それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 14日

すっかり乗り遅れました…

国外ではWBCも2次リーグが始まり、国内ではオープン戦もたけなわのこの頃、
ちょっと更新する時間が取れずに、野球の話ができなくてウズウズしておりました。
で、やっと今日時間が取れたのは、
風邪で1日休んでいたからです… _| ̄|○

というわけで、まだ本調子ではないので、
久々の更新ですが、簡単に書かせて頂きます。
何せ、WBCで何も言わずにおれない事が起こりましたからね。
って、その話題をするにはすっかり乗り遅れましたが…(悲)

・・・・・・・・・・・・・
WBC2次リーグ 第1戦
[3/12(現地時間)・アナハイム] アメリカ 4-3 日本 

イチローの見事な先制の一発。
川崎のこれまた見事な2点タイムリー。

ここまでテレビで見て出勤したのですが、
まさか結末はああいう事になろうとは…

もう既に皆さんご存知でしょうし、ニュース等でも何度も映像が流れていましたが、
勝敗を左右したのは、あの「疑惑の判定」に他なりません。
タッチアップって、野手が捕球する時、ベースから足が離れていなければいいんですよね?
いつから「塁上で体を静止していなくてはならない」というルールになったのでしょうか?
と言いたくなるような判定でしたね。

ああいう形で判定が覆る事があってはならないですよねえ。
日本のプロ野球でも時々その手の問題が起こりますが、
アメリカでもそういう事が起こるとは…
「誤審」とかいうレベルを超えてますね。

まあ誤審そのものも大問題ですが、
裁いたのがアメリカの審判であった事から、さらにきな臭い話も出てきます。
もうこういう事態を防ぐには、サッカーの様に
国際試合では中立国の審判が裁くようにするしかないでしょうね。

勝てるチャンスは十分にあったのに…
惜しいのは、打線は後半にチャンスを掴めなかった、
掴んでも点にできなかった事ですね。
清水藤川が打たれた事は、もう仕方ありません。
清水は、あの投球動作に対する注意(これも納得いきませんが)で
リズムを崩した事もあったかな。
先発・上原は本当によく投げてくれました。
その好投が報われなかったのは、本当に残念です。

残り2試合、絶対負けられなくなった王ジャパン。
まあ、これだけアメリカを苦しめた力があるという事は、
日本はこの2次リーグ、残り2試合をかなり優位に戦えるのではないか。
そんなふうにプラスに考えようと思っていたら…
何と、今日の試合で韓国がアメリカに勝利!
2次リーグの最後はこの韓国と戦うわけですが、
今の韓国はアメリカ以上に脅威ですね。
特に李スンヨプ、ホームラン打ち過ぎです…

・・・・・・・・・・・・・

ホークスオープン戦
[3/11・広島市民球場] ホークス 6-5 カープ 
[3/12・尾道球場]   カープ  6-4 ホークス 

このカープ2連戦、今のホークスの現状をわかりやすく表しています。
土曜日はズレータの2本のアーチで快勝!
日曜日は若手選手による守りのミスが響き、追い上げ空しく敗戦。
「ホームランが出ないと点が取れない」
「若手を積極的に起用も伸び悩んでいる」
これが今のホークスの現状です。

と、昨日まではそんな事を思っていましたが…

[3/14・浜松球場] ホークス 5-2 ドラゴンズ 

今日は打線が繋がりを見せ、5得点。
なかなか結果が出ずに苦しんでいた城所に、
オープン戦初タイムリーが出たのは好材料です。
投げる方では、新垣が6回1/3を被安打4の1失点にまとめました。
今の調子だけでいえば、先発陣ではいちばんいいんじゃないかな?

by takanomichi | 2006-03-14 22:53 | WBC & Hawks


<< 非常に簡単に…昨日のWBC &...      ベテラン安泰…なのか? >>