それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 19日

熱烈歓迎! 大場君

大学生・社会人ドラフト ホークス指名選手

 1巡目 大場 翔太(投手・東洋大学)
 3巡目 久米 勇紀(投手・明治大学)

今日の大学生・社会人ドラフト、ホークスは2人だけの指名でしたが、
実り多きドラフトではなかったかと思います。
何と言っても、今年の一番の目玉、大場の交渉権を獲れたのですからね!
日刊スポーツ九州では、こんな号外まで出してるし、
ちょっとハシャぎ過ぎのような感じもしますが(笑)
まあ、6球団が競合した末に、抽選で引き当てたのですからね。
それだけの大物ですから、騒ぎになるのもわかります。

先日、ここでは、長谷部(愛知工大)を1巡目で指名する見込みと書きました。
ちょっと、日刊スポーツのフライング記事にやられた気もしますが(苦笑)
なので、ホークスが大場指名でいくと知ったのは、今朝の新聞を読んだ時でした。

しかし、ここ数年のホークスは、ドラフト1巡目が競合すると、ことごとく抽選で外していたので、
少なくとも5、6球団が競合すると思われる大場なんてどうせ当たらない、と私は悲観的になっており、
外れ1位の候補選手の記事に目をやっていました(苦笑)
しかしながら王監督、よくぞ引き当ててくれましたね。
抽選で当たりを引くなんて、ホークスでは寺原の時以来じゃないかなあ。

大場の何がそんなに楽しみなのかというと、
MAX151キロに達するストレートや、切れが抜群と言われるスライダーもさる事ながら、
私がもっとも関心を持っているのは、そのタフネスぶりです。
先日行われた神宮大会で、3連投、しかもいずれも完投勝利という離れ業には
「今時、こんなすごい事をやってのける投手がいるのか」と驚きました。
決勝では、あの「ハンカチ王子」こと早稲田大・斎藤との投げ合いになりました。
注目も当初は斎藤の方に行っていたと思いますし、
どうしても、東京六大学に比べると、それ以外の大学の選手は目立たないものですが、
この一戦で、大場の注目度がグッと上がったし、世間にもよく知られるようになったのではないでしょうか。
(野球ファンの間では、以前から知られていたとは思いますが)

さっきの日刊スポーツ号外の写真を見ると、王監督が早速学校に出向いたようですね。
大場にホークスユニと帽子を着せて…なかなかよく似合っていると思います。
もうすっかりホークスの一員ですね。

もちろん、先発ローテ入りが期待されますが、
今季のように先発投手陣に故障者が続出する事がなく、
先発が余るような感じになるのであれば、
私は抑えでの起用というのも面白いと思います。
速いストレートとフォークやスライダーで三振を取れるのは、
抑え向きと言えると思います。
今まで馬原ひとりにずっと頼ってきましたが、これで馬原の負担も減らせるし…
いずれにしても、即戦力の期待は十分だし、本当に楽しみの多い投手です。

大場の事ばかり書いてきましたが、3巡目指名の久米も楽しみが持てそうです。
右サイドから140キロ台後半のストレートを投げられるとの事で、
タイプ的には、藤岡に近いという事かな。
ならば中継ぎでは、出番があるかも。
右の中継ぎは欲しいところでしたしね。

ドラフトも終わり、徐々に来季の陣容が見えてきました。
例年以上に、翌年に期待を持てそうなこのオフ…
もう来季が待ち切れない!

by takanomichi | 2007-11-19 23:40 | Hawks 2007


<< 今年はちょっと寂しい…表彰選手発表      どうする?どうなる?来季の陣容 >>