<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 19日

京セラドーム大阪 ホークス3連戦

皆様、本当にお久しぶりです。
何ヶ月もこのブログを更新してませんでしたが、久々に更新します。
実は、ホークス日記はmixiの方で書いていて、ハンドルネームも新しくしています。
以来、こちらの日記を更新する事はありませんでした。
でも、今日はこちらでも書きたい内容があるので、久々に書きます。

この金・土・日と、京セラドーム大阪で行われた、バファローズvsホークスの3連戦。
3日とも観戦に行ってました。
土日は行く事は前々から決めていましたが、金曜日も運良く休暇が取れたので、
3日とも行く事ができました。

もちろん、それはホークスを力一杯応援するため。

今シーズンは日程の関係で、7月だというのに、この3連戦が京セラドームでの試合の最後になるのです。
(秋にCSが行われない限りは)
そういう事もあって、GWに来た時は内野席で観戦しましたが、今回はレフトスタンドで思い切って声を出して応援しよう。
これも前々から決めていました。

とにかく、目一杯、声と手拍子で盛り上げよう。
そういう思いでした。
メガホンも、一応鞄の中に忍ばせてはいましたが、使う事はありませんでした。

関西以外の地域の球場に行く事が少ない自分にとっては、関西のホークス応援が、
福岡や関東や札幌や仙台とどう違うのか、体感する事はできません。

だけど、これだけははっきり言えます。

「関西のホークス応援は熱い。本当に熱い。」

レフトスタンドにいたらそれを体感します。
みんな力一杯の声を出す、叫ぶ。
みんな手拍子で盛り上げる。
試合の最初から最後まで、そのパワーが衰える事は無い。

それは誰かに強制されてやるものではない。
みんな自然とそういう行動に出る。
何がそうさせるのかはわからない。
だけど、自然とみんな熱くなる。

不思議な場所、それがレフトスタンド。

そして、この3連戦は、レフトスタンドだけでなく、3塁側内野席にも
多くのホークスファンが集まっていました。

みんなの声援で選手達を後押ししようと頑張りました。

そして結果は・・・見事な3連戦3連勝!


■スコア詳細
 7/16(金) ホークス 6-1 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 
 7/17(土) ホークス 9-2 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 
 7/18(日) ホークス 4-2 バファローズ
 (日刊スポーツ スコア詳細)
 

金曜日は5回に集中打を見せ、投げては大隣が序盤もたつきながらも、結局は6回を無失点。
土曜日は序盤から打線爆発。和田が貫禄の投球で圧勝。
と、ここまではある程度期待していましたが、問題だったのは日曜日。
相手の先発はホークスを得意にしている近藤。
対してホークスの先発は今季初先発となる陽。
客観的に考えて苦戦は免れない。
しかし、その試合も一時はリードを許したものの、見事な逆転勝ち。

何て言うのだろう。
思い込みかもしれないけど、関西の熱いファンの声援が、
ホークスの選手達に不思議な力を与えているかも知れない。

少なくとも、自分達はそれを信じて応援している。

ホークスの今季の関西でのバファローズ戦成績は、ここまで7勝1敗1引分。
その好成績と、関西のファンの声援のパワーは無関係ではないと思う。

声の力。気の力。
自分達の力が、ホークス選手の力になり、この3タテという結果につながったのなら
こんなに嬉しい事はない。


この3連戦、オリックス球団は「大坂夏の陣」と題して、限定の赤いユニフォームを着用して臨む気合の入れようでした。
しかし、結果は「返り討ち」を喰らわせました。
それもこれも、チームとファンが一つになった結果。
自分はそう思ってます。


それにしても、土日の試合は多くのそういう熱いファンが集まるので、レフトスタンドの応援団の近くの席は、すぐいっぱいになってしまいます。
だから、早くから順番取りに動く必要がありました。
(京セラドームの外野席は全て自由席)
自分も朝早くから球場に出向きました。
そしてその後に試合で力一杯応援。
体力的には正直きつかったです。
3戦目の最後の方は、かなりしんどかったです。
でも、それも3連勝で心地のいい疲れになりました。

夢のような3日間でした。

そして、この関西での勢いそのままに、ホークスは今日、福岡での「鷹の祭典」の試合も圧勝。
本当に嬉しい事です。

今季、関西で残すホークス戦は9月の神戸での3連戦。
3戦全て行くのは厳しそうだけど、もう一度レフトスタンドで応援したい。
そう思いました。

これからも、熱くホークスを応援し続けます。

by takanomichi | 2010-07-19 23:56 | Hawks 2010