<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 27日

白星発進…ならず

[本日のオープン戦] 対ライオンズ(熊本・藤崎台球場) 
  ライオンズ 4-1 ホークス

今日が福岡ソフトバンクホークスとして迎えた、初のオープン戦の日です。
そのスタメンは以下の通りでした。

6 川崎
8 大村
5 バティスタ
D 松中
3 ズレータ
4 カブレラ
9 柴原
7 井出
2 的場
P 斉藤


城島が右肩の違和感の影響でスタメンを外れた事、
松中がこれまた左肩に違和感を訴えていてDHに回った事、
それらを除いてはほぼベストに近いメンバーを、
まだ肌寒い2月のオープン戦初戦から組んできました。

先発投手も、開幕投手有力候補のカズミですし、
ホークスの「本気度」の高さがうかがえます。
相手が宿敵ライオンズという事もあってなのでしょうか。
そのライオンズ、松坂が投げるわけでもないし、
カブレラも和田もスタメンにはいません。
随分ホークスと落差があるように思ったのですが…

ズレータの一塁起用は、交流戦をにらんでという事もあるのでしょうね。
外野の3名については、
今日スタメンの3名が開幕スタメンになるという報道もあるようですが、
果たしてどうなんでしょうか。
そして、昨日の当ブログで取り上げた「ギター侍」的場がスタメンマスク。
結果的には、今日はスタメン全員が途中で交代しました。
いろんな選手にチャンスを与えて、見極めていくんでしょうね。

…てな事を言ってる私ですが、
実際のところ、今日はリアルタイムで試合を見られませんでした(爆)
で、今ビデオ録りしていたものを、駆け足でチェックしています。

で、今日の試合の印象ですが…
いやオープン戦ですから、勝った負けたはあまりこだわりませんけど…ねえ。
打線はまあいいです。
新戦力のバティスタ、カブレラ、大村にヒットが出たのも良い材料です。
ただ、つながりを欠きましたね。
初回が勿体無かったですね。
大村が相手のエラーで出塁するも盗塁死。
その後にバティスタ・松中の連打が出るというチグハグぶり。

結局得点を上げたのは、6回の1点のみ。
ソフトバンクホークスの記念すべき初得点は、地味に本間の犠牲フライ

しかし、打撃陣よりも不安が残ったのは投手陣です。
カズミ&グーリンで4失点。
打たれるのは仕方ないとしても、
二人とも失点にフォアボールが絡んでるのがいただけませんね。
特に2回のカズミは、四球連発の後に打たれるという、最悪のパターンでした。

投手陣はまだまだこれからってとこでしょうか。
救いは、馬原が上々の内容だった事かな。
2イニングで4奪三振はお見事でした。

まあ、初勝利はヤフードームまでとっておいたのだ、
と考える事にしましょう(苦笑)
いよいよ3/1のドラゴンズ戦が、新生球団の本拠地初戦です。

試合全体の話はここまでにして、後は小ネタっぽい話を…

b0040114_5244128.jpg1回裏、ホークスが最初の守りについて、いきなり衝撃のシーンが
目に飛び込んできました。
先頭打者・栗山の打ち上げた飛球を追って、
センター・大村とショート・川崎が激突!
川崎はその場に倒れこんでしまいました。
しばらくして起き上がり、その後もプレーを続けたものの、
写真の通り、右肩を気にする場面もあったので、ちょっと心配です。
ついこの間も、ちょっと様子がおかしかった所だけに…


b0040114_5252916.jpgどこかでこういう間違いがあるんじゃないかと思ってたら、
いきなり今日のJ SPORTS中継がやってくれました。
今日試合に出ていたのは井出竜也です。
井手正太郎ではありません。
皆様にも是非覚えて頂きたいです。「で」の漢字が違います。


b0040114_526394.jpg今日の藤崎台球場のスコアボードです。
やっぱり「ソフトバンク」って、収まりにくそうですね…
そういえば、福岡ドームのスコアボードで、選手名が表示される所の
チーム名は「ダイエー」って表示されてましたね。
あそこに「ソフトバンク」って収まるのかなあ。
でも、収まらないからといって「ソフト」だけや「ソフトB」にするのは、
個人的には止めて欲しいと思います(苦笑)

by takanomichi | 2005-02-27 23:51 | Hawks
2005年 02月 26日

ポジション争い キャラ争い

「たとえ毎日ブログは書けなくとも、ネットでのホークス情報収集は毎日怠らないようにしよう」
そう思っていましたが、実のところここ何日間は…
怠りっぱなしでした。すみません。
そんな状態ですから、今からご紹介する話も3日前の話なのに、気づいたのは今日という有様です。
でも、あまりに面白い話なので書いてしまいます。

キャンプ恒例、毎日の「朝の声出し」
2/23にこの「声出し」を行ったのは、6年目の捕手・的場直樹

b0040114_23503997.jpgホークスファンならご存じでしょうが、
この選手も、ホークスでは田口と並ぶお笑い系キャラです(笑)
ヤフーのキャンプレポートサイト 2/23の分に、
いきなりこの写真が…
「ウクレレ持って何やってんだ?」と思ったら、
どうやら「声出し」の時にネタを披露したらしい。


「ギター侍」ネタをやったのですが、
ネタの内容については…とにかくサイトの動画をご覧下さい。
私、もう腹抱えて笑いました(笑)
※動画を見られない方は、日刊スポーツ九州の記事をご覧下さい

挨拶が終わった後、期せずしてナインから「波田陽区!」コールが起き、
「え~っ、マジっすか?」と言いながら、懐からしっかりウクレレを取り出した的場。
それじゃまるで、
熱湯風呂に入れられる事になった時「聞いてないよ~」って言いながら
しっかり海パンはいてるダチョウ倶楽部と一緒ではないですか
(笑)

選手は大爆笑。
テンションが低くなりがちな朝一番に、こういうギャグで選手のテンションを高め、
その勢いで練習に入っていくという効果は、軽視できないものがあると思います。

それにしても、キャンプレポートを数日間まとめてチェックしていたのですが、
まず「声出し」のところからチェックする私は、
野球ファンとして何か間違っているのでしょうか(笑)

しかしまあ、上に書いたように、ホークスの捕手陣はキャラ揃いです。
田口昌則はもう説明不要でしょう。
大野立詞もいいキャラしてますし、
ルーキーの領建(りょうた(加藤領建))は、ソフトバンクホークスお披露目会の
ルーキー選手紹介の時に
「ファンの皆さん、愛しています!」
と叫んで、まさに「つかみはOK」でした(笑)

まあ、お笑いキャラも、チームに何人もいると目立たなくなってしまうわけですが(笑)、
本分である野球選手としてのポジション争いも、実はかなり熾烈です。

正捕手は言うまでもなく城島健司なわけですが、
控え捕手として一軍ベンチに入る枠の争いが激しいのです。
実績から言うと、控えの一番手は田口で決まりでしょうか。
しかし、もう一人となるとまさに激戦。

今回のキャンプでA組に入った大野と的場。
二人とも一軍経験が少ない選手だけに(大野は5試合、的場は13試合)、
大きなチャンスを迎えていると言っていいでしょう。
もう一人、ルーキーながらA組に抜擢されたのが領建。
この捕手陣の争いについては、2/25のキャンプレポートで紹介されています。

投手陣も捕手陣も内野陣も外野陣も激しい争いが展開されている、今年のホークス。
早いものでキャンプも今日で打ち上げとなりましたが、
明日から始まるオープン戦の中で、その争いに決着がつけられ、
栄えある開幕ベンチ入りメンバーが決まっていく事でしょう。
例年以上に厳しい争いなだけに、オープン戦にも興味が高まりますね。

明日のオープン戦初戦、相手は昨年優勝を持っていったライオンズです。
そしてホークスは、いきなり斉藤和巳が先発する模様です。
初戦から楽しみが多そうですね。
J SPORTSで中継もあるという事ですので、見られる方は要チェック!
(私は都合で見られそうにありませんが…(悲))

それから…
あまりホークス情報をチェックしてなかった最近の私ですが、
この選手の事は非常に気になってました。(2/24 日刊九州記事)

大丈夫かなと心配していましたが、
どうやら大事には至らなかったようです。(2/26 日刊九州記事)
練習熱心なのは素晴らしいけど、オーバーワークとかでケガして、
試合に出られないなんて事になったら何より悲しいから、
それだけは無いようにね…

by takanomichi | 2005-02-26 23:55 | Hawks
2005年 02月 23日

私の元気の素

いきなりからつまらない話で恐縮ですが…
最近ブログの更新もままならないくらい、仕事が非常に忙しく、
ストレスがもはや頂点に達しています。
今日はイライラして仕事が進まず、自棄になって早目に切り上げてしまいました。

b0040114_2251740.jpgそんな不安定な気持ちで帰りの電車に乗り込み、今日発売の週ベを開くと、
「キャンプの謎」という特集記事が載っていました。
詳しい内容は本誌をお読み頂くとして、
その記事の中に「キャンプ雑学Q&A」というコーナーがあり、
「一番練習時間が長いのはどの球団?」という問いがありました。

答えはホークスで「二軍は19時過ぎまでナイター練習」とあります。
そして、それに続く一文に私は大きな衝撃を受けました。

 
「毎日、最後まで練習をしている川崎宗則選手が球場を出るのはナント20時過ぎ。
 他球団ではもう食事を済ませてしまっている選手もいる時間だから驚きです。」

…言葉を失いました。
川崎の練習熱心さはあまりにも有名な話ですし、当ブログでも何度も取り上げた事があります。
シーズン中でも「最初に球場に来て、最後に球場を出る」という事は、よく知られている話です。
だから今回の週ベの記事で初めて知る話ではなかったのですが、
なぜなのか、頭をガツーンとやられたような衝撃を感じました。

いろんな思いが私の中で交錯しました。
川崎の変わらない練習熱心さに対して、素直に「スゴイなあ」という思い。
それから「どうしてそこまで頑張れるの?」という思い。
そして、自分は今の忙しさに嫌気がさしているけれど、川崎の頑張りとは比較にもならない…
「自分ももっと頑張らなくちゃいけないのではないか」という思いが出てきました。

もちろん、自分がちょっと頑張ったところで、川崎と同じように頑張れるわけではないけれど、
頑張る元気をもらう事はできます。
今まで何年も野球を見てきて、応援する選手の姿から元気をもらうという体験は何度かありましたけど、
今回は自分が精神的に弱っている時でもあったので、非常に心を動かされました。
まだ選手からこうやって元気をもらう事があるんだなあと、あらためて感じました。

川崎はこのキャンプ前に「レギュラー定着を目指す」という事を宣言しました。
誰がどう見てもレギュラーであるのは間違いないのに、
あえて自分をもう一度レギュラーを争う立場に追い込んで、新人選手のような猛練習に耐える…
普通の人間ができる事ではありません。
ただひたすら感心します。

そんな川崎の姿にはいつも、
「人間ってこんなに頑張る事ができるんだ」と思わせるものがあります。

「自分もちょっと忙しいくらいでヘコんだり、文句言ったりしてる場合じゃないぞ」
なんだかそう思えるようになりました。
考えたら不思議です。
川崎と私は別に同じ仕事をしているわけではないのに(当たり前ですけど(笑))
でも「もうちょっと頑張ってみようか」と、素直に思えるのです。

プレーや振る舞い、あるいは生き様そのもので
人をこうやって元気づけたり、勇気づけたりする事ができる…
野球選手ってやっぱりすごいパワーを持ってますよね。

ありがとう、川崎宗則。
あなたは今日、間違いなく一人の男に元気を与えてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こぼれ話:
その週ベ今週号には、特別付録として「ベースボールカード」が付いていました。
これは、川崎・谷(バファローズ)・岩隈(イーグルス)の3人のうち、
いずれか1人のカードが入っているというものです。

「頼むからムネのカードが入っていてくれ!」
祈るような気持ちで封を開けると…

b0040114_22514597.jpg祈りが通じました!!

正直、ベースボールカードで、こんなに喜んだの初めてです(笑)
いやあ、本当感激ですよ。
冒頭に書いたように、今日は気分の良くない日でしたけど、
一転して素晴らしい日になりました(笑)


ぶっちゃけた話、もし川崎カードが出なかったら、このブログ上で
「どなたかお譲り頂けませんか?」と
ど厚かましいお願いをしようと考えていました
(笑)
よかった、よかった。

ちなみにもう一枚のカードは、今話題のダルビッシュ有。
…まあ、私も頑張るから、ダルビッシュ君、あなたも頑張れ(いろんな意味で)

by takanomichi | 2005-02-23 22:56 | Hawks
2005年 02月 20日

話題のルーキー達が…

一週間のご無沙汰でした。
こんなに更新しなかったのは初めての事です。
いや本当、最近なかなかブログ書く時間と体力が無くて(爆)

久々に書くのだし明るい話からしようと思いましたが、
不本意ながら、残念な話からしなければなりません。
テレビのニュースでも取り上げられたから、ご存知の方も多いでしょう。
ダルビッシュ、喫煙で謹慎

事態を重く見た球団は、基本的に外出禁止、練習も合宿所内での自主練習のみ
にとどめるという厳しい処分を課しました。

若気の至りという事もあるし、ちょっと処分が厳し過ぎるんじゃ…
そういうご意見もあるでしょう。
しかし、やはりしてはいけない事には違いありません。
野球がまともにできなくなるという事で、
自分がしてしまった事の重さを感じ取るべきだと思います。

やっぱり未成年の喫煙はダメですよ。
私なんか、初めて煙草を吸ったのは21歳の時ですよ。
別に厳格に法律を守ろうとしていたわけではなくて、
単に煙草に興味持ってなかっただけだけど(笑)
ちなみに、今は煙草は吸ってません。
吸わなくなってからもう10年くらい経ちます。

さて今さら言うまでもないことですが、
今年のルーキーの中で大きな話題をまいている人は
ダルビッシュとこの人でしょう。
16歳のルーキー、タイガース・辻本賢人
しかし、この人にも「左足首ねんざ」という暗いニュースが…
ここへきて、話題のルーキー達に暗い話題が相次いでます。

話はガラリと変わりまして、今日のホークス。
ジャイアンツとの練習試合が行われましたが、
見事に4-3で勝利!
たとえ練習試合でも、勝つのはやっぱり嬉しいものです。

先ほどNHKの「サンデースポーツ」で、その模様を見ました。
新しいユニを着て試合でプレーするホークス選手の姿を初めて見ました。
今日はジャイアンツのキャンプ地での試合だったので、
ホークス選手はビジターユニでしたが、やっぱり試合でのユニホーム姿を見るのは
いいものですね。
そういえば、オープン戦も近づいてきたし、ワクワクしてきましたよ。

「サンデースポーツ」の練習試合の模様では、主に野手陣が取り上げられていたので、
投手陣は映像になかったのですが、
馬原孝浩高橋秀聡の内容が上々だったようです。

今年のルーキーである高橋秀聡。
5巡目指名。注目度という点では、ダルビッシュや辻本とは比較になりません。
それでもキャンプでは最初から一軍組に入り、ピッチングもなかなかの評判でした。
開幕一軍という目標を実現させるかも知れませんね。
2年目を迎える馬原も、ちょっと期待外れに終わった昨年の分まで
取り返すような飛躍を期待したいと思います。

さて、馬原は九州共立大で高橋秀聡の1年先輩です。
その馬原のさらに1年先輩にあたるのが、ご存知新垣渚です。
今、本当に調子がいいようです。なんか順調過ぎて怖いくらいですが(笑)
なるか、初の開幕投手。
ある意味、今ホークスで最も注目すべき選手です。

しかしそれにしても、
将来ホークス入団を目指す野球少年は、
まず九州共立大学に入るのが近道でしょうかね(笑)

by takanomichi | 2005-02-20 23:05 | プロ野球一般
2005年 02月 13日

思わず脱力する記事

まず最初に、お詫び申し上げます。
昨日投稿したブログの内容に大きな間違いがございました。
申し訳ございません。
内容は追記した部分をご覧頂くとしまして、
思い込みだけで書くと、とんでもない恥をかくとあらためて思い知らされました…

これではいかん。
ここは初心を取り戻し、基本に帰ろうと思いました。
よし、ではまずはネタ集めからだ。
いつものように、スポーツ紙サイトを巡ってネタ探しを始めたら、

いきなりこんな脱力するような記事… ○| ̄|_

こりん星からご降臨なさったようです(笑)
しかしそれにしても、
バレンタイン監督のサービス精神旺盛ぶりには、以前から一目置いていましたが、
ちょっと旺盛過ぎやしませんか(笑)

気を取り直して、再びネタ探し開始。
やっぱりホークス情報なら、このサイトを見ておかねば。
と思って日刊スポーツ九州のサイトを覗くと、衝撃的な文字が目に飛び込んできました。
「新垣、開幕に黄信号?」

えっ!故障でもしたか?
大変だと思ってその記事を見てみると…

 足場が少しぬかるんだ重い状態に、新垣も四苦八苦。
 終了後「もうダメ。土がスパイクの裏に引っ付いて、全然足が進みませんでした。
 太もももパンパンに張っています。1カ月は練習無理かも」
 と冗談交じりに話していた。

…なーんだ、そういう事か。ああビックリした、と今度は違う意味で脱力。
でも確かに、ぬかるんだグラウンドでの練習は故障につながりやすいものです。
気をつけて頂きたいものですね。

実際のところ、新垣は順調に調整が進んでいるようです。
「開幕投手を狙う」という宣言も飛び出したようです。
確かに昨年の実績からすれば、開幕投手の座を勝ち取ったとしてもおかしくありません。
しかし、ここ2年連続して開幕投手を務めた斉藤和巳も黙ってはいないでしょう。
二人で刺激し合って、頑張ってもらいたいものです。トバし過ぎない程度に(笑)
それにしても新垣、一年ですっかり頼もしくなったなあ…
やっぱり一年間ローテを守り通したのが、自信になっているんでしょうね。

脱力するような記事が続きましたが、
一方でこんなテンションが上がりそうな記事もありました。
孫オーナーがMLBに「世界一決定戦」提唱

「めざせ世界一!」の旗印の下に始動した新生ホークスですが、
いかに世界一を狙えるようなチームになったとしても、
それを決める場が無い事には、世界一と呼ばれるようにはなりません。
それを作り上げるのは大変難しい事だと思いますが、
孫オーナーはずっとその意思を示し続けてきました。

それでも、すぐに実行に移すのは困難だろうと思っていたら、
新生球団がスタートしてすぐこの動きです。
この決断力や行動力には、ホークスファンから見て、という意味だけでなく、
仕事を持つ人間として素直に感心します。

サッカーでは何年も前から、クラブチームによる世界一決定戦がありますが、
野球でそういうものが実現するなんて考えた事さえもありませんでした。
しかし、孫オーナーの行動はその実現に向けて、大きな一歩を踏み出したものと言えるでしょう。

いやあ、何だかんだ言っても、やっぱり孫オーナーは素晴らしいですよ。
なんと言うか、やっぱり輝いていま…
あー、ゴホンゴホン…

でもやっぱり、最後に脱力する記事見つけました。
ネットで練習を生中継
 
 宮崎キャンプの練習風景を今日13日と19日にインターネット上で生中継する。
 1日のキャンプ初日から編集した映像をネット配信していたが、
 両日は午後1時から3時までの2時間、試験的にカメラ4台の映像をライブ中継する。

いや、ネット中継自体は脱力どころか、良い事なのですが、
私、知りませんでしたよ…
今日一日予定もなかったから(爆)、十分見る時間あったのに。
19日のこの時間は、予定があって見られません。
あー、何てこったい。

ちなみに、ネット中継については、ヤフーのキャンプレポートのサイトをご覧下さい。

スカパーやCATVでスポーツアイESPNを見られる方は、こちらもどうぞ。
再放送もあるようです。

by takanomichi | 2005-02-13 23:46 | Hawks
2005年 02月 12日

それが鷹の大道

まだまだ選手名鑑ネタ、引っ張らせて頂きますよ(笑)

ご存知の方も多いでしょうが、選手名鑑はどの出版社から発売されるものでも、
選手の名前のところに次のような印が付いています。

 新入団選手は、○印
 移籍の選手は、△印
 復帰の選手は、□印

で、今年の選手名鑑を見て思う事ですが、
新規参入球団・楽天イーグルスのページをめくると、
ほとんどの選手の名前のところに△印が付いています。

これは各選手が、前所属球団であるオリックスまたは大阪近鉄からの移籍という事になるので、
当然といえば当然の事なのですが…
しかし、私も毎年選手名鑑を買い続けて20年くらいになりますが、
こんな△印だらけの選手名鑑なんて見た事ありません。
こういう事からも、新規参入という事が、いかに今までなかった事だったかというのがわかります。

b0040114_12491013.jpgデータの「経歴」のところも、
みんな「オリックス-楽天」または「近鉄-楽天」と書いてあります。
もっとも、岩隈久志については当初プロテクトに入った為、
一度オリックスに移籍した事になっているので、
左の写真の通り「近鉄-オリックス-楽天」となっていますが。


またこれも当然の事ですが、
各球団の選手の顔ぶれは、新入団や移籍の選手だけ覚えればよかったものが、
イーグルスについては、全員イチから覚えないといけません。
こんな経験は、子供の時にプロ野球を見始めた時以来です。

となれば、当然オリックス・バファローズのページでも、
近鉄からの移籍選手のところには△印がついているわけですが、
これが見てみると、意外と少ない印象を受けます。
投手は、バーンとパウエルの両外国人を含めて13名、
捕手も的山ほか3名とそこそこいるのですが、野手陣が少ないのです。

 内野手:阿部真宏、水口、北川ほか、計6名(ブルーウェーブからの残留は10名)
 外野手:下山、大西、坂口ほか、計5名(ブルーウェーブからの残留は7名)

まあこれは、ブルーウェーブの入団2年目以内の選手は無条件にプロテクトされましたし、
近鉄からは投手を比較的多く獲ったようなので、必然的にこうなったのでしょうけどね。
楽天の、特に野手陣の顔ぶれを見ると「近鉄色が強いなあ」と思ってましたが、
それもそのはずですよねえ。

え?ホークス話ですか? それはここから↓

by takanomichi | 2005-02-12 12:58 | Hawks
2005年 02月 11日

週ベ 選手名鑑号を愉しむ

またまたちょっとご無沙汰でした。
当然の事ながら、私がブログ更新を休んでいる間にも球春は着実に近づいているわけです。
それを感じさせるものの一つがこれ。
今週の週刊ベースボール、恒例の選手名鑑付きです。

毎年この時期に発売される、おそらくどこよりも早い選手名鑑です。
私も毎年必ず買っています。
やっぱり、いち早く背番号を覚えたりしたいですからね。
ただ実際は、これから先に新たなトレード成立や新外国人加入などで情報が変更され、
結局4月頃には、別の選手名鑑を買ったりしているのですが(苦笑)

b0040114_1131753.jpg←で、これがその表紙です。
これも毎年お決まりなのですが、表紙には各球団の選手一人ずつ、12人の顔写真が出ています。
あらためて思いますけど、これが11人にならなくて本当に良かったですね…

この12名は、いわばその年の各球団の顔とも言える存在です。
今年もそうそうたる顔ぶれが並んでいます。
ちょっとご紹介しましょう。


ホークス:松中
ドラゴンズ:川上

昨年の両リーグのMVP。球団を超えてリーグの顔的存在ですね。
ここに出てきて当然と言えるでしょう。

ライオンズ:松坂
ファイターズ:新庄
スワローズ:古田
ジャイアンツ:小久保
タイガース:今岡

チーム内の絶対的存在な選手であったり、
チームリーダーと呼ばれる選手であったり、
これもまたチームの代表にふさわしい人達ですね。

マリーンズ:清水直行
カープ:嶋
ベイスターズ:多村

昨年ブレイクし、チーム内で最も活躍が目立った人ですね。
これもわかります。

バファローズ:村松

ここで私は正直「ん?」と思いました。
オリックスの顔といえば、というイメージがありましたから。
とはいえ、村松はホークス時代から好きな選手ですので、
ちょっと嬉しかったりもしたのですが。

まあ、村松も谷と並んでアテネ五輪代表に選ばれたりしたわけですから、
存在感は谷と比べても引けはとらないし、この表紙に出てくるのもまだわかります。
わからないのは、楽天イーグルスです。
岩隈も礒部も差し置いて、なぜ一場なの?

確かに「栄養費」「楽天ICHIBA」「メジャー希望宣言」「できちゃった結婚」
というキーワードがすぐに思い浮かぶくらい、新聞紙上を騒がせた選手ではありますが…
でも、ここに並ぶのはプロとしてそれ相当の実績を積んだ人達ですからねえ。
その中に1勝どころか1球の実績も無い新人投手を入れるのは無理があるんじゃないかと…

驚きのあまり、私は「何らかの理由で、岩隈や礒部の写真が間に合わなかったのか?」
と思って、まず選手名鑑の楽天のページをめくりましたが、二人とも普通に写真が出ていました。
おかげで、まず最初にホークスのページから見ようと心に決めていたのに、できなかったではないか。
どうしてくれる(知らんがな)

まだまだダラダラ語りますよ(笑)↓

by takanomichi | 2005-02-11 11:19 | プロ野球一般
2005年 02月 06日

3万人! 3万人! 3万人!

集まったそうですよ。ホークス宮崎キャンプに。

さすがにキャンプ最初の日曜日ですね。
あちこちから観衆が集まったようです。
私も一度はキャンプを見に行ってみたいものですが…
それにしても、3万人とはスゴイ。ホークス人気の高さを、あらためて感じます。
でもちょっと待って下さい…その数字、実数発表でしょうね?

いや、そんな毒舌吐いている場合ではありません。
今日多くの観衆が集まったスゴさが表れているエピソードが、日刊スポーツサイトにありました。
「新垣が王様になった?」

 チームで1、2の人気を誇る新垣がメーン球場とサブ球場を移動するたびに、
 黒い人だかりが大名行列のように移動した。
 その光景に「王様みたい? エヘヘ。それにしてもこの人の多さは本当にすごい」
 とまんざらでもない様子だった。
 
「王様みたい」と無邪気に喜ぶ新垣に、私の好感度50%アップ(笑)

気分がいいので、上の記事とは全然関係ないけど、新垣の私服姿写真を貼っておきましょう(笑)
こういうラフな格好は似合いますね。

まだ続きます キャンプ話↓

by takanomichi | 2005-02-06 23:12 | Hawks
2005年 02月 05日

キャンプ序盤雑感

4日間のご無沙汰でした。
平日は忙しくてブログ更新できないでいましたが、
その間もアクセス下さった方が、思っていた以上におられた事を嬉しく思います。
ありがとうございます…

更新できない間でもわずかな時間を使って、
スポーツ紙サイトでホークスのニュースをチェックしたり、
いろんなブログを見たりしていると…
書きたくて、もうウズウズしておりました(笑)

というわけで、休日の今日は久々に更新致します。
宮崎キャンプも始まりましたし、まずはネタ集めって事で、
いつものようにスポーツ紙サイト巡りで最新のホークス情報を
仕入れようと思ったら…

今日、練習お休みだったんですね… ○| ̄|_

仕方がないので、ちょっと前の話題も含めて、キャンプ中の私の雑感なんぞを
書いてみようと思います。
要は、いつもの小ネタ集です(苦笑)

4日分ですから、長いですよ(笑)↓

by takanomichi | 2005-02-05 23:56 | Hawks
2005年 02月 01日

新ユニ狂騒曲

今朝の挨拶は「おはようございます」という代わりに
「あの新ユニフォーム、どうよ?」
という言葉を交わしたホークスファンも多かったのではないでしょうか(笑)

まあ、いろんなブログや掲示板を見たりして思った事ですが、
新ユニについての評価、見事に賛否両論分かれましたねえ。

こうなると、例えば職場や学校なんかで、新ユニ肯定派と否定派の間で激しい論争が起こったり、
ひどくなると、友人同士の関係にもヒビが入るような事態になったり、
あるいは、カップルの間で美的感覚の違いが露わになった挙句、
「あなたとは住む世界が違うわ」という言葉とともに、悲しい別れを迎える事になったり

…しませんよね(笑)
すみません。何でも大袈裟に妄想するのは、私の悪い癖です(笑)

と言いますか「賛否両論」と言いましたけど、明らかに否定の方が多いし(苦笑)
確かに、いろいろと注文をつけたくなるようなデザインではあります。
私も昨日の投稿では、ちょっとそんな話をしてますし。(「企業名出し過ぎ」とか)

それから、やっぱり非常に多いのは、ホーム用ユニの「白地に黄色二本線はイケてない!」という声ですね。
これについては、以前西スポで「原案」として出ていたので、「ああ、やっぱりこうなったか」という感じでした。
ただ、思っていた以上に線が太かったけど(笑)

というように、様々な否定的、悲観的な声が多いのはよくわかります。
でも…これだけは言わせて下さい。
ユニがダサいからといって、ホークスファンをやめるわけにはいきません。

まあそれは、否定派の方も同じ気持ちですよね。
「ダサいユニでも応援しなくてはならない」のがわかっているからこそ、辛いのでしょうけど(苦笑)

でも、ダサいと思っていても、チームが強ければ格好良く見えるようになるものです。
昨年を思い出して下さい。中日ドラゴンズの新しいユニのデザインが発表された時を。
あの時も初めは否定的な声が多かったと思いますが、シーズンが始まると、ドラゴンズは快進撃。
ついにはリーグ優勝を勝ち取りました。
その頃にはもう、ユニも格好いいという声が出始め、ダサいなんて声はすっかり…
無くなってませんか、そうですか(笑)
(ドラゴンズファンの皆様、ネタにしてごめんなさい)

だから「あの黄色二本線が格好いい!」と言われるくらいに、ホークスが強くなるように、
頑張って応援しましょう!(無理矢理な結論)

一方、ホーム用に比べて、ビジター用は好評の声が多いのが救いです。
こちらも、ホーム用と同じくぶっとい二本線はあるんですけどね。
黒地に白という配色が、ダイエーホークスのビジターユニのイメージを踏襲している様に
見えるのもいいんでしょうね。

話はちょっと変わりますが…
それにしてもあらためて思うのですが、
「いざゆけ若鷹軍団」が、歌詞の一部と曲のアレンジは変わったとはいえ、
ほとんどそのままの形で残った事について、本当によかったなあと思います。

だって球団の親会社が変わって、応援歌が変わらないなんて事は、
普通なら有り得ませんよ。

でも、これは「福岡」「ホークス」の名前が残った事についても言える事ですが、
ファンが愛着を持っている応援歌を今まで通り残して欲しいという熱意が、
孫オーナーに通じたからこそだと思うのです。

つまり、孫オーナーはファンの声に耳を傾けてくれる人だと言っていいと思います。
だからユニフォームについても、
「お願いだからデザイン変えて!」と、熱意を持って伝え続ければ、
孫オーナーも動いてくれるかも知れませんよ。
…あれ?最初と微妙に主張が違うぞ?(笑)

まあそれは冗談としまして、ユニの話に戻りますが…
何にせよ、記念すべき新球団の初代ユニです。
レプリカユニを手に入れようかどうか、迷うところでしょうが、
私はホーム用・ビジター用とも、手に入れたいなと思ってます。
(ダサいと言われても)やっぱりスタンドでユニ着て応援したいですものねえ。

最後に、皆様にちょっとお知らせです↓

by takanomichi | 2005-02-01 00:13 | Hawks