつでしたが、
ストレートが素晴らしく走っていました。
勝負どころは力でねじ伏せていく投球で、3回までに5奪三振。
2回にアウトを全て三振で取ったところは、まさに圧巻でした。

そして4回裏には、センターへ抜けようかというヒット性の当たりを、
川崎が超ファインプレーでアウトに!
バックの堅い守備も松坂を盛り立てます。

そして、試合は中盤へ…↓

by takanomichi | 2006-03-21 22:32 | WBC 2006
2006年 03月 19日

全員野球で雪辱果たす!

声を上げて野球を見たのは久しぶりでした。
なかなか均衡が破れない展開、
そしてその後に起きた怒涛の攻撃、
本当に見ていて力が入りましたし、その分喜びも大きく爆発しましたね!

・・・・・・・・・・・・・
WBC 準決勝
[3/18(現地時間)・サンディエゴ] 日本 6-0 韓国 

ここまで投手力を中心に守り抜いて、
準決勝まで駒を進めてきた我らが王ジャパン。
今日は結果的には6点差がつきましたけど、
中盤までは0-0で進む緊迫した展開。
それは間違いなく、上原の快投が演出したと言えましょう。
ストレートも走っていたし、変化球も切れていました。
何より上原らしいテンポの良い投球は、見ていて気持ちよかったですね。

そして、バックの堅い守りが上原の好投を支えました。
特に4回裏、イ・ジョンボムのレフトへの大きなファウルフライを
多村がジャンピングキャッチの超ファインプレー!

しかし、相手の先発、ソ・ジェウンも変化球主体でなかなかのピッチング。
1回と4回にイチローが見事なヒットを放ち、そして盗塁を決め
チャンスを作ったのですが、ともに後が続かず無得点。
打つのは打つのですが、しっかり芯を外されていました。

間の3回も惜しかったですね。
1アウトから川崎がライトフェンス直撃の2塁打!
青木フォアボールで1・2塁のチャンスが広がった後、
西岡の打球はヒット性の当たりでしたが、
不運にもサードの正面へ飛ぶライナーとなり、ダブルプレー…

しかし、この後展開は大きく変わります・・・↓

by takanomichi | 2006-03-19 23:29 | WBC 2006