<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 28日

連敗ストップ! 悪い流れも断ち切った!

4/27(日) 対マリーンズ 第9回戦(ヤフードーム)
 ホークス 5 - 3 マリーンズ
打線組み替えが功を奏した! 「3番」松中がホームラン含む3打点!
川崎、猛打賞! 柴原、松田が貴重なタイムリー!
和田、試合をしっかり作る投球で2勝目! ホールトン、2イニングをピシャリ!

久々にゆっくりと試合を見る時間が取れた日に、
久々に快勝の試合を見る事ができましたよ!
勝利の花火も、久々に見れましたしね。
まあ、言うまでもなく、全てテレビ画面越しに見ただけですが…

近年に無いような低迷が続いていたホークス。
何かを変えねば現状を打開できない、と王監督は考えたのでしょうか。
打線を組み替えてきました。
3番・松中、4番・小久保という打線。
そして2番には本間を起用。

結果的にはこれが当たりでした。
初回、本間がヒットで出塁後、松中の2塁打で幸先よく先制!
さらには、柴原が上手くセンター前に運び、2点目を上げ、
マリーンズ先発・小林宏之の立ち上がりを崩しました。

松中は3回にもヒットで出た川崎を塁に置いた場面で、
会心の当たり!
打球はライトスタンドへ吸い込まれる4号2ランホームラン!
この回は、さらに松田のタイムリーで1点を追加。
序盤から5点リードで、試合を優勢に進める事ができました。

和田にとっては、この序盤の大量得点は心強いものになったでしょう。
テンポの良いピッチングで、序盤はほぼ完璧の内容。
4回に1点を失いましたが、概ね安定していた、いかにも和田らしい投球でした。

が、やっぱり手術からあまり日が経ってないせいでしょうか、
どうしても後半に崩れてきてしまうようで、
6回・7回に続けて失点し、2点差に迫られたところで降板。
でも、十分合格点の投球だったと思います。

和田が作ったピンチは、久米がしっかり火消しをして、
8回からは、何とホールトンを投入。
これもまた、思い切った策だったと思います。
出てくるのが1イニング早い、と思いました。

そのせいかどうかわかりませんが、
少し制球に苦しみ、ボール球が先行する内容。
先頭の西岡にいきなりフォアボール。

心配になりましたが、その後は3人をきっちり封じて、事なきを得ました。
これは、バックの守りの助けも大きかったですね。
そうです。ここでも松中が頑張ったのです。
レフト前に落ちると思われた打球を、見事にスライディングキャッチ!
今日の松中は攻守ともに冴え渡っていました!

最終回はホールトンが、3人で片付けてゲームセット!
連敗脱出を快勝で飾りました!

今日は、まず松中の活躍を抜きには語れませんね。
4番を外された悔しさはあるかも知れませんが、しばらくこの3番という打順で
いってみた方が良いと思います。
結果論的な言い方になりますが、ヒットで打線をつなぎ走者を還す、という
最近の松中の打撃は、まさに3番バッタータイプのそれでしたから。
それが、今日は当たったのだと思います。
あと、今日もレフトの守備についていましたが、
DHよりも守りについた方が、この人のバッティングには良い様な気がします。

あと、今日猛打賞の川崎。
盗塁も決めたし、久々にスカッとした活躍ぶりを見ました。
やっぱりこの人が元気だと、チーム全体にいい影響を与えます。
ここまでイマイチな感じでしたが、
今日が復調のきっかけになればいいですね。

それから、抑えのホールトンが2イニングでもいけるという目処がついたのも、
収穫でした。
いつもこういう使い方をするわけにはいかないでしょうが、
いざという時に、こういう使い方ができるのは心強いです。

不満な点を挙げるとすれば、
中盤以降は全く点を取れなかった事と、
下位打線が弱い事ですね。
ただ、下位打線の件は、ケガ人続出の現状では、
ある程度は仕方ないでしょう。

ようやく投打が噛み合う試合ができたホークス。
しかし、火曜日からは目下首位を走るライオンズとの3連戦。
今、バッティングが非常に良いライオンズだけに、
ホークス投手陣の出来が大きな鍵になってきます。
3タテすれば、一気に首位争いに食い込めるこのカード。
非常に大事です。

まだまだ、希望を捨てる時期じゃない!
シーズンはこれからです。

by takanomichi | 2008-04-28 00:20 | Hawks 2008
2008年 04月 27日

今、どん底の中に…

4/25(金) 対マリーンズ 第7回戦(ヤフードーム)
 マリーンズ 5 - 0 ホークス
地元に帰っても流れは良くならず 2試合連続の完封負け
またも故障者が…多村が守備でのアクシデントで右足骨折
打てなさ過ぎる鷹打線 援護を受けられない杉内、終盤に力尽く

4/26(土) 対マリーンズ 第8回戦(ヤフードーム)
 マリーンズ 6 - 1 ホークス
高卒ルーキー・唐川に初登板初勝利を献上
9回裏に28イニングぶりの得点で、完封負けを免れるのがやっと
4連敗、借金4、首位と4.5ゲーム差…今がどん底

金曜日の試合は、ニュースで見ただけ。
土曜日の試合も、試合後のハイライトで見ただけです。
本来ならば、試合を詳しく見ていないからには、あまり多くを語れないところです。
だけど…
今のホークスを見て、何も言えずにおれようか!

まあ、とにかく何でこうも次から次へと怪我人が出るのでしょう。
昨日(金曜日)の試合。
ニュース映像で見た、多村と長谷川が交錯する場面。
その瞬間に、多村が重大なケガをしたと思いました。
診断結果はその通りとなり、
多村は右足の腓骨骨折で、実戦復帰には2~3ヶ月を要する見込み、との事。

和田、小久保が故障の影響で開幕に間に合いませんでした。
和巳、神内はは未だ復帰の目処が立っていません。
本多も故障で今は一軍を離れています。
外野陣も大村を欠き、
その穴を埋めようとするかの如く打撃好調だった井手も試合中の怪我で戦線離脱。
やっと大村がもうすぐ帰ってくると思ったら、多村がこんな事に…
いつまでたってもベストメンバーが揃いません。

今朝、あらためて新聞を読んでもまだショックでした。
アクシデントのもう一人の当事者となってしまった長谷川も、ショックを受けた事でしょう。
しかし、逆に多村に「俺の分まで打てよ」と励まされたといいます。
西スポ記事。私はサンスポで同様の記事を読みましたが。)

試合でのアクシデントは仕方の無い事です。
でも、ここで長谷川がショックのあまり、自分のプレーができなくなるとしたら、
言っては悪いですけど、長谷川はそこまでの選手だという事です。
そうならないように、気持ちを切り替えて頑張って欲しいです。
まだプロ2年目の選手にとっては、あまりに重いものを背負ったと思いますが…

その長谷川も含めて、打線の奮起を今日こそ!と期待しましたが、
結果的には、高卒ルーキー・唐川の初先発・初勝利という
派手なデビューの引き立て役になってしまいました。
ホークス打線が「初もの」に弱いのは、今に始まった事ではありませんが、
今日はその究極ではないでしょうか。
何せ、唐川から7イニングで、わずかに散発の3安打しか打てませんでしたから。
プロ野球の歴史の中で、ついに「平成生まれ」の勝利投手が出ました。
その歴史の1ページに、こんな形でホークスが関わろうとは…

大場とのルーキー同士の投げ合い。
しかし、大学卒ルーキーで、先にプロ初勝利も飾っている大場にしてみれば、
先輩としての意地があったはずです。
事実、中盤までは何とか頑張っていましたが、唐川との勝負には敗れました。

打線はまたもゼロ行進を続けましたが、
最後の最後に松中のタイムリーが出て、3試合連続の完封負けは免れました。
しかし、この目を覆うばかりの打線の不調が、
そのままチームの不調につながっている事は、
火を見るよりも明らかです。

ケガ人続出、打てない打線、踏ん張りきれない投手陣…
何かもう「流れが悪い」とかいう一言では表現しきれないような
状態に嵌っています。

これで4連敗。
相変わらずの5位停滞で、気がつけば、最下位のバファローズとの差は、
2ゲーム差に過ぎません。
'99年に日本一になった年からのホークスファンである私は、
4月にこんなに弱いホークスを見た事がありません。
いつも開幕直後はダッシュを決めるホークスのイメージしかありませんでした。
それもそのはずです。
4月の月間負け越しは、'98年以来だというのですから。
私と同じく、ホークスが強くなってからファンになったという方も多いと思いますが、
今のホークスを信じれらないような思いで見ているのではないでしょうか。

「ホークスはこんな弱いチームじゃない!」
「ホークスの力はこんなもんじゃない!」

はずなのですが…
今の結果では、その言葉も説得力が薄いと思うのが、
正直なところです。

でも、チームがどんな状態にあろうと、
ファンにできる事は、信じて応援する事だけです。
今が本当に底だと思います。
ならば、あとは這い上がるだけ。
でも、いつまでも這い上がってこれないのでは困ります。
何がきっかけになるのかわからないけれど、
何か上昇するきっかけが欲しいですね。

それにしても、これだけ故障者ばかりの状態で優勝したら、
ある意味では史上最強のチームかも…

by takanomichi | 2008-04-27 00:58 | Hawks 2008
2008年 04月 25日

またもや雨の木曜日

仙台も雨でしたねえ。
3カード連続ロードの最後は、中止という事になりました。
今日こそは連敗脱出して、いい流れで福岡に帰って欲しいと思っていましたが、
その反面、正直ちょっとホッとしている自分もいます(苦笑)
だってねえ、相手がほとんど地元で負けていない事や、
岩隈が先発という事を考えると、
どうしてもちょっと弱気になってしまいましたね…

まあ、中止になってしまったものは仕方ないですね。
ただ、2週続けて木曜日の試合が中止…
続けて先発を飛ばされたガトームソンにとっては、気の毒でしょうけど。

王監督と主力選手は、急遽空路で福岡に帰ったという事ですし、
地元で一晩ゆっくり休めて、いいのではないでしょうか。
とりわけ、家族がいる選手にとっては、いいでしょうね。

明日からは、久々の福岡で、マリーンズを迎えます。
なんでも、この3連戦のどこかで、マリーンズの高校卒ルーキー・唐川が
先発するという話も出てますね。
いかにルーキーといえど、一軍の試合に出てくる以上、
それ相当に実力を持っているとは思いますが、
それにしても高卒ルーキーの相手とは、
ホークス打線もなめられたか、という感じがします。
ここはひとつ、ルーキーにプロの厳しさを味わってもらうべきですな…

では、例によってイーグルス戦の結果とトピックスだけ…

4/22(火) 対イーグルス 第4回戦(クリネックススタジアム宮城)
 イーグルス 4 - 3 ホークス
またもMK砲アベックアーチ! しかし試合は1点に泣く
大事なところでホークスにバッテリーミス 勝負の分かれ目に
パウエル、制球に苦しみ移籍後初黒星

4/23(水) 対イーグルス 第5回戦(クリネックススタジアム宮城)
 イーグルス 4 - 0 ホークス
またもや拙攻で、永井に完封を許す
どうした大隣 2連勝の後3連敗
何と6年ぶりの借金2 何と7年ぶりの5位転落

4/24(木) 対イーグルス 第6回戦(クリネックススタジアム宮城)
 雨のため試合中止

by takanomichi | 2008-04-25 00:01 | Hawks 2008
2008年 04月 24日

うーん…

ホークスが「5位」
新聞に載っている順位表を、何度見直しても
「5位」…
こんな順位に立ったのは、いつ以来の事でしょうか。
(聞けば、ダイエー時代の2001年4月以来、7年ぶりだとか。)

今季、開幕のイーグルス3戦を、華々しく全勝で飾ったホークスですが、
イーグルスが、きっちりそのお返しをしようとしています。
というか、この2戦は、ホークスの「自滅」という感じがしますけどね。

一昨日の試合では、バッテリーミスが、
やらなくてもいい点をやってしまうきっかけになり、
それが勝負を分ける事になってしまいました。
昨日は昨日で、打線が2度の満塁のチャンスを潰すなど、
相変わらずチグハグな攻撃…
何かもう、今のホークスは、自らどつぼに嵌っているような気がします。

この状況を打開しようと、選手も首脳陣も躍起になっているかも知れませんが、
そうしようとすればするほど、空回りしそうな気がします。
こんな時は、いい意味で開き直る事が必要ではないでしょうか。

今日の相手の先発は、今季絶好調の岩隈。
普通に考えれば苦戦が予想されますが、開き直ってしまえば、
相手が誰であろうと同じ事です。

とりわけ、若い選手は、ここぞとばかりに奮起して欲しいものです。
その意味では、初の1軍戦出場から2試合続けてヒットを打っている
長谷川あたりに期待してみたいです。

開幕当初は素晴らしかった大場や大隣も、
ここにきてちょっと翳りが出てきたかな…
でも、まだまだ次の登板に期待は持てますしね。

長いロードも、今日で終わり。
勝って締めくくろう!

by takanomichi | 2008-04-24 08:51 | Hawks 2008
2008年 04月 21日

もどかしい思い…

しばらくまともに更新できそうにないので、
携帯からサクッと…

このファイターズ3連戦、
3タテは免れたものの、またもカード負け越しで、勝率は5割。
なかなか、首位をとらえられませんねえ。

ただ、昨日の試合は、和田にようやく白星がついたので、
それはよかったですね。
松中も3打点といい仕事をしました。
今季は一発が少ないけど、こうして大事なところでつないでくれれば、
それはそれで良しですね。

とはいえ、ホームランが少ないのは、ホークス全体に言える事。
今回の3連戦のように、相手のホームランばかり見せられるのは、
ちょっとねえ…

何かにつけてもどかしい思いがしますが、
そろそろ浮上のきっかけをつかんで欲しいものです。

追記:
ファイターズ3連戦の結果とトピックスだけでも。

4/18(金) 対ファイターズ 第4回戦(札幌ドーム)
 ファイターズ 3 - 1 ホークス
開幕投手同士の投げ合い 杉内、一歩及ばず
鷹打線、ほぼ無抵抗の散発3安打
恐ろしや、ダルビッシュ…一体いつ負けるのか?

4/19(土) 対ファイターズ 第5回戦(札幌ドーム)
 ファイターズ 4 - 2 ホークス
10安打10残塁の拙攻…ハム投手リレーに要所を締められる
大場、またしても手痛い一発を浴びて2敗目
今季早くも3度目の3連敗で、またも借金生活突入

4/20(日) 対ファイターズ 第6回戦(札幌ドーム)
 ホークス 4 - 2 ファイターズ
和田、終盤に2発被弾も、左ヒジ手術後初勝利!
小椋-ホールトン 新しい勝利の方程式確立!
松中、先制、中押し、ダメ押しの価値ある3打点!

by takanomichi | 2008-04-21 12:05 | Hawks 2008
2008年 04月 17日

恵みの雨になるか?

4/17(木) 対バファローズ 第6回戦(スカイマークスタジアム)
 雨のため試合中止

大阪は今朝から強い雨が降っていました。
これは今日の神戸での試合は無いかなと思っていましたが、その通りに。
14時には早々に中止が決定したとの事です。
ホークス戦を生で見れる機会が少ない神戸の方にとっては、
残念だったでしょうけど…

とはいえ、この中止はホークスにとって良かったのではないかと思います。
現在、3カード連続ロードの最中。
当初の予定なら、明日、当日移動で札幌へ向かうところでしたが、
今日、中止が決定するやいなや、神戸を飛び立ち、札幌に着いたとの事。
これなら選手達も今晩ゆっくり寝られるし、いい中休みになったと思います。
恵みの雨になるといいんですけどね。

ただ、関西人の私にとっては、今日予定されていた試合が、いつに組み込まれるのか
気になるところ。
予備日もないし、オリックス球団からまだ発表もないなと思いつつ、
バファローズの日程表を見てみると…
あくまで私の予想ですが、9月19日に組み込まれるのかな、と思います。
そうなるとホークス戦4連戦になります。
ただ、その場合、バファローズが12連戦になるだけに、そういう日程を組むか、
疑問は残りますが…
まあ、今年は北京オリンピックの影響で、8月の試合数が少ないので、
各チームとも、9月の勝負どころは厳しい日程になりそうですね。

そんなわけで、今日は試合も無いので、こんな写真でも↓


b0040114_2311164.jpgうちの近所にあるソフトバンクの携帯ショップですが、
何と「阪神タイガース応援フェア」をやっています…

b0040114_2313490.jpgそして、こんなタイガースバージョンの携帯まで…
それでいいのか、ソフトバンクよ…(悩)

by takanomichi | 2008-04-17 23:02 | Hawks 2008
2008年 04月 17日

報われない好投…

4/16(水) 対バファローズ 第5回戦(京セラドーム大阪)
 バファローズ 2 - 1 ホークス
大隣、散発3安打の完投も、打線の援護無く敗れる
遅すぎた反撃 最終回、あと一歩届かず

昨日に続いて今日も観戦に行きたいところでしたが、仕事の都合でそれも叶わず。
しかも試合が終わったのが早かったので、中継さえ見れない有様でした。
なので、今日の試合について、あまり多くは語れませんが…

まあ、何と言っても大隣がこれだけ頑張ってくれたのに、
敗戦投手というのは、可哀相ですね。
8イニングを一人で投げ切り、2失点。
打たれたヒットは僅かに3本。
三振も8つ奪いました。
ただ、打線の援護を得られず、無念の黒星…

言い方は良くないですが、今日のホークス打線は大隣を「見殺し」にしてしまいましたね。
7安打を放ち、何度かチャンスは作ったものの、
ヒットでチャンスを作ったのが、全て2アウトから。
これでは小松を攻め切れなかったのも、致し方なしか。

最終回に柴原のタイムリーでようやく1点を返しましたが、
これも2アウトからの3連打でしたね。
なおもチャンスというところでしたが、松田がセカンドゴロに倒れ、万事休す…
まあ、負ける時というのは、得てしてこの様に投打が噛み合わないものですが、
それにしても、大隣にとっては気の毒な試合になりました。

勝利投手になった小松は、プロ通算3勝の全てがホークス戦だとか。
何か、また苦手投手を一人作ってしまったような気がします…

前日の快勝の勢いもしぼんでしまいそうな感じですが、
このバファローズ3連戦が終われば、次は札幌に乗り込んで、
上位にいるファイターズを叩かねばなりません。
その為には、明日の神戸での試合を何とかものにして、
再び勢いをつけてもらいたいものです。

by takanomichi | 2008-04-17 00:20 | Hawks 2008
2008年 04月 16日

MK砲爆発で関西初戦快勝!

4/15(火) 対バファローズ 第4回戦(京セラドーム大阪)
 ホークス 7 - 3 バファローズ
松中・小久保のドデカいアベックアーチで快勝!
終盤に打線爆発! 川崎、決勝のタイムリー!
パウエル、粘りの投球で移籍後初登板を白星で飾る!

待ちに待った、今季初めての関西でのホークス戦。
仕事が終わると、ダッシュで京セラドームへ行きました(笑)

が、スタンドに入ると、パウエルが2本のホームランを打たれ、
2点を失った後でした。
何か嫌な感じだなあと思いながら試合を観始めました。
事実、中盤まではホークスにとって重苦しい展開で進んでいったのですが…

そんなわけで、いつもよりちょっと簡素化してますが、観戦記なんぞを…

写真もいつもより少なめ・・・でもないか(笑)↓

by takanomichi | 2008-04-16 01:14 | プロ野球観戦記2008
2008年 04月 14日

激闘の末の連勝! ここから一気に上昇の予感

4/12(土) 対ライオンズ 第5回戦(ヤフードーム)
 ホークス 8 - 5 ライオンズ
出たぞ! 小久保復活の今季初アーチは決勝の3ラン!
遅咲きの桜咲く! 小椋、プロ10年目の初勝利!
ホールトン、完璧な内容で来日初セーブ! 新ストッパー誕生だ!

4/13(日) 対ライオンズ 第6回戦(ヤフードーム)
 ホークス 5 - 4 ライオンズ
シーソーゲームは仲澤のサヨナラヒットで決着!
小久保、1500試合出場達成に、自らの同点タイムリーで花添える!
多村、3号アーチ! 松中、先制タイムリー! TMK砲がノッてきた!

この2日間、金曜日の嫌な負け方の鬱憤を晴らす連勝!
…なんですが、まあ見ていてハラハラし通しでしたねえ。
2日続けて、追いつ追われつの激しい展開の試合。
何かいろんな事があり過ぎてもう…
本当は書きたいこともいっぱいあるのですが、
いつもの調子で2試合分書いていたら、
この時間からじゃ朝になってしまいそうですよ(笑)

とにかく、小久保に一発が出た事で、チーム全体が一気に変わったような気がします。
松中に今季初アーチが出た時も、チームの雰囲気が変わったように感じられましたが、
小久保にもそれが出た事で、決定的になったように思います。
ようやく役者が揃ってきて、本来のホークスになってきたような感じです。

日曜日の試合でもタイムリーを放ち、1500試合出場を飾りましたが、
このタイムリーは、その前に足に死球を受けた松中が、
足の痛みにもめげず激走し、生還したものでした。
これは、明らかにホークスの戦う姿勢が変わってきた、
チームが一つになってきたという事を感じずにいられません。

それを思わせるもう一つの根拠として、
土曜日の試合で小久保の決勝3ランが出る前の打席の事があります。
1点ビハインドの場面。
死球で出塁し、送りバントで2塁に出ていた小久保。
そして次の瞬間、目を疑うような場面が…
何と小久保が3塁へ盗塁を試みたのです。
誰もが予想しなかったこの盗塁が、ライオンズの捕手・細川の悪送球を誘い、
小久保は一気に生還して、試合は同点に。
この小久保の積極的な姿勢が、チーム全体を目覚めさせたような気がするのです。
事実、この試合は、井手・田上・仲澤といった若手選手の活躍が目立ちましたしね。

そして投手陣もよく頑張ってくれた2日間でした。
どちらも、先発した大場・和田がピリッとせず、
味方が追いついてもまた追いつかれたり勝ち越されたりを繰り返す、
嫌な内容でした。
しかし、その後を継いだリリーフ陣が、予想以上の頑張りを見せてくれました!

土曜日の試合で、見事な火消しを見せた小椋。
プロ入り10年目にして、やっと白星を掴む事ができました!
もともと球威には定評があったものの、コントロールに苦しみ続け、
ケガとの戦いもありました。
それが、この試合はコントロールも良く、
立派にセットアッパーとして起用できる目処が立ってきました。

そして、この日の最後を締めたホールトン。
こちらも、前日の初登板よりもさらに良い内容でした。
2イニングを完璧に抑え、来日初セーブ!
ニコースキーのファーム落ちで、抑え役は誰になるのか、
ルーキーの久米かとも思いましたが、
これだけ安定感のある投球を見せられたら、新ストッパーはホールトンで決まりでしょう。

そして日曜日の試合も、和田の後を継いで、3連投となった小椋がしっかり締め、
さらに久米も、思い切りのいい投球でライオンズに追加点を許しませんでした。
そして、9回裏、2アウトながら1・2塁のチャンスで、
打席に立った仲澤。
このところ、打撃好調だっただけに期待していましたが、
見事にそれに応えるサヨナラタイムリー!

この2日間、本当に苦しい戦いを制した事は、チームにきっと勢いをつけるでしょう。
そして、小久保の復帰や小椋、ホールトン、仲澤といった、開幕時はいなかったメンバーの台頭で
チームは明らかに、良い方向に変わってきました。
混戦のパ・リーグにあって、ここから一気に抜け出しそうな、
そんな予感を抱かせる2試合でした。

1日置いて火曜日からは、大阪・神戸でのバファローズ戦。
今季初めての関西エリアでの試合、期待してるで!

追記:
日曜日の試合は「川崎応援デー」。
当の本人は2安打に2四球で4度の出塁と、まずまずの活躍でした。
金曜日の「松中応援デー」も本人はまずまず活躍したし、
こうなったら、毎試合、誰かの「応援デー」にしましょう(笑)

by takanomichi | 2008-04-14 01:07 | Hawks 2008
2008年 04月 12日

ちぐはぐなのも度が過ぎる…

4/11(金) 対ライオンズ 第4回戦(ヤフードーム)
 ライオンズ 8 - 3 ホークス
杉内、12個の三振を奪いながら、自己ワーストの8失点
鷹打線、拙攻にも程がある…15安打放つも13残塁
投打がまったく噛み合わず、またもや借金生活に

「前日の快勝の勢いで首位叩き!」と大いに期待した一戦でしたが、
結果は見るも無残な事に…
「どうやったら、こんなちぐはぐな試合ができるの?」と言いたくなりました。

敗れた原因を挙げだせば、いろいろとありますが、
やはり、まず杉内のピッチングですよね。
とにかく波があり過ぎました。
三振を取るか、連打を浴びるか、どっちかという極端な内容でした。
7回途中までに12個の三振を奪う一方で、
ひとたびピンチを迎えると歯止めが効かず、
結局10安打を打たれ、失点は自己ワーストとなる8失点。

不安定な杉内の投球内容に加え、守りも杉内の足を引っ張る場面が目立ちましたね。
3回表の井手の落球とか。
(井手は、先日のバファローズ戦でも守りでミスしたし、どうしてしまったんでしょうか?)
また、降板直前に取られた2点は、G.G.佐藤の打ち上げた球を、仲澤と柴原がお見合いするような形になり、
結局2人の間に球がポトリと落ちて、その間に2人のランナーが生還したというものでした。
記録上エラーではないとはいえ、何とも拙い守りでした。
この2失点で、止めを刺された感じになりましたしね。

打つ方は打つ方で、負ける時のお約束「拙攻」だったわけですが、
今日はその極みでした。
毎回の様にヒット積み上げ、結局打ちも打ったり、15安打。
しかし、ランナーを塁上に貯めては凡打でチャンスを潰すの繰り返し…
結局、残塁数は実に13に上りました。
そりゃ点が入らないわけですよ…
序盤は上手く打線がつながって得点しましたが、3回以降はサッパリ。
4回裏、1アウト満塁でこのところ好調の仲澤に打順が回りましたが、
結果は「ダブルプレーを取って下さい」と言わんばかりの、セカンド真正面へのゴロ。
あれは、今日のホークスの攻撃を象徴するようなシーンでした。

投打ともに、これほどまでにちぐはぐになる試合なんて、そうそう無いですよ。
テレビで見ていた私ですらイライラしたのだから、
球場で見ていた人なんて、ストレス溜まりまくりだったでしょうね。
結局、10安打のライオンズより多くヒットを放ち、
三振もライオンズからなんと16個も奪いました。
これでなぜ負けたのか、不思議で仕方ない(悲)

ただ、希望の光が見えた場面もありました。
8回に新外国人投手・ホールトンが、来日公式戦初登板。
三者三振という見事な日本デビュー!
長身から投げ下ろすストレートは、結構威力があるようですし、
チェンジアップも決まっていました。
今日の1試合だけで、あまり過剰に評価する事はできませんが、
上手くすれば、貴重な中継ぎ投手になってくれるかも…

9回に登板した、これまた今季初登板の小椋も良かったですねえ。
元々、ストレートの威力は文句無しですが、
今日はコントロールもまずまずで、きっちり三者凡退で1イニングを抑えました!

この2人に藤岡を加えた一軍昇格組が、リリーフ陣を立て直してくれたら…
そんな期待がかかります。

「打線もチャンスを作るところまではつながるので、あとは決定打さえあれば」
「中継ぎ投手陣は新しいメンバーが良さそうなので、あとは先発投手が頑張れば」
そう考えてみると、まだまだ前向きになれます。

そうそう。今日は「松中応援デー」という事で、
松中が打席に入ると、スタンドでいっぱい旗が振られていましたね。
その松中は、3安打&犠牲フライの1打点と、
応援デーにふさわしい活躍ぶりでした。
打率も3割を大きく超え、いよいよ復調ですね。
あとは、復帰したばかりの小久保にエンジンがかかってくれば、
一気に流れが良い方向に向かうでしょう。

これ以上ライオンズを走らせないためにも、
土日の試合は大場・和田でしっかりものにして欲しいです。

by takanomichi | 2008-04-12 01:30 | Hawks 2008