それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 09日

まだシーズン序盤。それはわかっちゃいるけれど…

4/9(水) 対バファローズ 第2回戦(ヤフードーム)
 バファローズ 4 - 1 ホークス
大隣、何とも勿体ない投球 3四球からの3失点が響いた
決め手を欠きまくった打線 4安打でホークス、3安打のバファローズに敗れる
3連敗・4カード連続の負け越し・ついに借金生活突入…

ここ最近、不甲斐ない試合が続くホークス。
私の書く記事も、どうもネガティブな論調になってしまっていました。
他の鷹ファンの皆さんはどう感じているのかと思って、
様々なブログを見てみると、
意外と言っては何ですが、結構前向きな論調で書いておられる方が多かったです。

「そうだよな。まだシーズンは始まったばかり。そんなにネガティブになる事も無いよな。」
と、ちょっと自己反省。
「それに今日は大隣が先発だし、まさかバファローズに連敗はしないだろう。
前向きに考えよう。」
そう思っていました。

が、しかし…
今日の試合を見終えた今、
「前向きに考えよう」という決意が、早くも揺らぎ始めています…(悲)
まだシーズンは始まったばかり、と何度も自分に言い聞かせようとするのですが。

大隣についに黒星がついてしまいました。
しかし、今日も良いピッチングはしていたんですよね。
4回表を除けば…
1-1の同点で迎えたこの回に、3つの四球を出して満塁のピンチに立ち、
迎の2点タイムリーと大引の犠牲フライで3失点。
この3点が致命傷になってしまいました。

他にも、カブレラにソロアーチを浴びるなどありましたが、
今日の大隣が許したヒットは、8イニングを投げて3本だけ。
一度崩れながら、しっかり立て直したところは、評価されて良いと思います。
それだけにあの4回表が勿体無かった…

しかし、今日敗れた大きな原因は、大隣のピッチングよりも、
決め手を欠いた打線にあるでしょう。
プロ初先発の小松を攻めあぐね(相変わらず初ものに弱い鷹打線…)、
田上のソロアーチによる1点だけ。
小松の後を受けたリリーフ陣からも点を奪えず…

ヒットの数は4本だけに終わったホークスですが、
相手の四球やエラーなども絡んで、チャンスは何度も迎えていたのです。
しかし、決め手に欠けるんですよねえ。
あと1本が出ない…これも最近の悪い傾向の一つです。

ただ、昨日の情けない試合に比べ、今日は良い材料がありました。
先に書いた通り、大隣は崩れても立ち直った事。
当たりが止まっていた田上に一発が出た事。
点には結びつかなかったが、最終回に粘りの攻撃を見せた事。
明日に少しでもつながりそうな材料が見えたのは救いです。
(いや、見方次第では、昨日も、日曜のマリーンズ戦も、良い材料はあったのかも知れませんが、
そんな気持ちになれませんでしたねえ。)

とはいえ、これで8勝9敗と、今季初めての借金生活に突入。
いかに、首位から最下位までわずか2ゲーム差という大混戦のパ・リーグの中とはいえ、
やはり「借金生活」という言葉は、気分のいいものではありません。
早くここから抜け出て欲しいものです。

と、ここまで書いていたら、
「ソフトバンクモバイルの携帯電話で通信障害発生」というニュースが…
約87万人が通信やメールができなくなったという、大規模な障害が出たとの事です。
野球も本業も、ソフトバンクは一刻も早い復旧が必要ですね…
(ちなみに私は、ソフトバンクホークスのファンでありながら、携帯はauを使ってます(苦笑))

by takanomichi | 2008-04-09 23:19 | Hawks 2008


<< 全てのモヤモヤを一発で吹き飛ばした!      小久保復帰戦だというのに…あま... >>