それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

負けない男の大記録

[本日のホークス]対マリーンズ 第16回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 6-3 マリーンズ  

和巳、ついに開幕15連勝のプロ野球タイ記録!
鳥越、2本のタイムリーで3打点の大活躍!
カブレラ、反撃の口火を切る同点2ラン!
首位攻防戦連勝で5ゲーム差! 1位通過マジック「15」点灯!

いやあ、例によって試合途中からテレビで見ていたんですが、
ちょうどその時が5回裏、ホークスが反撃を始めた時でした。
2点のビハインドから一気に逆転し、後は押せ押せムード。
見始めてからずっとテンション高かったので、正直、まだ治まっていません(笑)

とにかく書きたい場面が多すぎて…
いつものように時系列で試合展開を書きながら振り返っていると、
いくらでも書いてしまいそうなので(笑)、
いつもと趣向を変えて、今日の試合で印象に残った
選手ごとに書いてみましょう。

それでもちょっと長い?(苦笑)↓

by takanomichi | 2005-08-31 23:27 | Hawks
2005年 08月 30日

壮絶な試合をサヨナラで制す!

[本日のホークス]対マリーンズ 第15回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 8-7 マリーンズ  

4安打の川崎がチャンスを作り、最後は松中が決めた!
男・大道、今季の初ヒットは貴重な同点タイムリー!
9回表のピンチを凌いだフェリシアーノが3勝目!
宮地、先制タイムリー! 城島・ズレータも犠飛で渋い仕事!

帰宅途中に携帯の速報を見た時は、確かに6-1でホークスがリードしていたんです。
今日はもう楽勝だなと思っていたんです。
しかし、帰宅してテレビを見始めると、7-6とリードされている

8回表に何があったのか、何が何だかわからないうちに8回裏の攻撃が始まりました。
1アウト後、城島がライトへのヒットで出塁。
続く宮地が強引にライトへ持っていき、城島が懸命に3塁へ走って、
1・3塁のチャンス。

ここで大歓声に迎えられ、代打・大道登場
先日の一軍復帰後、まだヒットが無かった大道ですが、
この大事な場面でやってくれました。
ライトへのタイムリーで同点!

続く本間もライトへヒット!
…と思いましたが、この打球が大道の代走で出ていた城所
足に当たるというアンラッキー。
これで流れが切れたか、結局この回は同点止まり。
今日が一軍初登場の城所でしたが、苦いデビュー戦になりました…

9回表、サブローの三塁への打球がベースに当たるという、
またもやアンラッキーな事が…
その後、里崎のヒットで2アウトながら1・2塁のピンチ。
しかし、ここでフェリシアーノが踏ん張ってくれました。
外角低めへのボール球で、李を三振に取ってピンチ脱出!

そしてクライマックスの9回裏。
先頭の川崎が、右中間を破る3塁打!
これが何と2打席連続3塁打、そして今日4本目のヒット!

一打サヨナラの大チャンス。
バティスタが倒れて1アウト後、打席には松中
打球は高く弾んでファースト・福浦が抑えました。
と、思ったその時です。
何と福浦がセカンド・西岡と交錯してしまい、
その間に川崎が生還して、サヨナラ勝ち!

8回裏・9回表とホークスにとってツキが無い事が続いてましたが、
最後の最後にまたツキが巡ってきました!

いやあ、8回からしか見ていないというのに、一時はどうなるかとハラハラしましたが、
どうにか大事な首位攻防戦の初戦を取りました!
勝負の流れが二転三転し、本当にスリリングな終盤の展開でした。
得点が8-7。両軍で29本のヒットを打ち合う壮絶な打撃戦。

しかし5回までは、和田久保の投げ合いで静かな展開だったんですよね。
6回に松中のタイムリーと2本の犠牲フライ、
7回には川崎とバティスタのタイムリーでホークスが差を広げたのですが、
8回表にマリーンズが一挙6点を加えて逆転を許す事に。
さすがに好調マリーンズ…
というよりも、この回は和田が4連打を浴びてKO。
続いてマウンドに上がった三瀬もタイムリーを許し、
さらに吉武も押し出し死球とタイムリーを浴びるなど、
投手陣がいっぺんに崩れてしまいましたね。
勝ったからいいものの、今日の苦戦の最大の原因でした。

しかし、4本のヒットを打った川崎など、打線が活発に機能して
打ち勝ちました。
また、川崎や2本のタイムリーを打った松中などの陰で、
城島が要所でチャンスを作り、守備でも逆転タイムリーの堀を2塁で刺して
追加点を阻むなど、密かにいい仕事をしていましたね。

まあ、さすがにマリーンズ相手では楽には勝てないといった感じですが、
明日は投手陣にもう少し頑張ってもらいたいところ。
その意味では、斉藤和巳清水直行という両先発ですし、
投手戦が期待できそうです。

昨年のプレーオフの悲劇を繰り返さないために、何が何でも欲しい1勝のアドバンテージ。
そのためには、明日も絶対に落とせません!

by takanomichi | 2005-08-30 22:54 | Hawks
2005年 08月 29日

ジョーの責任感

たとえ試合が無い日でもチェックしている日刊スポーツ九州のサイトに、
ちょっと気になる記事が…

昨日の試合でスタメンマスク復帰を果たした城島について書かれていますが、
読んでみて、私はどうもしっくり来ない感じを受けました。

 「代役」の的場が、ここ16試合で11勝4敗1分けと健闘してきた。
 的場がマスクをかぶった間に投手陣の2ケタ失点もなければ、チームの連敗もなかった。
 先発新垣の大乱調があったとはいえ、何とも皮肉な結果。

さらには城島のこんな談話も。
 「10点取られたら投手だけの責任じゃない。配球のこともある。 
 でも、ブランクがあったから10点取られたとは思わない。
 新垣を何とか助けたかったのだけど…」

これらを読んでみると、どうも城島に対してちょっと厳しい書き方に思えます。
しかしながら、昨日の試合はやはり、新垣の投球内容が悪かった事が全てでありまして、
あれだけコントロールが悪ければ、城島のリード以前の問題だったと思うのです。

城島不在の間の的場の活躍と成長は、大いに認めます。
本当によく頑張ってくれました。
でも、城島に代わったからどうこうと取られかねない書き方は、いかがなものでしょうか。
(大体、「城島に代わっていきなり連敗」みたいな事を書いてますけど、
 この連敗だって1試合は、城島はマスクを被ってないし…)

期待が大きかった分、昨日ああいう結果に終わった事への無念さから、
こういう書き方になったのかも知れませんが…
まだ1試合終わっただけではないですか!これからですよ。

それにしても、あらためて城島の談話を読むと、彼の責任感の強さを感じます。
ブランクがあろうがなんだろうが、ピッチャーがどんな調子だろうが、
キャッチャーとしての役目を果たさなくてはならないという強い意識が、
言葉の端々から感じられますね。
そして、それに対して言い訳はしない。
こういう姿勢は本当に立派だと思います。

「早く僕がキャッチャーして勝たないと、何言われるか分かりませんからね」
とも語っている城島。
その意識が変にプレッシャーにならなければいいのですが…

でも、それは私の杞憂に過ぎないのでしょうね。
今を遥かに超える修羅場を何度も乗り越えてきた城島ですから。
明日からの首位攻防戦で、リードについても、打撃についても、
城島の大活躍を期待していますし、そんな予感がしてきてなりません。

by takanomichi | 2005-08-29 23:21 | Hawks
2005年 08月 28日

北の国から '05夏・連敗

[本日のホークス]対ファイターズ 第18回戦 (札幌ドーム)
  ファイターズ 10-6 ホークス  

新垣、またも乱調 8失点で無残KO
鷹打線のお株を奪うハムのホームラン攻勢の前に撃沈
川崎3安打、バティスタの3ランで反撃も届かず

今日は試合開始の時点からテレビ前にいました。
新垣の立ち上がりに注目していましたが、無難に切り抜けた先週とは違い、
元の新垣に戻ってしまったような立ち上がり…
初回、四球の後にいきなり小笠原にタイムリーを浴びて、
早々に1点を許してしまいました。
さらに連打を許し1・3塁から併殺崩れでもう1点追加され、
初回から苦しい展開に…

ホークスもその直後の2回表に、
今日スタメン復帰の城島の2塁打をきっかけにチャンスを掴み、
これまた併殺崩れで1点を返しました。

しかし、坪井に今季初アーチを打たれて、またもや2点差…
思えばこれがファイターズのホームラン攻勢の始まりでした。

3回裏にまたもや四球とヒットでピンチを迎えた後、
木元に3ランアーチを打たれ、6-1と点差が大きく広がってしまいました。

とにかく新垣、コントロールが悪かったですねえ。
久々にスタメンマスクを被った城島も、これではリードのしようが
なかったのではないでしょうか。
何せ、城島がミットを構えた所に全然ボールがいかないのですから…

4回表にやっと三者凡退に切って取った新垣。
しかし5回裏。
コントロールはさらに乱れ、小笠原に四球、続くセギノールに死球…
もう王監督の我慢もここが限界だったのでしょうか。
ここでピッチャーはフェリシアーノに交代。
何とも言いようがありませんね…
新垣、2週前の札幌ドームで久々の勝利をあげたものの、
また元に戻ってしまったのでしょうか(悲)

さらに、続く稲葉の内野安打で満塁となった後、2アウトは取りましたが、
金子の打球はレフトスタンドへ飛び込むグランドスラム…
スコアはついに10-1に。

しかし、それにしても…
坪井のホームランが1年ぶり
木元のホームランが1ヶ月ぶり
金子も今季これがまだ3本目のホームランで、満塁となると自身初
…正直「なんで打たれるの?」って感じです(涙)

今日、私はちょっとした用事があったので出かけなければならなかったのですが、
野球を見てからにしようか、どうしようかと思いながらズルズルと見てました。
しかし…
金子の満塁アーチが出た瞬間に、出かける支度を始めました(苦笑)

しかし、私という男はなんとタイミングが悪いのか。
出かけた直後の6回表。
宮地のヒットと稲嶺の2塁打からホークスの反撃が始まったのです。
まず川崎が今日3本目となるヒットを放ち、これがタイムリーとなって1点を返すと、
バティスタが25号の3ランホームラン!
さらには7回表。
2つの四球からチャンスを得た後、大村のタイムリー2塁打で、
10-6と詰め寄りました。

…が、反撃はここまで。
結局10-6でホークス完敗。
ファイターズ戦、まさかの連敗…
負けて残念なのは言うまでもないのですが、
それに加えて、前半の悲惨な場面だけ見て、
後半のいい場面を見られなかった私は負け組…
_| ̄|○

もちろん、新垣が点を取られ過ぎてしまった事が
今日の一番のポイントだとは思いますが、
打線も拙攻が目立ちましたねえ。
11安打を打って、7つも四死球をもらったのに、得点は6点どまり。
ヒットの数は、10点取ったファイターズ(10安打)より多いんですからねえ。
残塁は実に10個。
今日の拙攻ぶりを如実に表しています。

さてこうなると、マリーンズの動向が気になるところですが、
今日も快勝で、ゲーム差はまた3ゲーム差まで縮まってしまいました…
まあ、今日はジョニー黒木の復活勝利の日という事で、
それは素直におめでとうという気持ちですが…

思いもよらぬ連敗というお土産を持って帰る事になった札幌への旅。
福岡へ戻って火曜日からは、そのマリーンズとの直接対決2連戦。
バファローズを3タテし、黒木の復活勝利劇まであったマリーンズが、
非常にいいムードで福岡に乗り込んでくるのは間違いありません。
2連戦、おそらく先発するであろう斉藤和巳と和田。
大きな舞台には非常に強い彼らの事。
2連勝、期待するのはこれしかありません。

そして今日で、ホークスとマリーンズのプレーオフ進出も確定しました。
3つの席のうち2つがいっぺんに埋まって、残りはあと1つ。

そろそろ夏も終わり。そしてぺナントレースはこれからが佳境です。

by takanomichi | 2005-08-28 23:14 | Hawks
2005年 08月 27日

昼も夜も大事件

[本日のホークス]対ファイターズ 第17回戦 (札幌ドーム)
  ファイターズ 5-4 ホークス (延長10回) 

リリーフ陣が誤算 延長戦の末、悔しいサヨナラ負け
6回にタイムリー連打で逆転も実らず
5回で降板の杉内、17勝目はお預け

台風の影響などで先日のマリーンズ戦が2試合中止。
首位攻防戦に思わぬ形で水を差される事になりましたね。
中止になった2試合はどこに組み入れられるのかというと、
マリーンズ公式サイトで確認したところ、9/21・22に組み入れられたようです

つまり、9/19からマリーンズ4連戦。
しかもこれは前のバファローズ2連戦と後のライオンズ3連戦に挟まれ、
ペナントレースの佳境でなんと9連戦を戦わなければならない事になります。
(しかも18日から19日は、福岡→千葉の移動日無しでデーゲーム連戦だし)
今日の札幌ドームから6カード続けて「2連戦して休み」というパターンが続く
比較的楽な日程のホークスですが、最後にドドンと厳しい連戦が来る事になりましたね。

さて、その札幌2連戦初日。
久々のホークス戦だったのに、ついうっかり録画を忘れて外出してしまったので、
試合はニュース以外見ておりません…
でも、見ない方が良かったのかな…(悲)

初回に点を取り合い、杉内ダルビッシュの投げ合いで相譲らぬ展開でしたが、
6回表に宮地と本間のタイムリーで4-1と突き放し、
ダルビッシュををマウンドから引きずり下ろしたホークス。
しかし、後を受けたファイターズリリーフ陣からは点を奪えず。

それでもホークス投手陣が抑えてくれればよかったのですが、
終盤にきてリリーフ陣が大誤算。
8回裏、その前の回を抑えていたはずの吉武が崩れ、
坪井・小田にヒットを許した後、小笠原にこの日2本目となる32号3ランホームランを打たれ、
一気に同点に追いつかれる事に…
杉内の17勝目はこれでお預けとなりました。

そればかりか、延長戦に入った10回裏には頼みの守護神・馬原までも、
実松・小笠原に連続ヒットを打たれピンチを迎える事に。
セギノールを歩かせて満塁策を取り、2アウトとしたものの、
田中幸雄がセンターへヒットを放ち、サヨナラ負け…
しかもこのタイムリーが、田中にとって1000打点達成の記念すべき一打。
2週前の入来バースデー完封もそうでしたが、
ファイターズにはこのような劇的な試合で負ける事が続くので、
13勝4敗と大きく勝ち越しているわりには、その印象が薄いんですよねえ…

結局、今日は両チームのリリーフ陣の調子の差が出たというところか。
終盤、追加点を取れなかったのが、響く事になってしまいましたね。

それにしても…
杉内はなぜ5回で降板してしまったのでしょうか?
そりゃ、5回で被安打5というのは決して良くは無かったでのでしょうが、
四死球は無いし、球数も多くないし(77球)、故障というわけでもなさそうだし…

杉内は次のように語っています。

「調子は良くないなりに何とか抑えられた。
 もう少しいきたかったですが、ベンチの指示だし仕方ないです。
 最低限の役割は果たせたと思っています」

普通に監督の指示で交代、という事だったのでしょうが、
試合を見ていなかった人間からすると腑に落ちないですね。
実際、どんな感じだったんでしょうか…

そして、ホークス戦の後はこんな事が…↓

by takanomichi | 2005-08-27 23:20 | Hawks
2005年 08月 24日

力の入った投手戦、再び

[本日のホークス]対マリーンズ 第14回戦 (千葉マリンスタジアム)
  ホークス 2-1 マリーンズ 

和巳、4安打1失点完投で開幕14連勝!
ズレータ、貴重な貴重な37号勝ち越し弾!
またも両先発が完投 素晴らしい投手戦!

…と書いてはいますが、
正直、今日の試合は9回裏しか見ていません。
しかし、その9回裏が一打同点のピンチという非常に緊迫した場面だったので、
ハラハラしながらも、たいへん見ごたえがありました。
結果は斉藤和巳がビシッと抑え、見事な完投勝利!
開幕からの連勝を14に伸ばしました!

一昨年に16連勝したのに続いて、自身2度目の14連勝。
個人で2度の14連勝を成し遂げたのは、
長い日本のプロ野球史上初めての快挙です!


先週のバファローズ戦では、開幕13連勝の球団新記録。
もはや和巳が勝ち星をあげる度に、何がしかの記録の話がついてきます。
次はいよいよ、開幕からの連勝タイ記録「15」に挑戦ですね!

雨で中止になった昨日からのスライド登板となったのが心配されましたが、
和巳、頑張ってくれました。
初回に1点を失ったものの、あとは完璧でしょう。
終盤に四球が出るようになって、ピンチを迎えた場面はあったようですが、
見事に凌ぎきりました。

しかしそれにしても、見事な投手戦だったわけですね。
先日のライオンズ戦観戦で、杉内と西口の力の入った投手戦を堪能してきたのですが、
今日のも見ていたら、そんな感じになったんだろうなあ。
何せ相手の渡辺俊介も、6安打2失点で完投。
四死球は1つも無いのだから、立派なのものです。

3回にホークスが大村の犠牲フライで同点に追いついてからは、
さぞかし緊迫した戦いだったでしょう。
しかし、7回表にズレータが2試合連続のアーチで勝ち越し!
またもや大事な場面で、貴重な一発を打ってくれました!

9回裏は見てましたが、緊迫の場面でしたね。
福浦のヒットの後、四球で1アウト1・2塁。
今江の打球には一瞬肝を冷やしましたが、ライトフライ。
しかし、これで2塁走者が3塁へ進み、2アウトながら1・3塁の大ピンチ。
が、最後は李の三塁ファールフライを、バティスタがガッチリとキャッチして
ゲームセット!
本当に気合の入ったピッチングでした。
勝利の瞬間、すごくいい笑顔でしたね。

防御率争い1位・2位を走る、左右の両輪・杉内と和巳。
この2人だけで30勝!
そりゃ強いですわ、ホークス。
あらためてそう感じます。

これでマリーンズとの対戦成績も7勝7敗のタイ。
ゲーム差は5.5ゲームと、再びプレーオフのアドバンテージ圏内突入。
完全優勝にまた一歩近づいたホークス。
明日の先発、和田にも期待しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:
どんな試合だったのか、もっと詳しく知りたくて様々なサイトを覗いていたら、
TBSの速報サイトで、定岡正二氏がこんな戦評をしていました。

「ソフトバンク斉藤は、あまり調子は良くなかったが、
連勝中の勢いと負けられないという強い気持ちがボールにこもっていた。
一方の渡辺俊介も持ち味を生かしてよく投げた。
例えるなら、渡辺が「あっさりした醤油味」なら、斉藤は「こってり豚骨味」。
斉藤の味のあるピッチングが勝った試合だったと思う。
つくづくピッチャーは気持ちだというのが感じられた試合だった。 」

…すみません。私、正直意味がよくわかりません(苦笑)
いかに福岡の名物が豚骨ラーメンだとは言っても、
この例えは無理があるのでは…

by takanomichi | 2005-08-24 23:55 | Hawks
2005年 08月 23日

観戦記その2:助っ人トリオ大活躍!

[8/21のホークス]対ライオンズ 第15回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 6-5 ライオンズ 

ズレータ、先制の36号2ラン!
カブレラ、2本のタイムリーで3打点!
バティスタもタイムリー 助っ人トリオで全打点を叩き出す!
新垣、苦しみながらも6勝目!
40年ぶりの貯金40到達! 今季3位以内確定!

土曜日の勝利ですっかり感動してしまい、
調子に乗って日曜日も見て行きたいなあと思ったものの、
チケットが残っているかどうかが心配だったのですが、
ある方のご厚意によりチケットを頂く事になり、
(その節は本当にお世話になりました。ありがとうございました!)
幸運にも1塁側内野席で日曜日も観戦する事になりました。

b0040114_2241838.jpgこの日のスタメン。
先発はホークスは先日3ヶ月ぶりの勝利をあげた新垣
ライオンズは帆足
前日はすごい投手戦でしたが、果たして今回はどうか。

写真が非常に多いです。表示の際、重たいかも知れませんがご容赦下さい↓

by takanomichi | 2005-08-23 23:12 | プロ野球観戦記2005
2005年 08月 22日

観戦記その1:息詰まる投手戦

[8/20のホークス]対ライオンズ 第14回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 2-1 ライオンズ 

杉内、14奪三振の快投で最多勝対決を制す!
両先発が完投 見事な投手戦!
松中、価値ある先制タイムリーで100打点到達!
バティスタ、終盤に貴重な追加点のタイムリー!

それではこの度の福岡観戦記、まずは一昨日の試合から。

先に書きました通り、私にとっては初めてのライトスタンド。
今回はそこに鷹のぼせな皆さん集結し、大いに盛り上がろうという企画だったわけですが、
試合の方は盛り上がって大騒ぎするという展開ではなく、
思わずジッと見入ってしまうような、力の入った投手戦となりました。

とはいえ、言うまでもなくホークス攻撃時は総立ちで、歌い、踊るのを楽しむのが
外野席での応援というもの。
私もしっかり参加しました。
で、そっちに熱中していたので、あまり写真がありませんが(苦笑)

では、続きをどうぞ↓

by takanomichi | 2005-08-22 23:22 | プロ野球観戦記2005
2005年 08月 21日

帰ってまいりました…

2日間、目いっぱい楽しんで、無事に大阪に戻って来ました。

b0040114_035529.jpg土曜日は、私にとっての福岡ドームライトスタンドデビュー。
地元の熱気をいちばん感じられるこの場所に、
一度は行ってみたいと思っていましたが、
その念願が叶いました!


試合の方は、杉内と西口の力の入った投手戦。
内野で静かに観ていたら、本当に息詰まるような感じになったでしょうけど、
外野で盛り上がりながら観ていたから、そんな感じにはなりませんでした(笑)
もう少し点が入るとか、ホークスにホームランが出たとかあれば、
もっと盛り上がったんでしょうけどねえ。
まあ、勝ったから贅沢は言いません。
何はともあれ初ライスタ、十分に楽しめました!

b0040114_044299.jpgb0040114_042126.jpg
そして今日日曜日。
当初は観戦する予定は無かったのですが、
やはり福岡に来て1試合見ると、もう1試合見たくなってしまい、
しかも、思わぬ事でチケットが手に入ったので、
1塁側内野席でじっくり観戦できました。

前半は楽勝ムード。
しかし後半に追い上げられてハラハラしましたが、
何とか逃げ切り勝ち!
2日続けて1点差の勝利という、心臓には良くない展開でしたが(笑)
連勝して本当によかったです!

それから、ライスタと共に今回初体験したのが、昼間のルーフオープン。
前の記事で書いた通り、どうやら私は雨男のようで(苦笑)
昨年来た際も、今季の開幕カードに来た際も、そして昨日も、
デーゲームで勝ったのに、当日の天候が悪くてルーフオープンがなかったのです。

で、今回初めて見たわけですが、
ルーフが開いた所からのぞく青空を見た時は、
正直、感動しました…

…とまあ、まずは簡単に2日間の感想と帰還報告をば。
観戦記は、あらためてじっくりと書かせて頂きます。
何せ2日分ありますんで…
すみませんが、ちょっとお待ち願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:
肝心なこと書いてませんでした(汗
土曜日の試合の後は、鷹のぼせな人みんなで飲み会と相成りました。
勝利の美酒に酔いしれる楽しいひと時でした。
その詳しい話は、この日参加された皆様のブログをご覧下さい(笑)
れいこさん
星伍さん
蒼さん
けーたんさん & 奴さん
圭さん

皆さん、本当にお世話になりました。
ありがとうございました!

by takanomichi | 2005-08-21 23:59 | Hawks
2005年 08月 21日

本日も福岡です

b0040114_11373490.jpgそして本日も雨です…

今シーズン、福岡での公式戦観戦は今日で3日目。
その3日間全て雨が降ったという雨男。
それが私…

福岡の皆さん、せっかくの週末に雨を降らせてすみません(苦笑)
ここがドーム球場で本当に良かった…

by takanomichi | 2005-08-21 11:37 | Hawks