それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 31日

単独首位をひた走る!

[3/28のホークス] 対イーグルス 第2回戦(ヤフードーム)
 ホークス 9 - 0 イーグルス
 (勝)杉内 1勝 
 (敗)松崎 1敗
 (ホームラン)小久保1号 ソロ(松崎)

杉内、快投で完封チーム一番乗り!
小久保、待望のホークス復帰後初アーチ!


[3/29のホークス] 対イーグルス 第3回戦(ヤフードーム)
 ホークス 9 - 7 イーグルス
 (勝)山村 1勝 
 (敗)牧野 1敗
 (ホームラン)柴原1号 2ラン(牧野)、鷹野1号 ソロ(ガトームソン)

序盤から打線爆発で、ルーキー・田中にプロの洗礼!
柴原のサヨナラ弾で乱戦にケリ! 山村、待望のプロ初勝利!


[3/30のホークス] 対マリーンズ 第1回戦(千葉マリンスタジアム)
 マリーンズ 4 - 1 ホークス
 (勝)渡辺俊 1勝
 (敗)神内 1敗
 (ホームラン)青野1号 2ラン(神内)、

神内が序盤に捕まり、連勝は4でストップ
打線もつながり欠き、渡辺俊介に完投を許す


[3/31のホークス] 対マリーンズ 第2回戦(千葉マリンスタジアム)
 ホークス 8 - 2 マリーンズ
 (勝)斉藤和 1勝 
 (敗)久保 1敗
 (ホームラン)ブキャナン1号 満塁(久保)、ブキャナン2号 2ラン(久保)、本多1号 ソロ(小宮山)

ブキャナン大爆発! 来日初アーチ満塁弾&2打席連続の2号2ラン!
和巳、余裕の今季初勝利!


ちょっと忙しくなって更新できないでいると、
もう4試合も終わってしまいました。
公式戦に入ると、これが大変です…

とは言いながらも、ホークスが好調なのは嬉しい限り。
連勝は4で止まったものの、今日はマリーンズに快勝!
現在、堂々の単独首位です!
って、まだ7試合終わったばかりですが(笑)

いつもの様に、ブログの冒頭に試合結果と、一言コメントを書いていて思ったのですが、
勝ち試合の全てでいわゆる「日替わりヒーロー」が出ているんですよね。
1勝目は和田、多村。
2勝目は新垣。
3勝目は杉内、小久保。
4勝目は柴原。
今日の5勝目はブキャナン、和巳。

投打ともに、極端に不振という選手が見当たらない。
これは、非常にいい感じできている証しだと思います。
まだ3カード終わってませんが、出だしは上々といったところでしょう。

新しい戦力が次々と結果を出しているのも、いいですね。
開幕からいきなり目立った多村、
先日、復帰後初アーチを放った小久保に続き、
今日の試合では新外国人・ブキャナンの打棒が大爆発!
待望の来日初アーチは、いきなりド派手なグランドスラム!
続いて2打席目にも2ランアーチ!
昨年までの助っ人・ズレータの目前で打ったというのが、
因縁というか何というか…
(もっとも、あちらもグランドスラムという派手なマリーンズデビューでしたが)

和巳は今日は6イニング、100球を少し超えたところで降板。
試合も大差がついていたし、余裕の降板といったところか。
今日の和巳の白星で、四本柱は全員今季初勝利をあげました!
水曜日のイーグルス戦で完封した杉内も、
昨年は大きく期待を裏切ってしまいましたが、
今季はやってくれそうですね!

とにかくカード勝ち越しを続けていけば、自ずと優勝は見えてきます。
その為にも、明日のマリーンズとの第3戦が大事です。
和田に期待しましょう。

さて、プロ野球は昨日、セ・リーグも開幕しましたね。
うちは、私も嫁さんもパ・リーグではホークスを応援してますが、
セ・リーグは私はタイガース、嫁さんはカープなので、
開幕から大変な事になっています(笑)

by takanomichi | 2007-03-31 23:34 | Hawks 2007
2007年 03月 28日

「新兵器」で連勝!

[3/27のホークス] 対イーグルス 第1回戦(ヤフードーム)
 ホークス 3 - 1 イーグルス
 (勝)新垣 1勝 (S)馬原 2S
 (敗)有銘 1敗

新垣、ナイスピッチング!8イニング10奪三振!
馬原、見事な締めで2試合連続のセーブ!
松中、川崎が効果的なタイムリー!


帰宅がちょっと遅くなって、
家に着いたら川崎のヒーローインタビューが終わったところでした…
それは残念でしたが、試合の方は快勝で2連勝!

日曜日の和田に続き、今回は新垣が好投を見せてくれましたね。
今年のキャンプで新たに会得したというシュートも使っていましたね。
この人は元々、非常に速いストレートを持っているのは周知の事実。
切れのいいスライダーを持っているのも、今更言うまでも無し。
そこに「新兵器」シュートが加わった事で、ますます投球の幅が広がりますね。

毎年そこそこの成績はあげるものの、
はっきり言って「和巳・和田に続く…」という位置から
抜け切れない感じがあった新垣でしたが、
この新しい武器で大きくブレイクしそうな予感がします…

そして、8回まで頑張って投げてくれたのも大きかったですね。
開幕2試合で中継ぎ陣が多く起用されましたが、
それを休ませる事ができましたからね。

打線は、6安打と決して多く打ったわけではありませんでしたが、
松中の先制タイムリー、川崎の2点タイムリーとなる3塁打と、
チャンスをしっかり生かしました。
特に、川崎のあのヒットは、見事なバットコントロールでしたね!

決して大勝というわけではないけれど、
投打がしっかり噛み合い、快勝といった感じのゲームでした。
相性のいいイーグルス戦、幸先よく1勝しました。
波に乗って3タテといきましょう!

※前回の投稿で、イーグルスは2戦目に田中が登板すると書きましたが、
 3戦目のようですね。
 ホークスは、明日の2戦目は杉内が先発なので、
 当日の先発は神内かな?

by takanomichi | 2007-03-28 00:49 | Hawks 2007
2007年 03月 26日

今季初勝利! 王監督復帰後初勝利!

[3/25のホークス] 対バファローズ 第2回戦(ヤフードーム)
 ホークス 2 - 0 バファローズ
 (勝)和田 1勝 (S)馬原 1S
 (敗)吉井 1敗

和田、被安打3、8奪三振の快投! 完封リレーで今季初勝利!
王監督、266日ぶりの公式戦勝利!
多村、先制タイムリーで移籍後初のお立ち台!


1日遅れの更新になってしまいましたが、
何と言っても今季初勝利の事だし、書かずにはいられません(笑)

やりました!和田は期待以上のピッチングをしてくれましたね。
8回途中まで投げて、被安打わずかに3本の無失点。
5回まではノーヒットでしたね。
相手の吉井も好投で、相譲らぬ投手戦になりましたが、
頑張ってくれました。

そして投手リレーも、この日はズバッと決まりましたね。
無失点に抑えていた和田を8回途中でスパッと藤岡に代えましたが、
この王監督の決断は見事でした。
藤岡はピシャリと後続を抑え、そして最終回は馬原が締め!

打線は、土曜日の試合ほどの爆発力はなかったのですが、
少ないチャンスを上手く生かしました。
多村が前日の活躍に続いて、この日も3回に先制のタイムリー!
そして、大村が7回に貴重な追加点のタイムリー!
チャンスを作ったのはそれぞれ、本多、ブキャナンという下位打線。
打線につながりが出てきたのは、良い事ですね。

王監督にとっては、胃の手術を乗り越えての復帰後初勝利。
いつもの年以上に意味の大きな、シーズン初勝利だったでしょう。
しかし、日刊スポーツにはこんな記事が…

 ただ、シーズン1勝目のボールは毎年、孫オーナーにプレゼントする。
 「日付を書いて、孫オーナーに渡しますよ」。
 去来する思いはすべて胸に納め、いつもと同じように振る舞った。
 
 「過ぎたことはいいんだよ。おれの家に来たらそういう(記念の)ものがないから、
 野球選手の家とは思えないよ」。


いつもよりも重い1勝のはずなのに、いつもの年の様にボールをオーナーにプレゼント。
孫さん、このボール、きっと大事にするでしょうね…

それにしても、この2連戦、思っていた以上にバファローズに苦戦しました。
2戦目こそ抑え込んだものの、1戦目はバファローズ打線にやられてしまいました。
意外と打線は強力ですね。
ラロッカがチャンスを広げて、ローズ・北川が還すという形を作られてしまうと、
厄介な事になりそうです。

さて、明日からはイーグルスを福岡に迎えての3連戦。
2戦目には話題のゴールデンルーキー・田中が登板しそうです。
とはいえ、弾みをつける為にも3連勝頂きます!

by takanomichi | 2007-03-26 23:38 | Hawks 2007
2007年 03月 25日

2007年 白星スタート…ならず

[3/24のホークス] 対バファローズ 第1回戦(ヤフードーム)
 バファローズ 8 - 5 ホークス
 (勝)加藤 1勝
 (敗)藤岡 1敗
 (ホームラン)ローズ 1号 2ラン(斉藤和)、多村 1号 2ラン(川越) 、多村 2号 ソロ(カーター)

和巳、まさかの乱調 リリーフ陣も崩れ悔しい開幕黒星
新型クリーンアップ7安打も勝利に結びつかず
救いは多村の2アーチ 怪我さえなければ40本いけるか?


待ち焦がれた開幕戦。
この日の為に契約した地元のケーブルテレビで観戦していました。
しかし、結果は敗戦…
9ヶ月ぶりに公式戦の指揮を執った王監督の復帰を飾る事はできませんでした。

まあ、144分の1と言ってしまえば気が楽かもしれませんが、
やはり開幕戦というものは、そう簡単に割り切れない重さがあるものです。

開幕の大舞台を何度も経験してきた和巳だからこそ期待していました。
しかし、序盤からコントロールが定まらず、苦しいピッチング。
それでも調子が悪いなりにどうにかまとめあげたのですが、
結局7回途中で降板。
そして、リリーフ陣が崩れ、守りのミスも重なり、
最後は自滅する形で負けてしまいました。
6回裏に一度は勝ち越したのになあ…

しかし、決して負け惜しみではありませんが、
私は、今日の負けはあまり悲観的に受け止めてはいません。
なぜなら、ホークスにとって、今後の課題になりそうな事が、
続々出てきたからです。

・和巳があまりにも制球を乱していた
・和巳以外の投手と的場のコンビネーションに問題あり?
・ランナーを置いた場面での継投
・守りのミスの連発
・やっぱり下位打線がちょっと弱い

初戦からこれだけホークスにとって悪い所がいっぱい出たら、
それこそ早いうちに膿を出し尽くしたと考えられますからね。
開幕戦を和巳で落とすなんて、試合前は考えてもいませんでしたが、
今こうして考えてみると、今日は負けるべくして負けたのかも知れません…

でも、良い材料もあった試合でした。
先行されたらすぐ追いつく展開で進め、一度は逆転しましたし。
最後にまた逆転されはしましたが…

個人名を挙げるなら、何と言っても多村でしょう。
同点の1号2ラン、追撃の2号ソロの2本のアーチを含む3安打・3打点の活躍!
そして、松中・小久保と組んだクリーンアップ3人で合計7安打!
初戦から期待通りの打棒を見せつけてくれましたね。

それから小久保。
打っては2安打、6回裏勝ち越しのホームインの時の見事なスライディングと、
プレーの方でも頑張ってましたが、
ピッチャーがピンチを迎えるとすかさず声をかける小久保の姿を見て、
ああ、これだけでもこの人がホークスに帰ってきた意味はあったのだ、
と思いました。

悔しい負けでしたが、いつまでも引きずっているわけにはいきません。
和巳も次はもっと良くなるでしょう。
痛いエラーをした本多、打ち込まれてしまった藤岡など、
若手にとっても厳しい試合でしたが、次また頑張ってくれればいいのです。

せめて開幕からの連敗は避けたいところ。
初戦はバファローズの選手にいいところを持っていかれてしまいましたが、
(とりわけ、好リリーフの吉田修司、2点タイムリーの村松といった
元ホークス選手の活躍が目立ちましたね)
2戦目はそうはいきませんよ。
先発・和田に和巳の仇を取ってもらいましょう!

by takanomichi | 2007-03-25 01:25 | Hawks 2007
2007年 03月 24日

パ・リーグ開幕前日 いや、当日です!

だってもう12時過ぎて、日付変わりましたからね(笑)
というわけで、待ちに待った開幕当日です!
今年の開幕戦の相手はオリックス・バファローズ。
場所はもちろんヤフードームです。
約13時間後のプレーボールが待ち遠しい(笑)
開幕投手は、ホークスが斉藤和巳、バファローズが川越と、
大方の予想通り。

そして、ホークスの栄えある開幕一軍メンバーは、以下の通りです。

投手:
 馬原
 和田
 ニコースキー
 藤岡
 甲藤
 柳瀬
 三瀬
 山村
 斉藤和巳
捕手:
 的場
 山崎
 田上
内野手:
 ブキャナン
 松中
 小久保
 本間
 本多
 川崎
 斉藤秀光
外野手:
 柴原
 多村
 大村
 江川
 城所
 辻


これに、まだ登録されていない先発投手陣、
杉内、新垣、ガトームソン、神内といったところが、追って登録されるでしょう。

他チームは、大引(バファローズ)などルーキーが開幕一軍入りを果たしていますが、
ホークスは、外国人以外の新入団選手は、開幕一軍入りならず。
これはホークスの選手層の厚さを示すものでしょうか…

その代わりというわけではありませんが、2年目の選手達が良いのです。
'05年の大学・社会人ドラフト組は、藤岡・甲藤・柳瀬・本多と4人が開幕一軍入り!
唯一開幕一軍に入れなかった松田も、昨年は開幕スタメンを果たしているので、
この時のドラフト組は、本当に豊作だったんですね。

ホークス復帰なった小久保、移籍の多村も当然の様に一軍入り。
オープン戦で調子の良かった、斉藤秀光、城所といった選手も入りましたね。
いつもの年にも増して、役者が揃ったという感じがします。

さて、今日の開幕戦。
和巳はオープン戦で決して調子はよくありませんでしたが、
開幕投手の経験も豊かな投手ですし、心配はしていません。
注目は、昨年より格段に強力になった打線が、川越をどう打ち崩すかでしょう。

さあ、いよいよ長くて、熱いシーズンの始まりです!

by takanomichi | 2007-03-24 00:36 | Hawks
2007年 03月 22日

いよいよ球春到来

またもや間が空いての更新。
何かと忙しくてブログ更新できなかったというのもありますが…

いつの間にかホークスのオープン戦も終わってしまいました。
今年は13勝4敗1引分けと、上々の成績でした。
オープン戦の首位こそ、やたらと引分けの多いライオンズに譲っていますが、
12球団中2位。
オープン戦の成績は関係ないといいながらも、
やはり勝つ方が気分はいいものです。
投手陣は4本柱を中心に順調に仕上がっており、
野手陣も怪我人無く順調に来ています。
スポーツ紙を見ても、評論家の予想はほとんどがホークスを優勝に挙げています。
そんなに期待が大きいと、開幕してからの反動が怖い(笑)

まあ、今季は楽しみな材料が多いのは確かです。
いよいよ、開幕は明後日に迫りました。
開幕投手も、予想通り和巳に決まったようですし、
あとは当日を待つばかりですね。

パ・リーグ開幕で、いよいよ本格的に球春到来という感じですが、
プロ野球よりもひと足先に開幕するのが、甲子園で行われる選抜高校野球。
プロ野球だけでなく、高校野球も好きな私にとっては、こちらも楽しみです。

パ・リーグの優勝予想はホークス以外あり得ないので(笑)、
高校野球の優勝予想でもしておきましょうか。
選抜大会は、トーナメントの組み合わせが最初から決まっている
(どことどこが当たるか、決勝まで予想できる)ので、優勝予想もしやすいですし。

私の予想は…
優勝:大阪桐蔭
準優勝:広陵
その他ベスト4進出:報徳学園、高知


といったところです。
大会終了後にあらためて今日の投稿を読む事にしましょう。
当たっているでしょうか。

by takanomichi | 2007-03-22 23:52 | アマ野球
2007年 03月 04日

出足快調!

[2/28のホークス]  オープン戦 対マリーンズ (ヤフードーム)
 マリーンズ 5 - 1 ホークス
※詳細な試合経過は、こちら

[3/1のホークス]  オープン戦 対ドラゴンズ (ヤフードーム)
 ホークス 2 - 0 ドラゴンズ
※詳細な試合経過は、こちら

[3/2のホークス]  オープン戦 対イーグルス (ヤフードーム)
 イーグルス 4 - 2 ホークス
※詳細な試合経過は、こちら

[3/3のホークス]  オープン戦 対ジャイアンツ (ヤフードーム)
 ホークス 6 - 4 ジャイアンツ
※詳細な試合経過は、こちら

[3/4のホークス]  オープン戦 対ジャイアンツ (ヤフードーム)
 ホークス 5 - 0 ジャイアンツ
※詳細な試合経過は、こちら


ちょっと更新できない間に、ホークスがどんどんオープン戦を消化してしまったので、
5試合分まとめて書いちゃいます(苦笑)

この5試合は3勝2敗。
これでオープン戦早くも7試合を消化して5勝2敗と、
今季のホークスはなかなか出足快調です。
では、この間の試合で印象に残っている事を何点か…

先発のローテーション、斉藤和巳・和田・新垣・杉内の4本柱は確定的としても、
5人目、6人目がまだまだ不透明。
そんな状況を打ち破るかのように、3/1のドラゴンズ戦で先発した神内が、
5イニングで8奪三振の快投!
他の先発候補である高橋秀聡、ガトームソンも
それぞれマリーンズ戦、イーグルス戦で先発しましたが、
内容的には神内が一歩リードでしょう。
吉武の去った後を受けて、中継ぎの柱として神内に期待する向きもありましたが、
こんな投球をされると、先発としても期待がかかりますね。

土日は毎年恒例のジャイアンツとのホーム&アウェー戦。
こちらは見事に連勝!
土曜日は、先発斉藤和巳が今ひとつの内容、
ルーキー・森福も打ち込まれて前半はリードを許しましたが、
終盤で松田の3ランアーチ等で反撃の末、逆転勝利!

この土曜日の試合で、
新外国人・ホワイト…もとい、ブキャナンに来日第1号のアーチが出た、
かと思われるような大きな打球を、
何とレフトスタンドから少年ファンが、身を乗り出してキャッチしてしまいました。
そんな珍プレー(?)もありましたが、
これが公式戦中なら大騒ぎになっていたでしょうねえ。

そして何といっても圧巻は今日の試合でした。
打つ方では、松中・小久保の連続アーチ!
ああ、思えばこの2人のアベックアーチは、実に4年ぶりの事ですよねえ…
公式戦に入ってからも、こういうのをどんどん見せて欲しいものです。
それにしても、小久保が本当にホークスに帰ってきたんだなあと、
あらためてジーンときます…

投げては、和田-甲藤-ニコースキー-竹岡-藤岡のリレーで、
何と9回2アウトまでパーフェクト!
ただ、残念ながら27人目の打者・脇谷にヒットを打たれて、
残念ながらパーフェクトはならず。
そういえば、去年の交流戦で斉藤和巳の完全試合を阻んだのも、
脇谷だったよなあ…

オープン戦が進むにつれ、投打ともにいい内容になってきました。
打線は、序盤はちょっと物足りなかったのですが、
ここへ来て若手選手の活躍で、活気付いてきましたね。
江川、井手、あと若手というには微妙ですが、的場が地味に頑張ってます。
そういえば、この正捕手争いも熾烈です。
イーグルス戦でマスクを被った高谷・山崎が4盗塁を許してしまうという
不安を残しただけに、的場もアピールするチャンスが出てきました。

シーズン開幕までまだ間はありますが、
何やら期待をさせるオープン戦の内容です。
私も、もうニュースや新聞で見るだけでは物足りなくなって、
ケーブルテレビを契約してしまいました。
これで、シーズン開幕へ向けては万全です(笑)

by takanomichi | 2007-03-04 23:16 | Hawks