それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 04日

大差の快勝と小差の快勝

WBC1次リーグ 第2戦
[3/4・東京ドーム] 日本 14-3 台湾 (7回コールド)

いやあ、2日続きの大差勝ちで、本当に気分がいいです。
しかも、全く試合を見られなかった昨日とは違って、
今日は試合開始から終了まで、フルタイム中継を見ていましたから(笑)
それにしても、思っていた以上に差がついた試合になりました。
これで韓国と共に、早々と1次リーグ通過決定!
明日はその韓国と1位通過を懸けて戦います。
こうなったら全勝あるのみです!

ポイントの一つは、初回の多村の一発ですね。
あの3ランが今日の日本チームに勢いをつけた事は間違いないでしょうから。
その直前に出た西岡の三盗が、相手投手にプレッシャーを与え、
この一発を引き出したのかも知れません。

その後も川崎のタイムリーなどで着々と加点した日本打線は、
5回に大爆発。
里崎・西岡のマリーンズ勢のタイムリーなど、
5安打を浴びせ、一挙6点を追加!
台湾の四球連発やボークなど自滅的なプレーにつけ込み、
一気に勝負を決めてしまいましたね。
その後も7回に松中に待望のタイムリーが出るなど、
結局終わってみたら15安打14得点の猛攻!

打線については、もはや文句なしの状態。
心配なのは今日先発で投げた松坂です。
初回は四死球連発、2回は2本のヒットを許し、立て続けにピンチを招きました。
初回はダブルプレーでピンチを脱しましたが、
2回は投球時にボールがすっぽ抜けるような信じられないボークで失点…
何とか4回までこの2失点で投げ抜きましたが、
コントロールが定まらず、良い投球内容とは言えませんでした。
第2ラウンドでもこの人がこんな調子のままだと、苦戦は必至。
復調を願います。

3番手で投げた小林宏之も良くなかったですね。
台湾打線に連打を浴びて2失点。
暴投などバッテリーミスも絡んで、苦しい投球でした。
2番手の薮田と最後を締めた藤川は、上々のピッチングでしたけどね。

ホークス勢は、松中は上記のダメ押しのタイムリーを含む
2日続きの2安打。
川崎も3回に見事なタイムリーを放つなど、
2人ともしっかり勝利に貢献してくれました!
あと、相手の台湾チームの2番手投手として、
今年のホークスのルーキー・陽耀勲が投げましたね。
2本の被安打と四球で満塁のピンチを作ってマウンドを降りる事に
なったのは、ちょっと残念というか何というか…複雑です(苦笑)

圧勝には違いありませんが、
今日は台湾野手陣の守りのミスで、投手の足を引っ張ったりといった
ところにも助けられたところがありました。
明日の韓国戦は、こうはいかないでしょう。
これまでとは違う緊張感の高い試合になりそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホークスオープン戦
[3/4・ヤフードーム] ホークス 2-0 ジャイアンツ 

オープン戦7試合目にしてやっと勝ちました…
とりあえずホッとしましたよ。
と言っても、私は試合を見たわけではありませんが…
そもそも、うちのテレビではG+の中継も見られませんし(悲)

だからというわけでもありませんが、
この試合が行われている時間、
私は大阪ドームで、バファローズvsタイガース戦を観ていました。
そちらの方は、あらためて観戦記をupしたいと思います。

毎年恒例、福岡でのホークスvsジャイアンツのオープン戦。
土日でホームとビジターを入れ替えて行う2試合ですね。
そんなわけで、今日は場所がヤフードームであるにも関わらず、
ホークスは黒のビジターユニ着用で先攻でした。

対するジャイアンツ。先発投手は何と工藤
ホークス打線はその立ち上がりを攻め、
初回は2塁打で出た本多を、カブレラの犠牲フライで返して先制。
2回は松田のタイムリー3塁打で、1点を追加。

そしてホークス投手陣が頑張ってジャイアンツ打線を完封し、
ルーキーの活躍で上げたこの2点を守りきって、今季オープン戦初勝利!
ジャイアンツ投手陣も、この2点以外点を許していないのですが、
何とかホークスが接戦をものにしました。

投手陣みんな頑張りましたけど、一番の立役者は、
エース・斉藤和巳ですね。
先発して5回を4奪三振の無失点!
あとは藤岡・篠原・佐藤・馬原とつないで完封リレー!
打線は8安打を放ちながら、3回以降は無得点という繋がりの無さが
気にはなりますが、投手陣は上々。
この勝利で弾みがついてくれると良いですね。

by takanomichi | 2006-03-04 23:39 | WBC & Hawks


<< 悔し過ぎる敗戦      歓喜と落胆 >>