それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

勝利を掴め! ソフトバンクホークス!

福岡ソフトバンクホークスお披露目会「The First Reception 2005」
無事にネット中継で見る事ができました。
14時からのイベント開始でしたが、
15分前にサイトを見ると接続可能でしたので(その時点では静止画像のみでしたが)、
早速接続し、正座してイベント開始を待っておりました(笑)

それからは、時々画像が止まったりする事がありながらも、
2時間余りパソコンで小さな画面を食い入るように見ておりました(笑)
いやあ、でも見られて良かった。
ドームで実際に見ていた人や、テレビで見ていた人のように
見られなかったとはいえども、その感激を共有できたと思いますから。

今まで「新しい球団になってどうなるんだろう?」と興味津々だったものが、
今日、いっぺんに発表されましたね。

いろいろ書かせて頂きました(笑)↓

by takanomichi | 2005-01-30 23:38 | Hawks
2005年 01月 28日

最終手段

1/30の新生・福岡ソフトバンクホークスお披露目会「The First Reception 2005」
福岡から遠く離れたところにいる私にとっては、
ドームに行く事もできず、KBCの中継も映らないので、
見る事はすっかり諦めていましたが…

さすがにソフトバンクです。
ネットでライブ配信するそうです。 (←リンクできるのは恐らく1/30当日まででしょうが)

もうこれが最終手段です。
アクセスが集中する事も考えられますが、
どうか接続できますように…

いや、KBCのネットラジオ中継なんかでもたまにあったのですが、
アクセスが多いと繋がらない事があるんですよねえ。

当日ネットで見られるかどうかは、
私の日頃の行いが良いかどうかにかかってるな(笑)

by takanomichi | 2005-01-28 23:55 | Hawks
2005年 01月 27日

いよいよ最後です…

b0040114_237239.jpgダイエーの「ホークスご声援大感謝セール」
今日から始まりました。

ダイエーが球団を手放す事については
「寂しいけど、しょうがないか」という思いでしたし、
むしろ、ソフトバンクへの期待ばかりを考えていたわけですが、
いざ最後の時が近づくと、胸がいっぱいになりますね…

店内には「いざゆけ若鷹軍団」が流れています。

♪われらの われらの ダイエーホークス
こう歌える時も、残りわずか…

「16年間の熱いご声援、ありがとうございました」

こちらこそ、いい夢をいっぱい見させてくれて、ありがとうございました。

「新生ホークスをよろしくおねがいします」

しっかり応援しますよ!

by takanomichi | 2005-01-27 23:07 | Hawks
2005年 01月 26日

覚えましょう 新しい名前

もはや私にとっては、「日刊スポーツ九州」サイトのチェックは日課となっているのですが、
そこにこんな記事が出ていました。

ヤフーが福岡ドーム命名権取得へ

かねてより、新球団誕生に伴って球場の命名権もソフトバンク社に移り、
福岡ドームの球場名もソフトバンクグループの企業の名前を冠したものに変わるのでは、
という話は出ていました。
で、それに向けての検討が開始されたようです。

現在予定されている名前は「福岡Yahoo!JAPANドーム(略称ヤフードーム)」
だそうです。
名前が変わるとしたら、昨年までの「ヤフーBBスタジアム」と同じく、ヤフーの名前が付くだろうと
思ってましたので、「あ、やっぱり」という感じですね。

福岡ドームという名称にすっかり慣れ親しんでいたところですが、
ちょっと名前が変わる事になりそうです。

思えば「ヤフーBBスタジアム」は、元々はずっと「グリーンスタジアム神戸」という名前で、
地元関西の球場として私も慣れ親しんでいたのですが、
一昨年、突然「ヤフーBBスタジアム」に変わって、最初は違和感ありまくりでした。

昨年になってようやく慣れてきたかと思ったら、その名前も変わる事になりました。
まあ、ソフトバンク社がホークスを買収するからには、福岡ドーム以外の球場に
ソフトバンク系企業の名前がつく事は有り得ないしょうが。

でもそれだったら「グリーンスタジアム神戸」に戻せば良いと思うのですが、
今は「神戸球場」という味気無い名前になっています。
今年からの命名権取得企業を募集中との事で、新しい名前が決まるまでの暫定措置だそうですが…

そういえば、楽天の本拠地も「県営宮城球場」だったのが「フルキャストスタジアム宮城」
変わりますし、いろいろと名前が変わりますね。

話が福岡ドームからそれましたが(汗)
「ヤフードーム」も最初は違和感があると思います。慣れるには時間がかかりそうな気がしますね…

さて、名前が変わるのは球場ばかりではありません。

昨シーズン後半ようやく一軍に復帰し、今年完全復活を狙うかつての守護神・岡本克道投手。
登録名を変更するとの事です。
読みは「かつのり」のままですが、漢字が「克道」→「劼能」に変更となります。

「克道」の時は、つい「かつみち」と読んでしまってましたが、
今度のは、漢字だけ出されたとしても、私は読めないですね。

ホークスファンの皆さん、レッツ辞書登録(笑)

by takanomichi | 2005-01-26 00:48 | Hawks
2005年 01月 25日

やっと決まりました

いやあ、今度こそ本当に決まりのようでホッとしました。

「井口、ホワイトソックス入りへ 」

井口資仁の移籍先については、様々なメジャー球団の名前が出ては消え、
このホワイトソックスについても、有力と言われながらその一方で「交渉難航」と報じられた事もあり、
最悪の場合メジャー行き断念(という事はホークス復帰?)という事まで考えてましたが、
結局は納まるところに納まった感じです。

金銭条件的にも、ホークス時代(推定年俸2億4000万円)とほぼ同じという事で、
よろしいんではないでしょうか。
ホワイトソックスには既に高津臣吾がいるし、心強いですね。

これで今季は、アスレチックス入りが決まった藪恵壹(タイガース)と、
2人の新しい日本人メジャーリーガーが誕生する事になりました。
ずいぶん日本人選手も増えてきて、チェックするのも大変ですが、
ホークスの選手からメジャーリーガーが出たという事で、
これまで以上にメジャーも要注目ですね。

さて、話はガラリと変わりまして…
昨日(正確には一昨日か(笑))の投稿で「ホークスは世界一を目指す」という事を書きましたが、
それが本気である事を表すような記事がでています。

「五輪はメジャーもドリームチームで」

孫オーナーが、大リーグのセリグ・コミッショナーとの会談で「クラブ世界一決定戦」開催の要望に加え、
大リーグドリームチームの五輪出場を訴えるつもりとの事です。
「世界一」を決める為の仕組みを作ろうとする一方で、
「世界一」を争う五輪にふさわしいチームの出場を実現させようとする…
孫オーナーの夢は果てしなく広がっていってるようです。

しかし、この記事の写真を見て思うのですが…
野球の話をする時の孫オーナーの表情、本当に楽しそうで生き生きしていますね。
やっぱり根っから野球が好きなんでしょうね。

思えば、球界再編に揺れ動いた昨シーズン、
各球団のお偉いさんの中には「あなたは本当に野球が好きなのか?」と言いたくなるような、
言動が目立つ人もいましたが(思い出しても不機嫌なので、あえて名前は出しませんが)、
孫オーナーについては、そんな心配は要らないようです。

そして、夢を夢のままで終わらせてこなかった人だけに、これからどういう事になっていくのか、
注目というよりも期待、ですね。

by takanomichi | 2005-01-25 00:57 | Hawks
2005年 01月 23日

どこもかしこも激しい競争の話

その1 ストッパーガチンコ対決

まずは、新入団選手の話からしましょう。
以前から第3の新外国人選手として名前があがっていた
メッツのペドロ・フェリシアーノ投手の入団が発表されました。

以前当ブログで書きましたが、ストッパーとして使うなら、三瀬幸司とその座を争う事になります。
フェリシアーノは左投げのスリークォーターから140キロ台後半の速球を投げるという事で、
タイプ的にも三瀬とかぶる事になります。
あるいはダブルストッパーか?とも私は考えたのですが、王監督はそうは考えておらず、
あくまでも競わせるようです。

  まずはキャンプで実際に見てからになるが、後ろ(抑え)を考えている。
  三瀬と競うことになるだろう。


昨年、最優秀救援投手に輝いた三瀬でさえ、今年ストッパーの座が約束されるわけではない…
プロの世界の厳しい現実がここにあります。

とはいえ、王監督の方針は徹底しているようです。
メジャー通算214発を誇るバティスタや、抜群の守備力を誇るカブレラにも、
レギュラーの座を確約しない方針を打ち出している、との事です。
つまり、実績があるからといってこれまでレギュラーを張ってきた日本人選手にもその座を約束しない。
その代わり、メジャーの大物であってもレギュラーを保証しない。
誰でも競争の中に入れて、そこで勝ち抜いた者のみが、スターティングメンバーに名を連ねる事を許される…

あらゆるポジションでこの様な競争が行われると、必然的にチーム全体のレベルも上がっていきます。
新生・福岡ソフトバンクホークス元年、何が何でも優勝するのだという気迫が、早くもここから垣間見えますね。

もう1題あります↓

by takanomichi | 2005-01-23 23:37 | Hawks
2005年 01月 22日

走れ! 川崎

どうも。2日間のご無沙汰でした鷹の道です。
前のlivedoorブログの時を含めて、ブログを始めて約半年間、
2日間更新無しは初めての事です。
その間にアクセス頂きました皆様、すみませんでした。

最近仕事が非常に忙しく、木曜・金曜とブログを更新する気力と体力がどうしても起こらず、
サボってしまいました。
昨日のうちに仕事を片付けておかないと、今日土曜日に休日出勤となってしまうので、
何とかそれは避けたいと思って頑張りました。
そうまでして確保した今日の休みでしたが…

ほぼ一日寝ておりました… ○| ̄|_
いったい何をやっているのでしょうか、私は。

いかん。のっけから愚痴っぽくなってしまいました。
まあこんな具合にヘロヘロ状態の私ですが、
そんな状態でもホークス情報のチェックはしておりました。
その中でこんなニュースを見ると、元気も出るものです。

川崎の盗塁数の車いす寄贈

昨シーズン42個の盗塁をマークし、初の盗塁王に輝いた川崎宗則
その数と同じ42台の車椅子を、このほど川崎の故郷・鹿児島にある福祉施設に寄付したとの事です。

ホークスファンならご存知の方も多いでしょうが、
今回の取り組みは、ホークスの公式スポンサーであるエム・シー・コーポレーションの協賛による
「走れ!川崎プロジェクト」として行われてきました。

※「走れ!川崎プロジェクト」については、こちらをご覧下さい。

「自分が好きな野球を通して、たくさんの人たちに元気をあげたいです。
 多く盗塁にチャレンジして、結果を残したいと思います」


川崎のこの言葉で始まった挑戦、
見事に盗塁王という最高の結果をもって成し遂げました。

よく「社会貢献」という事が言われ、それが大事なものである事はわかるものの、
実際に行動にして表す事というのは、たいへん難しい事です。
だから、実際に行動している人は誰しもそれぞれ立派と言えるのですが、
こういうプロ野球選手のように、知名度の高い職業の人が行動を起こすと、
それがマスコミなどを通じて、世間に知られる事となります。

それは、多くの人に感動と感銘を与えます。
今回の川崎の例で言えば、実際に車椅子を贈られるハンディキャッパーの方々への
直接的な貢献はもちろん大きいわけですが、
川崎に感銘を受けて社会貢献に強い関心を持ち、実際に行動を起こす人も出てくると思います。
そしてさらに輪が広がっていく…こういう間接的な貢献も大きいと思うのです。

その意味でも、プロ野球選手の果たす役割や、それにかかる期待は大きいと思います。
メジャーでは昔からこういう社会貢献への取り組みは、大々的に行われてきたようですが、
近頃、日本のプロ野球選手の間にもこういう動きが出てくるのは、非常に喜ばしい事です。

これまたご存知の方も多いでしょうが、
今回の川崎と同じ活動を一昨年からしているのが、タイガース・赤星憲広です。
盗塁数と同じ数の車椅子を病院や福祉施設に贈る、というものです。
こちらも昨年見事に盗塁王を獲得(何と4年連続(!))、
64台の車椅子を贈呈する事となりました。

セ・パ両リーグの盗塁王によるこの取り組み。
違うリーグではありますが、今後も二人で競い合い、
一つでも多くの車椅子がプレゼントされる事になれば、素晴らしい事です。

「(子供たちの)目がいきいきとしていました。逆に僕が力をもらった感じがしました」
今回、車椅子の贈呈式で福祉施設を訪ねた際、こう語った川崎。
彼自身もさらにモチベーションを高め、
今年はもっと多くの盗塁を決めてくれる事が期待できます。
私もそんな川崎を、今シーズンも応援していきたいと思います。

というわけで、今シーズンも「走れ! 川崎」

by takanomichi | 2005-01-22 23:23 | Hawks
2005年 01月 19日

外国人選手のお立ち台

昨日の友は今日の敵になってしまう事になりました。
ホークスを退団したブランドン・ナイト投手のファイターズ入りが決まりました。
(もう2日前のニュースですけど(苦笑))
背番号はホークス時代と同じ、24番だそうです。

ホークスはナイトを自由契約にしたわけですから、
どこの球団に行く事になろうととやかく言う筋合いはないのですが、
同一リーグへの移籍というのは、いつの時でも、誰の時でも、複雑な思いになります。

ホークス戦に登板して、勝ち投手になられたりしたら、ますますそんな思いになるでしょうね。
お立ち台にでも立とうものなら、どういう思いで見ればいいか…

お立ち台で唐突に思い出しました。
外国人選手のお立ち台というと、ホークスファンならば
ズレータの博多弁パフォーマンスを思い浮かべる方も多いでしょう。
「博多、最高バイ」とか「今年モ、優勝バイ」とか(笑)
一昨年、福岡ドームに観戦に出かけた時、たまたまズレータのお立ち台を見る事ができました。
その時は「福岡、最高バイ」と言ってましたね。

他にも、ちょっと古い話になりますが、タイガースにいたオマリーの
「阪神タイガースファンハ、一番ヤ!」なんかも思い出されます。

でも、ファイターズでセギノールやオバンドーが道産子弁で喋ったという話は無いでしょうかね。
少なくとも私は聞いた事がありませんね。
となると、ナイトがファイターズに行って、最初に行う事は決まったな。
まず「ナマラ最高ダベサ」という言葉を覚える事ですね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、今日は簡単ですがこれで締めようと思っていたら、こんなニュースが出てました。
城島のメジャーキャンプ参加が見送りになったという事です。

うーん、いろんな受け取り方があると思いますし、
王監督はホッとしているようですが…
まあ、キャンプ中に2~3週間も城島が不在となると、チームプレーの練習にも大きく支障が出ますから、
監督してはそういう思いは当然でしょうね。

でも、一ファンの私としては、城島がメジャーキャンプでどんな事を学んでくるのか、
そしてそれをどんな言葉で語ってくれるのか、興味がありましたから、
今回はちょっと残念な事になったな、という思いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついでに、おまけ小ネタ

「ホークス版EXILE」が結成されたようです(笑)
(リンク先記事 上の写真)

by takanomichi | 2005-01-19 23:59 | Hawks
2005年 01月 18日

先走り

b0040114_851557.jpg見出しにいきなり「Rソックス 城島獲りへ名乗り」

レッドソックスが、ホークス宮崎キャンプに選手・コーチを派遣したいと打診しているそうです。

「日本球界の育成システムの視察が目的という事だが、
実際は今年FA権を取得する城島獲得へ布石を打ってきたと考えるのが妥当だ
スポニチはそう書いてます。


ハッキリ言って、先走りし過ぎです。
城島を獲ると正式に手を上げたわけでもないでしょうに。

オフになったら、ファンにとっては落ち着かない日々が、嫌でも始まるのですから、
今から煽るような事はやめて欲しいと思います。

…って反応してしまう私は、それこそ新聞の思うツボか?(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記です。

上のスポニチの城島記事、詳細はこちらです。
城島メジャー行きの事は置いといて、
メジャーの球団が日本の球団のキャンプに選手・コーチを派遣するなんて、異例中の異例の事です。
どんな事になるのか、楽しみではあります。

もう一つ。
写真にある「メジャー封印 和田集中モード」の見出しが気になった方へ。
この記事の詳細はこちらです。

城島がメジャーキャンプに和田も一緒にどうかと誘ったけど、和田が断ったようですね。
母校・早稲田大学のグラウンドで、ハードトレに取り組んでいるとの事です。
やり投げをしている写真を見て「こんなトレーニングがあるのか」と、ちょっと驚きましたが、
大学時代からやっていると知って、さらに驚きです。

by takanomichi | 2005-01-18 08:51 | Hawks
2005年 01月 17日

今一度「がんばろうKOBE」

あの日から10年が過ぎた。
関西のテレビや新聞では、ここ数日「阪神大震災から10年」を立て続けに取り上げている。
「10年ひと区切り」とはよく言うものの、被災者の方々にとってその記憶は、
10年経とうが、20年経とうが、薄れる事はないだろう。

大阪府の北部に住む私にとっては、あの時は幸いにも机の本棚から本が落ちる程度の被害ですんだわけだが、
それでも当時のニュース映像を見ると、慄然とした思いが甦る。
あまりにも衝撃が大き過ぎて、すぐ隣の県で起こった事だという現実をなかなか受け入れる事ができなかった。

10年前を振り返って、当時の事を語ってみようと思った。
しかし、被災の時の悲しみや辛さについては、風化させてはいけないと思うものの、私が語るべきではないだろう。
それはニュースや新聞を通じて報じられる、被災者の方々の声に委ねる事としたい。

続きます↓

by takanomichi | 2005-01-17 23:50 | パ・リーグ