それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 07日

ミスでみすみす敗戦…

[6/6のホークス] 交流戦 対ベイスターズ 第2回戦(ヤフードーム)
 ベイスターズ 5 - 2 ホークス 

バッテリーミス、バントミス、フォアボール…ミスが響き連敗を喫する
新垣、力投続けるも最後に力尽きる リリーフ陣も救えなかった
首位マリーンズと4.5ゲーム差 下のイーグルスとの方が近いぞ…


くだらない駄洒落のタイトルですが、まさにその通りの試合でした。
珍しく仕事が早めに終わったので、試合の中盤からテレビ観戦していたのですが、
様々なミスで失点したり、チャンスを逃したりするところを見せつけられて…
おかげで晩酌の不味いこと(苦笑)

1-1の同点で迎えた6回表、2アウトながら満塁のピンチ。
ここで、捕手・田上が手痛いパスボールで、ベイスターズに勝ち越しを
許してしまいました。
まずこれが第1の手痛いミス。

その裏、代打で出て3塁打を放った柴原を置いて、
田上が自らのミスを帳消しにするかのような同点タイムリー。
そこまでは良かったのですが…
続く松田がバントを試みるも
悪いバントのサンプルの様な投手への小フライで、
あっさりとダブルプレー…
結局、この回の攻撃の勢いはここでついえました。
これが第2の手痛いミス。
松田よ、バントくらいしっかり決めなきゃ、また雁の巣行きになるぞ(怒)

以前にジャイアンツのユニフォームを着て、交流戦でヤフードームのマウンドに登った工藤が、
ベイスターズのユニフォームに着替えて、また帰ってきました。
一方、迎え撃つホークスの先発は新垣。
工藤は勝ち投手の権利を得たところでマウンドを降りましたが、
田上の同点タイムリーで、それも帳消しに。
それと比べて新垣を見ていたせいか、同点の状況が続く中で、
意地でもマウンドから降りようとしないように見えました。

しかし、8回、9回あたりを見ていると、新垣の表情に、明らかに疲れが見えたのも事実。
そして、9回表に石井に2塁打を許したところで、力尽きたように降板…
お約束の暴投もあったし(苦笑)、内容のいいピッチングとは言えなかったかも知れないけど、
頑張って投げていただけに、勝利投手の権利がないまま降板したのは、気の毒でした。

しかし、本当に悲惨な場面はこの後に待っていました。
左打者の鈴木尚を打ち取るために出てきたはずの篠原が、あろう事かフォアボールを出して降板。
代わった柳瀬も、1アウト後に小池にフォアボールを出して満塁。
とにかく、きょうの柳瀬はコントロールが悪かった。
そして、下窪に対してカウントが悪くなったところで、
走者一掃の3点タイムリーを許し、試合はここでほぼ決しました…

その裏、最後の攻撃も、やはりと言うかクルーンに封じられ、
それまで6連敗していたベイスターズに連勝を許す事に。
交流戦の日程もちょうど前半を終わって、4勝8敗と4つの負け越し。
貯金は6まで減りました。
上を見ればマリーンズに4.5ゲーム差をつけられているのですが、
下を見れば、あのイーグルスが3ゲーム差まで迫ってきているのです…

かくなる上は、交流戦後半での巻き返しに期待する他ありません。
特に、カード連敗を喫したジャイアンツ戦、ベイスターズ戦では、
今度は連勝あるのみ!です。

by takanomichi | 2007-06-07 00:13 | Hawks 2007


<< サプライズの連続、そして連勝!      1日で元の木阿弥… >>