それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 31日

今日も完璧なピッチング!

[本日のホークス]交流戦 対タイガース 第4回戦 (甲子園球場)
  ホークス 2-0 タイガース  

杉内、完璧なピッチングで2安打完封!
ハーラートップに並ぶ8勝目! 防御率、驚異の1.30!
ズレータ、値千金の16号2ラン!

しかしまあ何ですね、もう杉内が先発する日は残業しない方がいいですね。
杉内が投げると、毎回試合の展開が早いのなんのって。
今日も仕事を終えて帰宅すると、もう8回。
今日の杉内、結果的には投球数127球とそこそこ投げているのですが、
相変わらず投げるテンポがいいんですよね。

今は録画しておいた試合を見ながら書いています。
早送りせずフルタイム見ても、2時間32分で終わってしまうので、
夜更かしの心配も無し(笑)

それにしても、今シーズン絶好調の杉内ですが、
その中でも今日は今シーズン一、ニを争う好内容だったのではないかと思います。
何と言っても完封、しかも打たれたヒットはわずかに2本ですからね。
完璧という以外に言葉が見つかりません。

一昨年、日本シリーズで2勝を上げる大活躍を見せ、
シリーズMVPに輝いた杉内。
今日はその時と同じタイガースが相手。
あの時より2年が経ち、タイガースのメンバーもだいぶ様変わりしたものの、
いいイメージを持ってマウンドに上がったのかも知れませんね。
それから、いいイメージといえば、杉内にとってこの甲子園は、
鹿児島実業高校時代に全国選手権大会でノーヒットノーラン(!)を
成し遂げた場所でもあります。

今日は、というか今日も杉内、変化球も上手く駆使し、低目へのコントロールも
良かったようですね。
許したヒットが2本、そして無失点…
まさに完璧という表現がピッタリ!
そして奪三振は10個と、今日も2桁奪三振。
防御率もまた良くなって、1.306という先発投手としては、
あり得ないような数字になってます。

どこから見ても文句のつけようがなピッチングでしたが、
打線はどうでしょうか…
こちらは決してよろしくなかったですね。

ズレータの価値ある一発は、非常によかったものの、
それ以外にもチャンスは何度かありましたが、生かしきれず。
勝利の陰で見落としてしまいそうになりますが、
走塁ミスやダブルプレーなど、最近目立つ拙攻ぶりがここでも出てしまいました。
今日は勝つには勝ちましたが、この点は気になりますね。

とはいえ、タイガースの先発投手・杉山も良かった事は認めざるを得ないでしょう。
杉内と同じく、この杉山も所謂「松坂世代」です。
本当に、この年代は次から次へといい投手が出てきますね。
力の入った素晴らしい投げ合いを演じましたが、
今日ばかりは相手の杉内が良過ぎた感じですね。

明日は順当なら斉藤和巳の先発となります。
それに、リリーフ陣も今日一日休めましたし、投手陣についてはあまり心配してはいません。
あとは打線がもう少し爆発してくれれば…
その点を明日に期待しましょう。


…と、複雑な思いを振り払って、今日は100%ホークスファンとして書きました(笑)
実は、明日は仕事を終えたら、その足で甲子園へ向かう予定です。
実際に現場で見てしまうと、また複雑な感情が出てしまいそうな…
しかも、ホークスファンとしては超の付くアウェーとなる甲子園。
圧倒されるのではないか、ちょっと心配です(苦笑)

by takanomichi | 2005-05-31 23:59 | Hawks
2005年 05月 30日

痛い敗戦、の次は…

[5/29のホークス]交流戦 対ドラゴンズ 第6回戦 (ヤフードーム)
  ドラゴンズ 4-3 ホークス (延長10回) 

松中、自己最速ペース20号も実らず
田之上、1年8ヶ月ぶりの復活を勝利で飾れず
終盤のチャンスを生かせず、痛いカード負け越し

先の投稿の通り、昨日は試合途中からスカイマークスタジアムへ向かったので、
最後まで見届ける事ができませんでした。
ちょうど田之上が降板する頃に自宅を出ました。
6回途中まで2失点。
久々の一軍登板としては上々の内容だっただけに、
上の見出しに赤で「田之上、見事な復活劇!」とか書きたかったですね…

初回にいきなり1点先行されながら、すぐさま松中の20号3ランで逆転したのに、
その後追加点を上げられず、優位に進めていく事ができませんでしたね。
3回から8回まで、ドラゴンズ先発・マルティネスの前にパーフェクトに抑えられては、
どうにもなりません。

敗れた直接の原因は、言うまでもなく延長10回表に失った1点であり、
そこには城島の守りの乱れも絡んだりしたわけですが、
2回以降の打線の沈黙ぶりや、9回・10回のチャンスで攻め切れなかった事を考えると、
10回表だけが原因ではなかったと思います。
チャンスを掴めなかった事、また掴んでも生かしきれなかった事を考えると、
この敗戦という結果も、さもありなんという気がします。

このドラゴンズ3連戦、負け越した事自体が痛いというだけでなく、
敗れた2戦ともリリーフ陣が持ちこたえられなかったのが、非常に気になりますね。
これまでの勝ちパターンが崩れ始めています…

マリーンズとのゲーム差はまた5ゲームに広がってしまいました。
しかし、今は他チームの事を気にしている場合では無いでしょう。
とにかくいい流れを取り戻す事。話はそれからです。

とはいうものの…
次の相手は、またまたタイガース。
しかも場所は甲子園。
私にとってまた複雑な3日間が始まります…

by takanomichi | 2005-05-30 23:58 | Hawks
2005年 05月 29日

今日だけは

b0040114_18525752.jpg魂売り渡してます(苦笑)

by takanomichi | 2005-05-29 18:52 | プロ野球一般
2005年 05月 29日

本日はいつもと違い…

b0040114_17473858.jpg
今日のホークス戦の結果、先ほど知りました。
途中まではテレビで見ていたんですけどね。
延長戦の末、負けたんですね…残念です。

さて、ホークス戦を途中までしか見られなかったのは、
←ここへ向かっていたからです。


グリーンスタジアム神戸 改め、
ヤフーBBスタジアム さらに改め、
スカイマークスタジアムです(笑)
たまには野外球場の気分を味わいに、
って事でやってきました。
今日はバファローズvsジャイアンツの交流戦です。

雨に濡れないドーム球場も確かに快適ですが、
これからの時期は、夜空の下でのナイターもいいものです。

幸い天気にも恵まれ…たのですが、
大阪はよく晴れていたのに、
神戸はさっき雨が降っていたようで、ビックリです。

by takanomichi | 2005-05-29 17:47 | プロ野球一般
2005年 05月 28日

今日は気分よく…

[5/27のホークス]交流戦 対ドラゴンズ 第4回戦 (ヤフードーム)
  ドラゴンズ 8-5 ホークス 

バティの逆転タイムリーも実らず
リリーフ陣総崩れで、逆転を許す

今になって昨日の悔しい負け試合の事を書くのは、理由があります。
これまでは、試合当日のうちに書く時間がなくて、翌日に書いたりしていましたが
(最近は特にその傾向が強いですが(苦笑))、
昨日は書く時間そのものはありました。
しかし、どうしても気が進みませんでした。
正直に言いますと、当ブログ開始以来初めて「書きたくない」と思ったのです。
その日の試合で何が起こったか、振り返りたくなかったのです。

勝つ事もあれば負ける事もあります。それは当たり前。
でも、昨日は勝つと信じて疑わなかった試合に負けてしまったというショックを、
なぜかずっと引きずってしまいました。

6回裏に1つの死球を挟んで5連打という集中打で逆転し、
2点のリードを奪ったホークスでしたが、そのリードを守る事ができませんでした。
これまで勝利の方程式を作り上げてきたリリーフ陣、神内・吉武・三瀬が打ち込まれ、
逆転を許してしまいました。
8回表2アウトから、悪夢のような6連打…
ウッズに勝ち越しの3ランを打たれて「しまった」という表情の三瀬を見ながら、
私は呆然としていました…

先発して7回を投げ9安打も許してしまった新垣を含め、
投手陣みんなおかしかったですね。
(最後の1回を投げた寺原は、まあ良かったですけど)
三瀬を出して負けたのならどうしようもありません。
でも、やっぱり連戦の疲れがリリーフ陣にきていると
思わずにはいられませんでした。
そして、この日も勝ったマリーンズとのゲーム差はついに5ゲーム差…
暗澹たる気分になってしまいました。


…とまあ、テンションが思いっきり下がってしまった昨日でしたが、
今日はそんな鬱な気分を吹き飛ばすような試合を見せてくれました!

[本日のホークス]交流戦 対ドラゴンズ 第5回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 12-2 ドラゴンズ 

鷹打線大爆発! 今季最多の18安打で爆勝!
先発全員安打&先発(ほぼ)全員打点!
和田、快投乱麻! 楽々完投で5勝目!

これほど見ていて気持ちの良かった試合は久しぶりです!
今日は打線のつながりが素晴らしく良かったですね。

人間って、1日でこんなに気分が変わるものなんですね(笑)↓

by takanomichi | 2005-05-28 23:58 | Hawks
2005年 05月 27日

3連戦の3つ目が…

[5/25のホークス]交流戦 対ベイスターズ 第2回戦 (横浜スタジアム)
  ホークス 6-5 ベイスターズ 

バティスタ&ズレータ、アーチ競演!
松中、気迫の決勝タイムリー!
大村、2試合連続の猛打賞!
カズミ、内容はイマイチもこれで4連勝!

また遅くなりましたけど、一昨日の試合の話から。
まあしかし、勝つには勝ったものの見ていてもしんどい試合でしたね。
バティスタズレータのホームランで、4点差をつけたところまでは良かったものの
(ズレータのはスコアボード直撃のとんでもなく大きな一発でしたね)、
ベイスターズも多村・種田の連続アーチでお返し。
ホームランにはホームランで詰め寄られ、その後にまた突き放しても詰め寄られ…

4回以降は常に1点差で推移していたような感じの試合でしたが、
最後はその1点を守護神・三瀬が守りきり、辛くもホークスが勝利!

とはいえ、危ない場面の多い試合でした。
先発・斉藤は勝ち投手にはなったものの、はっきり言って調子は今季最悪でしたね。
5回までは2本のホームランによる3点以外に点は取られませんでしたが、
もっと取られていてもおかしくなかったでしょう。
6回途中までに実に10本のヒットを打たれ、1アウト満塁のピンチを作ってしまったところで、
神内にマウンドを譲る事になってしまいました。

しかし、その神内も押し出しデッドボールを与えてしまって、いきなり失点。
この時点で5-4と、リードはわずかに1点。
そして7回表に松中のタイムリーで引き離したものの、
その裏、アーチを放ったズレータ・バティスタが立て続けにエラーをしてしまって、
また1点差…

その後は吉武と三瀬で抑えてくれたものの、ヒヤヒヤものの試合でした。
ベイスターズにしてみれば、追い上げたものの、あと一歩が届かなかった試合でしたね。


[5/26のホークス]交流戦 対ベイスターズ 第3回戦 (横浜スタジアム)
  ベイスターズ 5-4 ホークス 

松中キング独走の18号も、バティの2発も実らず
星野、2回1/3で早々とKO
またも3戦目に勝てず3タテを逃す

前の日とは立場が逆転したような試合になってしまいました。
松中のアーチで一度は同点に追いついたし、
バティスタも2打席連続のホームランを打って追い上げを見せたのですが、
あと一歩が届かず…

先発・星野が乱調で、序盤に大量失点したのが最後まで響きました。
また、3本のホームランは出たものの、それ以外に点を取れなかったのが痛かったですね。
何度もチャンスはあったのですが、例によって後が繋がらない拙攻パターン…

一昨日は1点リードで終盤を迎え、最後は守護神・三瀬がビシッと抑えたホークス。
しかし、昨日は逆に1点ビハインドの場面で登場してきた、
ベイスターズの新守護神・クルーンに抑え込まれてしまいました…

球速160キロも期待できるという事で話題のクルーンですが、
私は初めてじっくりと見ました。
この日もいきなり152キロのストレートを投げてましたが、
何より驚いたのはフォークボールです。
フォークボールで145キロ出すって、どういう事ですか…

で、試合後に見た「報道ステーション」でクルーンが取り上げられていましたが、
ここでもビックリするような話が出ていました。
クルーンは現在は単身赴任で日本に来ていて、食事はどうしているのかというと、
日本食は苦手という事で、ふだん食べているのは、
マクドナルドやピザやスパゲティばかりだそうです。
マクドナルドで160キロ出されたら、食生活の常識が変わりますね。

さて、ホークスに話を戻しますが、
今回も3連戦の初めの2つに勝ったものの3つ目に敗れてしまいました。
どうも3つ目が弱いなと思っていたら、数字にもそれがはっきり出ていました。
3タテを狙っての3戦目は、3勝7敗なのです。

でも、3連戦を2勝1敗でいき続けるという事は、確実に1つは貯金を重ねていくという事です。
しかし、マリーンズが驚異的なペースで貯金を増やし続けているから、追いつきません。
今回はジャイアンツを3タテして、5連勝で貯金は22に。
ゲーム差はついに4ゲームに広がってしまいました…

交流戦も今日から後半戦。
今日からはヤフードームに戻って中日戦です。
セ・リーグのペナントレースを独走していたものの、交流戦に入ってから負けがこみ、
ついにはあの楽天に3タテを喰らったドラゴンズ。
チーム状態は今最悪でしょう。
だからといって簡単に3連勝できるほど甘くはないと思いますが、
もうこれ以上マリーンズに引き離されるわけにはいきません。

打つべき人が打っているし、流れは決して悪くないはず。
今弱っているドラゴンズをしっかり叩いておいてもらいたいものです。

by takanomichi | 2005-05-27 07:35 | Hawks
2005年 05月 25日

今日は大村さんデー!

[5/24のホークス]交流戦 対ベイスターズ 第1回戦 (横浜スタジアム)
  ホークス 6-1 ベイスターズ 

大村、先頭打者初球ホームランを含む2発のアーチ!
連続月間MVP狙い!? 杉内、またも好投で7勝目!
カブレラ、貴重な追加点の2点タイムリー!
またも2桁安打で連敗脱出!

本当は「今日は」でなくて昨日の話ですが(苦笑)
杉内がまたも頑張ってくれました。
いつもながら、杉内はテンポ良く投げるので、彼が登板する日は試合展開が早く、
一方なぜかそんな日に限って、私は仕事が忙しくなる事が多いので、
今季、リアルタイムではあまり彼のピッチングを見られていません(悲)
(唯一ちゃんと見られたのは、観戦に行った5/3のバファローズ戦くらいか)

で、昨日も帰宅したら、吉武が内川をライトフライに打ち取ってゲームセット!
という場面でしたので、杉内のピッチングは見られずじまいでしたが、
記録を見てビックリ。
8イニングで156球も投げてるではないですか!
よほど制球に苦しんだって事でしょうか。そういえばフォアボールが3つありますね。
それでも試合時間が2時間58分と早く終わったのは、
いかに杉内がテンポ良く投げていたかという事ですね。

内容的にはいつもほどではなかったのかも知れませんが、
それでも8回1失点は、ご立派。
もはや、杉内の登板日は確実に1勝計算できると言ってもいいかも知れませんね。

しかし、そんな杉内の活躍もかすんでしまいそうになるほど目立ったのが、
この日再び1番で起用された大村ですよね。

何といっても、初回・先頭打者で初球をいきなりレフトへホームラン!
これはなかなか見られるものではないですよねえ。

近鉄時代からそうでしたが、大村は1番打者といっても、待って四球も稼ぐというのではなく、
早いカウントから積極的に打つタイプの選手です。
それがたたって、ポップフライを打ち上げる事も多いですが(苦笑)
大村の先頭打者アーチはこれで14本目。
現役ではトップタイです。(もう一人は田中幸雄(Fs)だそうで、これもちょっとビックリ)
この数字が、その積極性を物語ってるともいえますね。

この日はこれだけにはとどまらず、
5回表にもセンターへホームラン!
7回にもセンター前ヒットで猛打賞。
守備でもいいところを見せ、まさに大村さんデー!

あ、「大村さん」というのは、どういうわけか近鉄時代からこう呼ばれる事が多いので、
そう言ってみました。
大阪ドームで「右に左に大村さん」という応援幕もありましたし(笑)
まあそれはともかく、本当に大村大暴れの一日でしたね。
これだけこの人に当たりが出てくれば、また定位置の1番に固定される事でしょうね。
そして、復帰した川崎が調子を上げていけば(この日は2安打。上々ですね!)、
理想の1・2番コンビがいよいよ機能し出す事になります。
そうなるとますます攻撃力アップが期待できるわけですね。

連敗脱出で嫌な流れを断ち切ったという事もあり、
そして先に向けて明るい兆しが出てきたという事では、
この1勝はただの1勝ではない大きな意味を持つのではないでしょうか。
これで再び勢いを取り戻して頂きましょう!

by takanomichi | 2005-05-25 07:17 | Hawks
2005年 05月 25日

昨日の快勝の話、の前に…

今さらながらではありますが、書けていなかった土日の阪神戦の事を簡単に…

[5/21のホークス]交流戦 対タイガース 第2回戦 (ヤフードーム)
  タイガース 9-2 ホークス 

和田、今季最短4回2/3でKO
守備の乱れが響き、後半に痛い失点
鷹打線、11安打で2点 寒すぎる拙攻

[5/22のホークス]交流戦 対タイガース 第3回戦 (ヤフードーム)
  タイガース 8-4 ホークス 

リリーフ陣崩れ、接戦をものにできず
寺原、久々の先発も苦い結果に
鷹打線、虎リリーフ陣を攻め切れず

私にとっては複雑な3連戦だったわけですが…(苦笑)
まあ「それが鷹の道」と称するブログである以上、ホークスファンとして言いますと、
まったく喜べない土日でありました。

と言っても、土曜日は試合を見られなかったのですが、
和田が初回に四球を出して、金本に一発ガツンとやられて、リズムに乗れないまま
やられてしまった感じでしたね。
それでも、5回裏にに2点差まで追い上げたのですが、
その後守備の乱れが出て、それが余計な失点につながったのが痛かったですね。
これが、結局重くのしかかる事になってしまいましたから。

それと、この日は拙攻ぶりが目立ちましたね。
タイガース先発・下柳にしてやられたという感もありますが、
それでも5回までに7安打を打ちながら2点って…
でもそりゃそうですね。
その間に併殺が3つもあったのですから…
結局後半もランナーを出しながら、得点に結びつかずでした。
しかし、木曜日の工藤といい、下柳といい、元ホークスの投手にやられるというのは、
なんとも辛いですね…

そして日曜日は、ほぼフルタイムでテレビ観戦したのですが、
前半はハラハラ、後半はグダグダな試合になってしまいました。

1年2ヶ月ぶりの先発マウンドとなった寺原も、
タイガース先発・能見もともに乱調で、序盤は点の取り合い。
しかし、4回以降はタイガースの繰り出すリリーフ陣が、
素晴らしいピッチング(と言わせて下さい)
一方、ホークスリリーフ陣は、フェリシアーノ・神内・吉武という、
これまで完璧といってもいい救援をしてきた顔ぶれが、
ことごとく制球を乱して崩れていきました。

これまで本当に頑張ってくれたホークスリリーフ陣でしたが、
その疲れが出てしまったのでしょうか。
贔屓目無しで言わせて頂きますけど、
このところ、藤川・江草といったタイガースリリーフ陣の状態が
本当にいいです。
この試合は、そのリリーフ陣の出来の差がモロに出てしまった感じですね。

リリーフ陣が踏ん張れないのなら、先発がもっと頑張ってくれなくては…
そして、この悪い流れを断ち切ってくれなくては…
そう思っていたら、やっぱりあの投手がやってくれました!
と、半ば強引に24日(火)の試合にもって行きましょう(笑)

by takanomichi | 2005-05-25 07:00 | Hawks
2005年 05月 23日

複雑な3日間、の後…

b0040114_8523129.jpg

「うーん、まいったな。
正直、阪神に負け越すなんて、思ってなかったよ。」

「ふっふっふ。リリーフ陣、よく頑張った!
これで単独首位だぜ。」


…すみません。
どっちも私の偽らざる気持ちです(爆)
強敵ホークスに勝ち越しという事で、
今朝の関西はちょっとした祭りです(大袈裟)

こうなったら、ホークスは甲子園で勝ち越して、
最低でも3勝3敗のイーブンにもっていきたいとこですね。

交流戦、この週末はセ・リーグの頑張りが目立ちました。
しかし、ロッテはは中日に勝ち越したんですよね…

by takanomichi | 2005-05-23 08:52
2005年 05月 21日

圧勝の試合、なんですが…

[5/20のホークス]交流戦 対タイガース 第1回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 16-7 タイガース 

鷹打線、15安打の猛爆で今季最多の16得点!
松中、2打席連続アーチでキング街道ひた走る!
大村もジョーもアーチ競演で華を添える!
王監督、65歳のバースデー プレゼントは会心の白星!

前回の投稿の最後で書いたように、実は私には20年来のタイガースファンという顔もあります。
とはいえ、今の自分の関心はホークスに大きく傾いているのですが…
それでも毎日試合結果は見ているし、テレビ中継を見る時は、
ホークス戦の合間にタイガース戦を見たりしています。

そして何より、我が家は全員がタイガースファン。
いつも居間のテレビはタイガース戦が流れているような家ですが、
この日からの3試合は、チャンネル争いを気にせず家族揃って楽しめます(笑)

この日はそんな事を思いながら帰宅の途につきました。
あえて携帯の速報も見ず、情報を遮断して帰宅してから中継を楽しもうと思っていました。
しかし…
家に帰り着くと、6回裏、ホークスが11-1と大差をつけたところ。
「気分が悪い」と、家族にチャンネルを変えられてしまいました。 _| ̄|○

で、その後は…↓

by takanomichi | 2005-05-21 03:36 | Hawks