カテゴリ:Hawks 2010( 4 )


2010年 07月 19日

京セラドーム大阪 ホークス3連戦

皆様、本当にお久しぶりです。
何ヶ月もこのブログを更新してませんでしたが、久々に更新します。
実は、ホークス日記はmixiの方で書いていて、ハンドルネームも新しくしています。
以来、こちらの日記を更新する事はありませんでした。
でも、今日はこちらでも書きたい内容があるので、久々に書きます。

この金・土・日と、京セラドーム大阪で行われた、バファローズvsホークスの3連戦。
3日とも観戦に行ってました。
土日は行く事は前々から決めていましたが、金曜日も運良く休暇が取れたので、
3日とも行く事ができました。

もちろん、それはホークスを力一杯応援するため。

今シーズンは日程の関係で、7月だというのに、この3連戦が京セラドームでの試合の最後になるのです。
(秋にCSが行われない限りは)
そういう事もあって、GWに来た時は内野席で観戦しましたが、今回はレフトスタンドで思い切って声を出して応援しよう。
これも前々から決めていました。

とにかく、目一杯、声と手拍子で盛り上げよう。
そういう思いでした。
メガホンも、一応鞄の中に忍ばせてはいましたが、使う事はありませんでした。

関西以外の地域の球場に行く事が少ない自分にとっては、関西のホークス応援が、
福岡や関東や札幌や仙台とどう違うのか、体感する事はできません。

だけど、これだけははっきり言えます。

「関西のホークス応援は熱い。本当に熱い。」

レフトスタンドにいたらそれを体感します。
みんな力一杯の声を出す、叫ぶ。
みんな手拍子で盛り上げる。
試合の最初から最後まで、そのパワーが衰える事は無い。

それは誰かに強制されてやるものではない。
みんな自然とそういう行動に出る。
何がそうさせるのかはわからない。
だけど、自然とみんな熱くなる。

不思議な場所、それがレフトスタンド。

そして、この3連戦は、レフトスタンドだけでなく、3塁側内野席にも
多くのホークスファンが集まっていました。

みんなの声援で選手達を後押ししようと頑張りました。

そして結果は・・・見事な3連戦3連勝!


■スコア詳細
 7/16(金) ホークス 6-1 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 
 7/17(土) ホークス 9-2 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 
 7/18(日) ホークス 4-2 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 

金曜日は5回に集中打を見せ、投げては大隣が序盤もたつきながらも、結局は6回を無失点。
土曜日は序盤から打線爆発。和田が貫禄の投球で圧勝。
と、ここまではある程度期待していましたが、問題だったのは日曜日。
相手の先発はホークスを得意にしている近藤。
対してホークスの先発は今季初先発となる陽。
客観的に考えて苦戦は免れない。
しかし、その試合も一時はリードを許したものの、見事な逆転勝ち。

何て言うのだろう。
思い込みかもしれないけど、関西の熱いファンの声援が、
ホークスの選手達に不思議な力を与えているかも知れない。

少なくとも、自分達はそれを信じて応援している。

ホークスの今季の関西でのバファローズ戦成績は、ここまで7勝1敗1引分。
その好成績と、関西のファンの声援のパワーは無関係ではないと思う。

声の力。気の力。
自分達の力が、ホークス選手の力になり、この3タテという結果につながったのなら
こんなに嬉しい事はない。


この3連戦、オリックス球団は「大坂夏の陣」と題して、限定の赤いユニフォームを着用して臨む気合の入れようでした。
しかし、結果は「返り討ち」を喰らわせました。
それもこれも、チームとファンが一つになった結果。
自分はそう思ってます。


それにしても、土日の試合は多くのそういう熱いファンが集まるので、レフトスタンドの応援団の近くの席は、すぐいっぱいになってしまいます。
だから、早くから順番取りに動く必要がありました。
(京セラドームの外野席は全て自由席)
自分も朝早くから球場に出向きました。
そしてその後に試合で力一杯応援。
体力的には正直きつかったです。
3戦目の最後の方は、かなりしんどかったです。
でも、それも3連勝で心地のいい疲れになりました。

夢のような3日間でした。

そして、この関西での勢いそのままに、ホークスは今日、福岡での「鷹の祭典」の試合も圧勝。
本当に嬉しい事です。

今季、関西で残すホークス戦は9月の神戸での3連戦。
3戦全て行くのは厳しそうだけど、もう一度レフトスタンドで応援したい。
そう思いました。

これからも、熱くホークスを応援し続けます。

by takanomichi | 2010-07-19 23:56 | Hawks 2010
2010年 02月 27日

さてオープン戦が始まったわけだが…

[試合結果(2/26・ヤフードーム)] ソフトバンク 6 - 1 広島

今日、ナイターで行われたホークスのオープン戦初戦。
CS放送で試合中継が行われていたようですが、我が家はまだその環境が整っていないので、ネットで結果を知る以外にありませんでした。
とりあえずは勝ってよかった!
オープン戦は勝ち負けを度外視しても良いのでしょうけど、やっぱり勝つ事は単純に嬉しいものです。

ここを見ると、詳細な内容がわかりました↓

投げては1失点。打ってはオーティズ・松田のホームランを含む8安打6得点と、オープン戦初戦としては上々でしょう。

ただよく見ると、この勝利、ある意味では当然かなと言えなくもないのです…
それはなぜかと言いますと、まず今日のスタメン。

4 本多
6 川崎
5 松田
3 小久保
7 オーティズ
9 多村
DH イ・ボムホ
8 長谷川
2 田上


まだ2月のオープン戦初戦にして、これはかなり「本気度」が高いと思います。
松中が故障で開幕に間に合わなければ、このスタメンがそのまま開幕スタメンになってもおかしくありません。

相手の広島も、スタメンは結構主力級を揃えてきました。
しかし、ホークスは投手起用も先発・和田に始まって、ホールトン→藤岡→甲藤→森福と繋ぎ、最後は攝津で締めるという、シーズン中でも無いようなものでした。

野手は試合途中から結構交代していたようですけど、やっぱりホークスの方がメンバー的に力を入れていたと思います。

まあ、それは主力級がこの時期から試合に出られるくらい、順調に調整できている事の証しですからいいのでしょう。
とはいえ、オープン戦の前半では、若手選手の競争も試合の中にうまく混ぜていって欲しいものですね。

まだまだオープン戦はこれから。
じっくりチーム力の底上げをしていってもらいたいです。

by takanomichi | 2010-02-27 13:17 | Hawks 2010
2010年 02月 24日

ソロデビュー

本多が初の写真集「本多本」を発売

選手個人の写真集発売というだけでも異例な事なのに、それが一球団でもう4人目という事に、ちょっとビックリします。
何か「おニャン子クラブ」や「AKB48」みたいだな…

というかこの写真集は、タイトルの
「本多本」
これが言いたいだけちゃうんか、と(笑)

by takanomichi | 2010-02-24 01:01 | Hawks 2010
2010年 02月 13日

再出発

再出発と言っても、私のブログの事ではありません。(もういいか。この話は)

「本間が石川入団 BCリーグ」

 プロ野球独立リーグ、BCリーグの石川は12日、昨季限りでソフトバンクを退団した
 本間満内野手(37)の入団を発表した。本間は2006年にオールスター戦に出場した。

いやあ。本当によかったです。
昨年、残念ながらホークスを戦力外になった3選手のうち、
的場はロッテに、篠原は横浜にそれぞれ入団する事が決まりました。
(的場は昨年末のテレビ番組で、戦力外通告からロッテ入団決定までのドキュメントが放送されてましたね。)

しかし、本間だけはどこも入団先が決まらず、どうなるのかなと思っていました。
代打の切り札として、どこか獲得する球団があってもいいはずなのに…
そう思ってましたが、結局NPB11球団の中に本間に声をかける球団はありませんでした。

しかし、ようやく行き先が決まりました。
NPBのチームではないとはいえ、野球を続けられることが何よりではないでしょうか。
状況や環境はホークス時代に比べると厳しくなるとは思いますが、
とにかく頑張って欲しいです。

以前に、ホークスを戦力外になった宮地が、同じBCリーグの富山を経て、今は2軍コーチとしてホークスに帰って来ています。
本間も同じように、いずれは何らかの形でホークスに帰ってきてもらいたいですね。

by takanomichi | 2010-02-13 01:33 | Hawks 2010