それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:プロ野球一般( 54 )


2004年 11月 02日

歴史的な日の朝…なのに

b0040114_847557.jpg今朝のデイリースポーツ一面です。
「井川、宝塚デビュー」

もちろん井川が宝塚歌劇の舞台に立った
わけではありません。
ただ単に、初めて宝塚歌劇を観に行ったと
いうだけの話です。
これが一面なんです(苦笑)

一方、サンケイスポーツでは、
阪神「ラロッカ獲る!」なんて記事が一面です。

あ、カープファンの方、ご心配は無用です。
ラロッカ本人の話とか、カープ関係者の話とかありません。
「今、日本にいる外国人選手は、ほとんどみんな今年で契約が切れるやろ」と岡田監督が語り、ラロッカもそれに当てはまる、というだけの話です。

今日は50年ぶりにプロ野球に新規参入する球団が決まるという
歴史的な日なのに、デイリーといい、サンスポといい一面がこんなのです。
これからオフの間、この手の記事がまた飛び出すことでしょう。
セリーグは阪神を応援している私も、この手の阪神記事には辟易します。

嗚呼、これが関西スポーツ紙…(鬱)

by takanomichi | 2004-11-02 08:47 | プロ野球一般
2004年 10月 30日

燃えよドラゴンズ!2004

b0040114_23102892.jpgCD届きました(笑)

正直言って、この曲が今マイブーム(←最近
言わねえな)になってます。
今も聴きながら書いてます。

「オマエはどこのファンだ」というツッコミは、
承知の上ですよ。ええ…(苦笑)


日本シリーズの中継の中でこの歌を聞いた方も多いでしょう。
ナゴヤドームでラッキー7の時に流れるのは、オリジナルとバージョンが
異なるのですが、このCDには両方とも収録されています。

歌っているのは、水木一郎氏。
私達の年代の人なら、幼い時からアニメやヒーロー物の主題歌で
慣れ親しんでいますね。
この人が「燃えよドラゴンズ!」を歌っているとは、
最近2004年バージョンを聞くまで知りませんでした。
水木氏は2002年バージョンから歌っているそうです。

この歌は昔からある歌で、かつてはあの板東英二氏が歌っていました。
有名過ぎる話ですが、板東氏、元はドラゴンズの投手ですね。
ネットで調べてみたら(調べたのかよ)、この歌は最初に板東氏の歌唱で
レコード(当時)が出たのは、昭和49年の事らしいです。
さすがに私も、これはリアルタイムでは知りません。

あ、それで一つ思い出した話。
もうだいぶ前に、板東氏の著書で読んだエピソードです。
(書名すら覚えてません(苦笑) 10年以上前に板東氏は
 球界の内幕を書いた本を毎年のように出していましたが、その中の一冊です)


ナゴヤ球場で試合前に流れる「燃えよドラゴンズ」
それを聞いていた長嶋茂雄氏(当時は選手という話だったかな)が
楽しそうに話します。

「ねえ、この歌、誰が歌ってるか知ってる?
これはねえ、中日にいた板東君。そう、彼が歌ってるんだ。
彼はいいよねえ、明るくて…」
なんて話すのですが、話しかけられた人は答えません。
答えられるわけがありません。
だって長嶋さん、他ならぬ板東英二氏に向かって
話しかけていたのですから。

現役時代、長嶋さんと何度も対戦したのに、覚えてもらってなかった事が
板東氏は相当ショックだったようです…

いやあ、長嶋さんって本当に、「天然」ぶりを示すエピソードには
事欠かない人ですねえ(笑)

by takanomichi | 2004-10-30 23:20 | プロ野球一般
2004年 10月 29日

ワールドシリーズ レッドソックス優勝

b0040114_8461735.jpg
リーグ優勝決定戦から8連勝ですよ。
ただでさえ緊張感の高い
ポストシーズンの戦いで。
スゴイ事ですよねえ、本当に。

実に86年ぶりの優勝。
「バンビーノの呪い」がようやく解けましたね。


↑わかったような事言ってますが、
「バンビーノの呪い」って私も最近知ったばかりです(爆)
1920年にレッドソックスがベーブ・ルースをヤンキースに放出してから、
ワールドシリーズ優勝に縁がなく、
一方ヤンキースはそれからワールドシリーズ優勝がなんと26回(!)
という話ですね。
これからは、この8連勝が新しい伝説になるのではないでしょうか。

田口は…残念でしたね。
でも、ワールドシリーズに出た事だけでも誇らしい事でしょう。

by takanomichi | 2004-10-29 08:46 | プロ野球一般
2004年 10月 29日

球団ソング 脳内ヘビーローテーション

えー、一昨日の西武百貨店&松坂屋の取材で、頭の中では
「地平を駈ける獅子を見た」と「吼えろライオンズ」と
「燃えよドラゴンズ2004」が交互に流れています(笑)

昨晩はついついブログ書きや巡回に夢中になって、明らかに睡眠不足。
でもって、仕事柄、座ってパソコンを見ている時間が長いので、
こんな時は油断してるとすぐ眠気が襲ってくるのです。

何とか居眠りしないよう、脳内で何度も「燃えよドラゴンズ2004」を流しました。
今日だけで20回は脳内でこの曲がかかったでしょうか(笑)
他にもライオンズの2曲やら「いざゆけ若鷹軍団」まで飛び出す始末。
今は脳内で歌っているだけですからまだいいものの、
いつか仕事中に、つい鼻歌となって出てしまわないか、非常に不安です(苦笑)

それにしても「燃えよドラゴンズ2004」何気に名曲ではないかと思うように
なってきたのですが(笑)
まあでも、私はホークスファンであり、パ・リーグファンですから…
amazon.comで「燃えよドラゴンズ2004」のCDを注文したなんて、口が裂けても言えません

今日はホントにどうでもいい内容です(苦笑)↓

by takanomichi | 2004-10-29 00:58 | プロ野球一般
2004年 10月 27日

日本シリーズ 番外編~記念セール対決

b0040114_23383917.jpgあえて大阪のどことは申し上げませんが、
大阪にも西武百貨店があるんです。

というわけで、
日本一記念セールの様子を見に、
仕事帰りに寄り道して、
某駅前にある西武百貨店へ。



b0040114_23393038.jpg店内に入ると、
いきなり松崎しげるの歌声がお出迎え。
「地平を駈ける獅子を見た」
ガンガン流れてます。
これと「♪吼えろ~ライオン~」とが
交代で流れてました。
(すみません。実は私、こちらの曲のタイトルを知りません。
私がライオンズファンだった頃にはなかった曲なので。)



続きをどうぞ。今日は足で稼いだ記事です(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-27 00:03 | プロ野球一般
2004年 10月 26日

激闘のシーズン グランドフィナーレ

[日本シリーズ第7戦] 西武 7-2 中日

 西武ライオンズ 12年ぶり9回目の日本一!

一言で表現できないくらいいろんな事が起こり、
一言で表現できないくらい激しい闘いの連続だった、2004年のプロ野球。
西武ライオンズの日本一で幕を閉じました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
テレビを見始めると、カブレラのホームランが出た後で、
既に5-0で西武がリード。
ただ、第3戦のような事もあるし、まだわからないとも思いました。

しかし、6回にフェルナンデスのタイムリー、
7回に平尾のホームランで、大きな追加点を上げた西武。
一方、中日は毎回のようにランナーを出すものの、
石井貴の快投の前に、どうしても点を取れない。
結局終わってみれば、石井貴、シリーズ2試合13イニングで無失点。
完璧なピッチングを見せました。

私と一緒に感動の場面を振り返りましょう(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-26 00:38 | プロ野球一般
2004年 10月 25日

投打の中心が見せた粘りと気迫

[日本シリーズ第6戦] 西武 4-2 中日

5回を終わったところで、TBS速報のサイトを見てみたのですが、
山本昌の投球数が83球、松坂が84球。被安打はともに6本。
記録上は似たような内容の投球でしたが、
得点は2-1で中日1点リード。
井上の2本のタイムリーで、中日優位という感じ。

しかし…
このまますんなり終わるはずが無いとは思ってましたが、
5回終了を境目に試合の流れはガラリと変わりました。

ライオンズ勝利 完全ドキュメント(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-25 00:23 | プロ野球一般
2004年 10月 23日

締まっていた試合の締まり無き結末

[日本シリーズ第5戦] 中日 6-1 西武

本日はちょっと帰宅が遅くなり、6回裏から観戦。
テレビをつけ、得点を見ると3-0で中日リード。
いきなり聞こえてきました「ジーパンのテーマ」
代打小関登場、という場面でした。

2死1・2塁のチャンスで小関の打球は右中間へ。
あわやホームランかというフェンス直撃の当たり。
2塁走者生還に続き、1塁走者高木浩之もホームを突きます。

ボールがホームに返ってくる。際どいプレーでしたが、セーフと思いました。
しかし、球審の判定はタッチアウト。
「足が先に入ってるやん!」思わず私は叫びました。
今日のブログはまた誤審ネタか?と思いましたが、
スローをよく見ると、谷繁、しっかりブロックしてました。
誤審は私の方でした(苦笑)

しかし、これで3-1と西武が2点差に詰め寄りました。
いきなりエキサイトする場面を見て、
試合もちょうど面白くなったところから見始めるという事で、
この後の試合展開をとても楽しみにしました。

試合見てない方は必読です。イヤというほど詳しく書いてます(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-23 02:00 | プロ野球一般
2004年 10月 22日

どこのチームの試合ですか?

[日本シリーズ第4戦] 中日 8-2 西武

第2戦からの3試合を見て、おそらくほとんど全ての人が
思っている事でしょう。
「中日ってこんな打つチームだったか?」

今日は3本のホームランで試合を終始優位に進めた中日。
昨日も2本のアーチが出た中日ですが、
レギュラーシーズンではホームラン111本。
12球団で最も少なく、1試合平均1本に満たないわけです。
そんなチームがどうした事か…

ただ、今日の2回のリナレス、4回のアレックスのホームラン、
両方ともCM中でした。
第3戦の中島のホームランもCM中だったそうですね。
とにかくCM長過ぎです。
何とかなりませんか、テレビ朝日さん。

一方の西武、今日のTBS速報のコメントを読むと
「西武は中日と同じ11安打を放つが、13残塁の拙攻だった。」
「拙攻」…これは西武よりも、
パ・リーグの某チームでよく聞いたような覚えが…(悲)

そんなわけで、ある意味、中日と西武の対戦とは思えないような
今日の試合でした。

秋の夜長はダラダラ長い文で(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-22 03:58 | プロ野球一般
2004年 10月 21日

思いがけない休み…ビデオ鑑賞でご満悦

もういい加減にしてくれって言いたくなるくらい来ますね…台風が
今日の日本シリーズも、結局台風の影響で中止。
まあ止むを得ないとは思いますが…

b0040114_0325283.jpgそんなわけで時間ができたので、
今日はある一本のビデオを見ました。
Numberから出ている
「プロ野球 伝説のプレー大全」
というものです。
以前、チカコさんのブログで紹介されてましたのを読んで、ぜひ見たいと思っていましたが、
近所のレンタル屋にはなかったので、
ネットで探して買いました。
中古ですけど(でも新品同様でした)

内容はいわゆる「好プレー珍プレーで」で、映像もフジテレビのが
使われています。主に'80年代から'90年代前半のものが多いですね。
ただ、フジテレビの映像を使うのなら、
ナレーションもみのもんた氏にしてほしかった気がしますが…

とにかく存分に楽しめるビデオです。
10年~20年前くらいの映像が主なので、
今は監督・コーチ、あるいは解説者になっている選手も
多く登場しているのですが、そんな人達が現役時代
一生懸命なあまり信じられないような珍プレーをしているのが笑えます。
面白いプレーは時代を超えて楽しめる、ってわけですね。

あと、各チームのユニホームが今とは全然違っていたり、
また'80年代当時は、ダイエー、オリックスではなく南海、阪急だったので
(横浜も当時は横浜大洋)、その球団のユニホームを見る事もできるので、
新しい野球ファンの方には、物珍しく思えるのではないでしょうか。
私にとっては「懐かしい」という感じでしたが(笑)

まあ、あせらずごゆっくり(笑)↓

by takanomichi | 2004-10-21 00:31 | プロ野球一般