それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 30日

さて、どうしようか…

11月も今日で終わり。
今日は今年限りで球界から去っていく2つの企業について、
その区切りとなる出来事がありました。

まずはやっぱりこの話から。
「ダイエー球団譲渡、最終合意」

まあ、今日こうなる事は前からわかっていましたが、
やはりいざ決まるとなると、寂しさはあるものです。
これでダイエーが球界から去る事が正式に決まり、
来季からは、ソフトバンクの手による新生ホークスとしての歴史が始まります。


b0040114_23522720.jpgさて、これどうしましょうか…
「Daiei」とか「FDH」とか入ったホークスグッズです。
当然、来季からはデザインが変わるわけで…


一方で、今日はこんな動きもありました。
「近鉄55年の歴史に幕」

こちらも営業権がオリックスに譲渡され、
大阪近鉄バファローズとしての歴史が、今日で幕を閉じる事になりました。
こちらも、悲しさや寂しさは当ブログでも散々ぶちまけてきましたが、
やっぱりあらためて寂しさを感じますね。


b0040114_23561897.jpgさて、これどうしましょうか…
岩隈久志 バブルヘッド人形


「なぜ鷹の道はそんなのを持ってるんだ?」と思われた方へ…

こちらへどうぞ↓

by takanomichi | 2004-11-30 23:57 | プロ野球一般
2004年 11月 29日

OBオールスター観戦記 with ハプニング

という事で1日経ってしまいましたが、
昨日行ってきました東京ドームでのOBオールスター戦の話を…

b0040114_23482723.jpg東京ドームに入る前に…
球場21番ゲート横にある「野球体育博物館」へ。
ここも行ってみたい場所でした。
博物館だけあって野球に関するいろいろなものが展示されていますが、
この様に12球団のユニホームや選手の野球道具が展示されているところもあります。
(なぜか写真はブルーウェーブのユニです)
その他、アテネ五輪に関する展示(長嶋監督のユニや、あの「3」が書かれたた日の丸等)や
今なら、松中3冠王記念の展示もやってます。
野球ファンなら一見の価値は十分にある場所です。

b0040114_23485272.jpgいよいよ球場内へ。
球場の大きさとしては、福岡ドームや札幌ドームよりも小さいと聞いていたのですが、
思っていたより広々とした感じで、ちょっと意外に思いました。

現役選手の試合ではないし、観衆はそんなにいないかなと思いきや…
内野席は意外にも多く入っていました。
ネット裏と一・三塁のベースあたりまではほぼ一杯の状態。
外野席はさすがに少なかったですが…
今回はセ・パ両リーグに分かれての対戦で、どちら側に座ろうか迷いましたが、
結局パ・リーグの三塁側へ。

で、試合の方はと言いますと…
まず出場メンバーは、こういった顔ぶれです
記録でしか現役時代を知らない人から、つい数年前まで現役バリバリだった人まで多士済々。
あらためて思いますが、よくこれだけのメンバーを一度に集められたものだなあと思います。
選手がみんな懐かしのユニホームに身を包んで出てきたのを見て、いきなり感激してしまいました。
特に阪急や南海、あるいは近鉄の赤袖ユニを着た選手を見た時は、昔の記憶が甦ってきて、
たまりませんでした。

しかし、試合が始まると…
真剣勝負というよりは、何か久々にプレーを楽しんでいるという感じでした。
バッターは初球とか2球目とかでさっさと打ってしまう人が多くて、試合の進みが速いのなんのって。
で、一生懸命走ってもなんかドタドタした感じ。
ピッチャーにしても似たようなもので、普段スピーディーな現役選手のプレーを見慣れていると
そのギャップが激しくて(笑)
まあそれは当然の事でしょうが、見ていて微笑ましいものがありました。

そんな中でも、時々「おおっ!」と思わせるプレーもありました。
松永浩美(阪急)が、三塁線への当たりをキャッチし、一塁への大遠投で見事にアウトにした時なんて、
スタンドから大歓声があがっていました。
このファインプレーに加え、打っても2安打と活躍の松永は、この試合のMVPを獲得しました。
その他、篠塚和典(巨人)が見事なグラブさばきを見せたり、今回のメンバーの中でも若い部類に入る人は、
動きにもさすがと思わせるものがありましたね。

別の意味でさすがと思わせたのが、達川光男(広島)
打席に立ち、やや内角寄りの球が来たかと思うと後ろに倒れ(もちろん、当たりそうな際どい球ではありません(笑))、
立ち上がるとピッチャー目がけて突進。場内大爆笑
ちゃんと自分が「笑い担当キャラ」である事をわかってらっしゃる(笑)

私が個人的に一番見たかったのが、先日当ブログで取り上げた、山本和範(カズ山本)
今回唯一、ダイエーホークスのユニを着ての登場です。
それこそ本当にこのユニも見納めになるだろうと、しっかり目に焼き付けようと思って見ていたら、
ライト方向に鋭い当たり!
「やった!」と思いました…が、走る姿がやはりドタドタ走り(笑)
やっとの思いで2塁ベースにたどり着いたという感じ…
ああ、そんな姿は見たくなかった(笑)

お年寄りの体を考えて(?)、試合は7回まで。
試合時間は1時間23分という早さ。5回終了後に、試合を中断して
イベントがあったのですが、それを合わせても2時間くらい。
とはいえ、中身の濃い2時間でした。
試合は3-0で、パ・リーグの勝ち!

ちなみにイベントというのは、
「伝説の10・19対決」阿波野・梨田の近鉄バッテリーvs高澤(ロッテ) や、
「ホームラン王 王貞治vs江夏・田淵黄金バッテリーの対決」というものでしたが、
両対決ともに、バッターがヒット性の当たりを飛ばしました。
王さん、とても60歳をとうに過ぎたとは思えない、なかなか鋭い打球でした。
さすがです。

まだまだ、いろいろと書きたい事があるくらいなのですが、とても書き切れません。
文章だけで表現し尽せないので、せめて写真でももっとお見せできればいいのですが、
今回はそれができません。
それはなぜかというと…

こんな事があったからです↓

by takanomichi | 2004-11-29 23:49 | プロ野球一般
2004年 11月 28日

人生初 東京ドーム

b0040114_10464786.jpg皆様、おはようございます。
唐突ではありますが、本日は東京にやって来ました。

生まれて初めての東京ドームです。
今日ここで行われる
「プロ野球 OBオールスターゲーム」を観に来ました。


来年もし、ファイターズvsホークス戦がここで行われるような事があれば、
行ってみたいと思ってた場所ですが、まさか今年、こんな形で行く事になろうとは…

「まさか」というのは、私自身全く予想外の事だったからです。
先日、NHK-BSの「みんな野球が好きだった」という番組で、
思い出の名場面をネットで投票という企画がありまして、
投票者の中から抽選で、この試合のチケットが当たるというものでした。

おそらく当たる事は無いよな、と思いつつ投票しましたが、
意外にも当たってしまったのです。
懸賞とか全くと言っていいほど縁の無い私が…

で、せっかく当たったからには観てみたいと思って大阪から来ました。
交通費節約のため、行きは夜行バスで。
正直、今ちょっと眠いです(笑)

何はともあれ、楽しんで帰ろうと思います。

by takanomichi | 2004-11-28 10:46 | プロ野球一般
2004年 11月 27日

続・ダイエーからソフトバンクへ

昨日の話の続きになりますが、王監督と会談したソフトバンク・孫社長は、
「来月にも選手と顔合わせする機会を設けたい」という考えのようです。

選手の方からも新しい球団方針など、話したい事はいろいろあるようです。
斉藤和巳もそんな思いを持つ選手の一人です。
来季、新生ホークス選手会の副会長になるカズミ。
「選手会としてもいろいろと話を聞きたい」との事です。

ここ数年もの間、身売り話が断続的に出ていた事だけでも、選手に不安を感じさせていたのに、
それに加えて、昨年オフの小久保の不可解な無償トレード劇があったばかりか、
今季も意味不明な密約による井口の自由契約がありました。
またコロニー社との興行権をめぐる、これまたよくわからない密約、
とどめは、前球団社長の下品極まりないセクハラ行為…

思うのですが、選手達のダイエー球団フロントに対する不信感は、
もう我慢の限界を越えていたでしょう。
ファンの多くもその様に感じていた事と思います。(私もその一人ですが)

南海からの球団買収以来というもの、
確かにダイエーは、万年Bクラスだったホークスをここまで強くするのに、
大きなバックアップをし続けてくれた事は、動かしようのない事実です。
その意味では、ダイエーに感謝せねばならないと思います。

振り返れば、南海からの身売りが決定した'88年、
当時の私は南海ホークスファンというわけではありませんでしたが、
地元の大阪から球団が一つ消えるのはとても寂しくて、
ダイエーに対しては「大阪から球団を持っていくなよ」という思いが強かったです。

※福岡のホークスファンの皆様、すみません!
 正直な話、当時の私はこの様な事しか考えてませんでした(汗)
 今はもちろん、ホークスが福岡に行ったのは大成功だったと思ってます。
 '99年の福岡ダイエーホークス初優勝時は、「あの弱かったホークスが
 とうとう優勝だなあ」と、とても感慨深い思いでした。

あの時から16年…
ダイエーは強いチームを作る力になってくれましたが、
その一方で、ここ数年、上に書いたようなフロント陣の失態が露わになってきました。
綻びの見え始めた球団経営…16年経ってダイエーの限界が見えてきました。
一つの役目を終える時が来たのだと思います。
その意味では、いいタイミングでの球団売却なのかなと思います。

そんな経緯があっての事ですから、
「もう球団の事で悩まされるのは御免だ」という思いが選手達にもあるでしょうし、
それはそのまま新しい親会社への期待になります。
斉藤和巳の様に選手が、新経営陣の方針に興味を持つのは当然でしょうね。

選手会副会長のカズミからこういう声が出るくらいですから、
当然、この人も同じ様な声を上げます。
松中信彦選手会長です。
こちらも「年内にも選手会役員として話をしたい」と言ってます。

ダイエー球団と選手達との間には、最終的には埋めようのない深い溝ができてしまった感がありますが、
ソフトバンク新球団においては、選手とフロントの間の風通しを良くして、
選手達がプレーに集中できる環境を作って頂きたいものですね。

それにしてもこの記事の写真を見て思ったのですが、
ついこの間まで肝炎で入院していた松中会長、ゴルフを楽しめるくらい元気になったようですね。
本当に良かったです。

会長、赤いシャツが眩しいぜ(笑)

追記:
本当は「眩しいのはシャツだけではない」と書きたかったのですが…
そこは帽子でガードされてますから! 残念!

by takanomichi | 2004-11-27 21:07 | Hawks
2004年 11月 26日

いよいよダイエーからソフトバンクへ…

関西に住んでいると、ホークスの情報が大きく取り上げられているのを見るのは少ないものです。
まあ、最近は球団売却話で大きな見出しになる事はありますが、一面からドーンと出る事は稀です。
私の様なビジターエリアのホークスファンにとっては、「日刊スポーツ九州」や「西日本スポーツ」の
サイトが頼れる情報源になります。

とはいえ、最近ちょっと忙しくてちゃんとチェックできてなかったのですが、
何日ぶりかに見た日刊九州から拾った記事です。
「孫社長、王監督に長期政権を要請」

今月30日までに球団譲渡の申請を行うという事で、いよいよその時が近づいてきたわけですが、
今日、ソフトバンク・孫社長と王監督の会談が行われました。
孫社長は王監督にGM権限を含めた"全権監督"を希望し、
また、戦力補強にも全面的なバックアップを約束するとの事です。

それから、これに先んじて出た記事では、孫社長の持つ「野球構想」が紹介されています。

 ●日本、中国、韓国、台湾と4カ国・地域のチャンピオンチームが対戦するアジア杯構想に、
  米大リーグを加えた「世界一決定戦」の開催。

 ●巨人ブランドを超える「ホークスブランド」を築き、巨人中心となっている球界からの脱却。

 ●今年度チーム年俸総額の約30億円は縮小せず、補強にも積極投資。
  「拡大均衡」でエキサイティングなチームづくり。

 ●ドラフトなどをめぐる不正な金銭授受の廃止。

 ●インターネット上のチケットやグッズ販売、試合放送などブロードバンドビジネスの展開。


ホークスのみならず、球界全体に関わる事にまで構想を持っているようです。
「世界一決定戦」の件やドラフトの件などは、以前からその実現が望まれている事です。
確かに実現させる事は容易ではないでしょうが、これが単なる大風呂敷で終わらず、
動き出していけば、またプロ野球が盛り上がるきっかけになるかも知れませんね。

当初球団売却話が出た時は、正直、寂しさの方が先に立ちましたが、
孫社長には、これまでのホークスを、球界を変える意気込みが窺えます。
同じ球団売却でも、本拠地が動かないという安心感と今後の展開についての期待感からなのか、
「南海→ダイエー」の時の様な悲壮な感じがしないように思います。

ホークスだけでなく球界を救う救世主となり得るか、孫社長。
そうなったらもう、「ヨン様」ならぬ「ソン様」と呼ばせて頂きましょう。
長いネタ振りですみません。これが言いたかっただけです(笑)

もう一つ小ネタあります↓

by takanomichi | 2004-11-26 23:47 | Hawks
2004年 11月 25日

楽天ICHIBAに続いて…

b0040114_8481685.jpg今度は楽天に「ナベツネ」が誕生するかも知れません。
楽天ドラフト2巡目指名のNTT東日本・渡辺恒樹投手。
名前は「こうき」と読むのですが、
「覚えてもらいやすいと思うので、
登録名は”ナベツネ”でOKです」と発言。

で、渡辺投手のお父さんは、本当に「恒雄」さんと言うらしいです。
普段から「ナベツネ」と呼ばれていて、
読売ならぬ朝日新聞に勤めておられたとか。

ご本人はそんなつもりはもちろん無いでしょうが、こうしてブログネタになってしまう親子です(笑)

しかし、この登録名、確かに覚えやすいでしょうが、イメージ的にどうなのか…
考え直した方がいいのでは?

by takanomichi | 2004-11-25 08:48 | プロ野球一般
2004年 11月 24日

関西スポーツ新聞事情

日付が変わって、昨日23日の新聞の話になってしまうのですが、
眠れないのと、朝に新しい新聞が出るまでに書いておきたいと思ったので、
こんな時間に書き込みしてます。
いや、朝になったら仕事行かなくてはならないんですけどね(汗)

23日のスポーツニッポンと日刊スポーツ。
どちらも、阪神・岡田監督が、合併球団オリックス入りに難色を示す
岩隈久志について語ったコメントを載せています。
(両新聞の間で言葉の一字一句まで同じというわけではありませんが、文意としては同じものです。)

「オリックスに残るのが、野球界にとっては一番いいと思う。
わだかまりがあったとしても、もうええやろ。」

  →「特別扱い」するべきではないという考えですね。

一方でこんな発言も
「(もし移籍があるとしたら)その場合は、検討に値するやろ。」
 → 移籍という事になれば、同じパ・リーグへの移籍は考えにくいから
   阪神にもチャンスがあるのではないか、とも考えているようですね。

さて、この岡田発言を受けて、23日の紙面(大阪版)は次のようになってました。

b0040114_212191.jpgまず日刊スポーツ。

4ページ目に小さいベタ記事で
「岩隈よ残れ 岡田コール」

「残留が本筋との見解を示した」と書いてあります。



b0040114_212355.jpg一方、スポニチ。

「岡田監督 岩隈獲りあるぞ
一面でドン!

しかもこの「あるぞ」の文字が小さくて、折り目の下に来てる…
これじゃまるで「ダイスポ(大阪スポーツ)」じゃないか。

※「ダイスポ」は、関東の「東京スポーツ」、東海の「中京スポーツ」、
 九州の「九州スポーツ」の事です

記事にする部分が両社で全く違うし、取り上げ方も違う…
どこからこんな違いが出てくるんでしょう?
ちなみに、ネット上でもスポニチは同様に記事を出してますが、
日刊の方はネット上にはありませんでした。

今回またまたこの台詞を言ってしまいます。↓

嗚呼、これが関西スポーツ紙…

by takanomichi | 2004-11-24 02:18 | プロ野球一般
2004年 11月 23日

アマ野球観戦記第2弾、そして…

どうやら私はある病気に罹ったようです。
プロ野球・アマ野球問わず、とにかくそこに野球の試合があれば、
観に行かずにおれないという「野球観たい病」に(そのままやんか!もうちょっと捻りなさい)
先日も高校野球を観に行きましたが、今日もアマ野球を観に行きました。

今日の関西地方は暖かくいい天気で、絶好の行楽日和。
京都あたりでは紅葉が見頃になっているのに、それに背を向けて
(大体、男一人で紅葉を観に行ってもしょーがねーよ(悲))
向かった先は、大阪ドーム。

通い慣れた球場までの道のり。いつものようにJR大阪環状線に乗り込み、
途中の西九条駅でユニバーサルスタジオ・ジャパン(USJ)へ行く電車に乗り換える人を横目に
(だから、男一人でUSJに行っても(以下略))
いつものように大正駅で下車。

b0040114_22245526.jpgb0040114_22255137.jpg

今日観に来たのは、今大阪ドームで開催されている「社会人野球日本選手権大会」です。
ちょうど今日は、地元大阪の企業である日本生命・大阪ガスが登場する日でした。

と言っても、そもそも私自身、社会人野球はあまり詳しくありません(爆)
まあ、試合そのものはのんびり楽しんで観ましたが、
今日はいつものように試合経過を書くよりも、球場スケッチといった感じでお送りしましょう。

観戦記と呼べるようなものなのだろうか(苦笑)↓

by takanomichi | 2004-11-23 23:03 | アマ野球
2004年 11月 22日

こんな宣伝も…

b0040114_2295947.jpgいつぞや「月刊ホークス」11月号の裏表紙にあった、
和田のアイドルっぽい写真をご紹介しましたが、
←12月号の裏表紙はこれです。

わかりにくいかも知れませんが、川崎宗則です。
サンタクロースの格好をしています。
福岡では、川崎がいっぱいCMに出てるとは聞いてたけど、
こんなものまであったとは…


これは福岡にある「石の癒(ゆ)」というところの宣伝です。
私は福岡の人間ではないのでよくわからないのですが、名前からして、温泉施設なんでしょう。

コピーには
 頑張っているあなたへ 「癒し」、届けます
とあります。

しかし、この格好は…
でも、女性の皆さんからすれば、こんなサンタが来たら、嬉しかったりするんでしょうか?

…実は私も嬉しかったりして(どないやねん)

by takanomichi | 2004-11-22 22:09 | Hawks
2004年 11月 21日

私はこんな大阪人

このブログを始めた時「野球と関係ない話の記事は書かないようにしよう」
と、一応自分なりに誓いを立ててはいたのですが、
先日、酒の勢いで禁を破り(笑)、野球と無関係の記事を書いてしまいました。
だからというわけではありませんが、ちょっと面白いものを見つけたので、
今日も非野球ネタですが、書いてしまいます。
ちなみに今日は酒は…入ってます。ちょっとだけ(笑)

当ブログからどうリンクをたどって行き着いたのか、もはや覚えてないのですが(苦笑)、
「ご当地の踏み絵」というホームページがありました。
「隠してはいても、骨の髄までしみこんだ、ご当地の性。県民性をチェックします」
という「○○県人チェック」のページです。
47都道府県全てにチェック項目があって、自分の○○県民(または道民、都民、府民)度
を測るというものですが、チェック項目を見ると、地元の人間なら思わず「そうそう!」と
頷いてしまう項目満載で、大変面白いページです。

皆さんも、ご自分の住む都道府県で県民度チェックをなさってみてはいかがでしょうか。
私は、大阪に生まれ育って30とウン年という人間なので、さっそく「大阪府」でやってみました。
その結果、いくつか私に当てはまる項目があったので、
いい機会ですから、これまで明かしていない私の一面を晒すのも兼ねて(笑)、ちょっとご紹介しましょう。

「鷹の道」とはどんな人間か?↓

by takanomichi | 2004-11-21 23:51 | 日常雑感