それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 06日

そう簡単に勝ち越しさせないよ

[9/5のホークス] 対イーグルス 第21回戦(ヤフードーム)
 ホークス 5 - 1 イーグルス 
 王監督曰く「良い方の和田」が出た! 好投で12勝目!
 大村、自らの復活をタイムリーで飾る!
 多村、松中、川崎 タイムリーで効果的に加点!

[9/6のホークス] 対イーグルス 第22回戦(ヤフードーム)
 ホークス 8 - 6 イーグルス 
 一時逆転許すも、ラッキー7に怒涛の攻撃で再逆転!
 多村、待ちに待った約2ヶ月ぶりのホームラン!
 井手、価値ある勝ち越しタイムリー! 好調・松田、またも一発!

野球ファンの心理というのは、何とも現金なものです。
私は、今日は仕事中から体調がイマイチで、疲れた体を引きずるようにして帰宅したのですが、
ホークスの大逆転勝利を見たら、疲れも飛んでいきました(笑)

何はともあれ、9月の大型連戦第1弾のイーグルス2連戦。
この2連戦を含めて、対イーグルス戦は残り4戦。
1つでも負ければイーグルスの球団史上初めてのシーズン勝ち越しの相手に
なってしまうところでしたが、
そう簡単に勝ち越しを決めさせてたまりますかってんだ!

昨日の試合はあまり見れなかったのですが、和田が安定した投球をしていたようですね。
打線も岩隈を打ち崩して、着々と効果的に加点し、理想的な試合展開で
勝利をものにしました!

それにしても、ホークスと岩隈との対戦なんて、相当前までさかのぼるのでは?
と思っていたら、やはりそうでした。
岩隈が近鉄にいた時以来、実に4年ぶりの対戦。
そういえば、2004年のシーズンは、大阪ドームの近鉄vsダイエー戦で、
岩隈をなかなか見れなくて…
ローテーションからしてこの日は出てくる、
と思って観に行ったら見事に肩透かしを食らった、という事を思い出しました。
それほど対戦してなかっただけに、打線にやりにくさは無いかと思いきや、
心配無用でしたね。

そして、今日の試合。
逆転また逆転の、スリリングな展開になりました。
初回いきなり先制されたものの、多村の久々の11号2ランアーチで逆転!
と思いきや…今日のスタンドリッジは良くなかったようですね。
4回に同点に追いつかれた後、5回にもピンチを作って降板。
しかし、1アウト1・2塁の場面でマウンドに登った柳瀬が、
あろう事か、その第1球を山崎にスタンドに運ばれ、6-3と逆転を許す事に…

この辺りから私も中継を見始めたのですが、
この後も柳瀬は毎回走者を出し、球数も多く、フラフラした投球をしていましたね。
打線も、5回・6回のチャンスで点を取れず、正直、今日はヤバいかなと思っていました。
また田中に白星を献上するのか。
そしてついにイーグルス戦の負け越しが決まるのか…と思っていました。

が…
7回に1アウト2・3塁から多村の振り逃げで1点を挙げ、
(この直前の川崎の二盗が効きましたね。1塁に走者がいたら、振り逃げ自体認められなかったのですから)
田中をマウンドから引きずり下ろしました。
そしてその後に登板した有銘、永井を打ち込み、打者一巡の猛攻。
相手の守りのミスも絡み、そして代打・井手のタイムリーでついに逆転!

2点のリードを取った後は、水田→馬原のリレーでそれを守りきり、
見事にイーグルスに連勝を決めました!
もうこうなったら、月末の残り2戦も連勝して、
イーグルス戦はイーブンで終わらせますよ!

良いスタートを切ったとはいえ、連戦はこれからが本番。
しかし、大村が打線に復帰し、小久保をまだ欠いてはいるものの
ホークスは徐々に本来の姿を取り戻しつつあります。
打線は、この2戦とも12安打を放ちました。
一時の貧打状態を抜け出したと思います。

明日からは対バファローズ4連戦。
明日の先発は、先日のマリーンズ戦で好投したルーキー・大隣。
その時からちょっと登板間隔は空きましたが、
今のチームの良い波に乗って、大隣もいいピッチングを見せてほしいものです。

by takanomichi | 2007-09-06 23:16 | Hawks 2007


<< 2日続きのラッキー7!      マリーンズ戦at福岡 観戦レポ... >>