それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 28日

何じゃ、その中止理由

[7/27のホークス] 対ライオンズ 第11回戦(ヤフードーム)
 ライオンズ搭乗の飛行機トラブルによる延着の為、試合中止 

おはようございます。
休日の朝だというのに、なぜかいつもの出勤時と同じ時間に起きた鷹の道です(笑)
そんなわけで、優雅な朝を過ごしつつ、ブログ更新です。

さて、もう昨日のうちに、あちこちの野球ブログで書かれているでしょうから、
今さらという感じもしますが…
やっぱり私も書かせて頂きます。「世にも不思議な試合中止」
昨日、帰宅途中に携帯で試合経過を確認しようとした私は、
その事実を知り、唖然としてしまいました…

既に皆様もご存知でしょうが、事の経緯はこういう事でした。
この前日に所沢でナイターを終えたライオンズナイン。
この日は、午前11時35分発の全日空機で羽田を発ち、
午後1時20分には福岡空港に到着予定でした。
しかし、機体のトラブルで定刻に出発はできず。
その後、機体を修理して出発しようとするも、それもできず。

西武球団側は、他の便への振り替えを検討したとの事ですが、
夏休み期間中の金曜日で、他の便も混雑し、座席を確保できなかったようです。
何とも間の悪い…
結局、代替機で出発したのは、定刻から3時間半も遅れた午後3時6分。
福岡空港着は午後4時45分でした。

パ・リーグには「目的空港に試合開始2時間前に到着していない場合は、
雨天中止と同様に扱う」
という協定があるそうです。
今朝の毎日新聞の記事によれば、ソフトバンク球団側は、
試合開始を1時間遅らせ、午後7時にする事も検討したそうですが、
上記の協定に触れる恐れや、観客の帰宅時間への配慮、
そしてこれが第一の理由だと思うのですが、
「選手の疲労を考慮すると試合は難しい」という伊東監督の意見を尊重した
西武球団側が中止を申し入れたとの事です。
結局、ライオンズナインが出発した直後の午後3時15分には、試合中止が決定しました。
ライオンズナインの事情はわかりますが、早い中止決定には、何か腑に落ちないものを感じます…

結果論になりますが、午後4時45分着で、試合開始を7時に遅らせていたならば、
上記のリーグ協定には触れなかったし、試合決行できたのでは?と思います。
それに、昨日の予告先発は、杉内涌井だったんでしょう?
投球テンポの良いこの2人の投げ合いなら、2時間ちょっとで試合が終わりますから、
試合開始が遅れても問題ありませんぜ(それは冗談ですが(笑))

まあいずれにしても、珍しい理由での中止ですし、同時に残念ですね。
球場で観戦を予定していた方々には、ご同情申し上げます…
「金曜日のナイターだし、さぞかし多くの観衆が集まる事が見込めたのでは?」
と思ってましたが、その通りだったようです。
本家ソフトバンクのお株を奪われたような「予想外」の試合中止で、単純計算でも1億円分の売上がフイに…
ソフトバンク球団は、この日の逸失利益の賠償を西武球団や全日空に求めるのでしょうかね。
イベント保険による補償が適用されない場合は、どれだけ賠償が認められるかは別にして、
少なくとも全日空に請求する事は可能かなと思いますが…
だって、先のスポニチ記事を読む限り、全日空の対応も拙かったようですしねえ。

それにしても…
ヤフードームでの試合がほぼ全てであるホークスの主催試合は、ほとんど中止という事はありません。
あるとすれば、屋外球場での試合が天候不良で中止になる事くらいですが、
今季は熊本での試合でそれがありました。
それも今回と同じライオンズ戦…今季、このカードは何か呪われてるのか?

代替の試合日程は未定との事ですが、組み込まれるのは恐らくシーズン終盤の時期でしょう。
ホークス主催試合ではありませんが、先日の台風で、千葉マリンでのマリーンズ戦を2試合も流しているし、
シーズン終盤の勝負どころで、結構ハードなスケジュールになりそうですね…

その時になって不利を受けない為には、もう今から勝ちまくって首位に立ち、
ゲーム差を広げて、余裕を持ってシーズン終盤を迎える事。
それしかない!
…と、結局最後はいつもと同じような事を言ってしまいます(笑)

by takanomichi | 2007-07-28 09:37 | Hawks 2007


<< ホークスは好調、私はちょっと不調…      「鷹の祭典」を振り返る >>