それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 01日

WBCムード 一気に加速

この2週間ほどの間、更新できてませんでしたが、
ちょうどこの間にWBC関係でいろいろな動きがありましたね。
宮崎での合宿、最終メンバー決定、強化試合…
そして3/5にはいよいよ第1ラウンド開始という事で、
何かあっと言う間にムードが盛り上がってきた感じです。

我らがホークスからは当初5名のメンバーが選出されていたわけですが、
最終メンバー選考の段階で、松中と和田が残念ながら落選
なってしまいました…

今回4番を務める稲葉が「つなぎの4番」という言い方をされていますが、
前回のWBCでまさにこの役割を果たしたのが松中だったわけです。
ですから、今回も最終メンバーに選出されるのは間違いないと思ってましたが、
左アキレス腱の負傷が災いしたか、まさかの落選…
この負傷の原因が、一部報道で言われたように、スパイクが合わなかった事による
靴擦れだったとしたら、本当にやりきれないですね。

落選が決まった時のインタビューでも、動揺した様子がありありでしたね。
「ケガは関係ないです。それを言われるならショックです」
と言ってましたが、ケガでなく実力で落ちたと言われる方がショックでは?
…なんて考えたのですけど、あれは「ケガをした現実を受け入れたくない」
という思いから出た言葉なのかも知れませんね。

和田は前回のWBCも経験し、オリンピックも2度経験しているし、
国際試合には慣れているので、こちらもまさかの落選でした。
松中と違って故障が原因とかではないし、どうも合点がいきませんねえ。

とは言え、それはとっくに過ぎた事で、今はもう2人とも
チームに戻って練習しています。
図らずも、和田はWBCに出場しなくなった事で、
4/3の開幕投手になる可能性が非常に高くなってきました。
調整も万全にできると気持ちを切り替えて、
シーズン開幕に向けて万全で臨んでもらいたいです。

最終メンバーに残った3人には、本当に頑張ってもらいたいです。
杉内は、好調を維持しているようで、中継ぎでの起用が言われていますけど、
当然先発の期待もかかります。
馬原は、ほとんど存在感のなかった前回のWBCの時と違い、
藤川と並ぶ日本のストッパーとして大いに期待しています。
川崎は、今回は基本的には控えに回るのかな…
でも、試合の後半で走れる選手を起用できるメリットは大きいはずです。
与えられた持ち場で、力を存分に発揮して欲しいです。

さて、「侍ジャパン」(←どうもこの言い方がまだしっくり来ませんが…)は
昨日のライオンズ戦で大敗した事で、大丈夫か?という論調の報道が
多いようですが…
私に言わせてもらえば「騒ぎ過ぎ」です。
今はまだ「練習試合」の段階ですから。
今のうちに課題をいっぱい出せばいいのです。
実際に、結果の出なかったダルビッシュやイチローという選手達にも
不安や焦りの様子はありませんし。
心配する事はないでしょう。

どっしり構えて、3/5を迎える事にしましょう。

by takanomichi | 2009-03-01 12:15 | WBC 2009


<< 「秋山ホークス」地元初勝利!      時代は変わる 芝も変わる >>