それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 16日

MK砲爆発で関西初戦快勝!

4/15(火) 対バファローズ 第4回戦(京セラドーム大阪)
 ホークス 7 - 3 バファローズ
松中・小久保のドデカいアベックアーチで快勝!
終盤に打線爆発! 川崎、決勝のタイムリー!
パウエル、粘りの投球で移籍後初登板を白星で飾る!

待ちに待った、今季初めての関西でのホークス戦。
仕事が終わると、ダッシュで京セラドームへ行きました(笑)

が、スタンドに入ると、パウエルが2本のホームランを打たれ、
2点を失った後でした。
何か嫌な感じだなあと思いながら試合を観始めました。
事実、中盤まではホークスにとって重苦しい展開で進んでいったのですが…

そんなわけで、いつもよりちょっと簡素化してますが、観戦記なんぞを…




b0040114_0571971.jpg今日の両チームのスタメン。
京セラドームのスコアボードは、新しいビジョンになって、
これまでに比べて見やすくなっていました。

b0040114_058965.jpg新しくなったのは、センターのスコアボードだけではありません。
1塁側・3塁側内野席の上部に、この様なビジョンが新設されました。



さて、ホークスのスタメンで驚いたのは、松中のレフト起用です。
なぜこんな起用を、と思ったのですが、考えてみれば…
・近鉄時代にパウエルとバッテリーを組んでいた的山を起用でき、
 かつ、打撃好調の田上をDHで起用してスタメンから外さずに済む。
・最近レフトに定着し打撃好調であったが先日のライオンズ戦で負傷→ファーム落ちとなってしまった
 井手の穴を埋める事ができる。
というメリットのある起用だったわけですね。

b0040114_0583413.jpgb0040114_0585866.jpg
先発投手は、ホークスが移籍後初先発となったパウエル
移籍の経緯がああいうものだっただけに、いろんな意味で注目のマウンドとなりました。
バファローズの先発は、山本

しかし、パウエルは、前述の通り、カブレラ・濱中にソロアーチを浴びて、
先に相手に2点を与えてしまいました。
一方、ホークス打線は山本をなかなか捕まえる事ができず。
5回までは無得点。

しかし、6回表に反撃開始。
1アウトから多村の内野安打の後、
松中がライト上段席のフェンスにぶち当てる2号2ランホームランで、
2-2の同点!
(残念ながら、写真はありませんが…)
今日の松中は、守備でも3回裏にラロッカのレフトフライをキャッチした後、
タッチアップでスタートした3塁走者を本塁で刺すなど、
久々のレフト守備でも良いところを見せていたし、ノッていました!

7回表から、バファローズは投手を山本から本柳に交代。
松中の一発が出たとはいえ、それ以外はホークス打線は山本を攻め切れていなかったので、
この交代は、ホークスにとってむしろ良い方に出るのでは、という予感がしたのですが…

b0040114_0591748.jpg予感が的中しました!
ヒットで出た松田が、田上の内野ゴロで2塁に進んだ後、
川崎が勝ち越しのタイムリー3塁打!

b0040114_0593670.jpgパウエルは6回を投げ終えたところで降板。
7回裏からは久米がリリーフ。

b0040114_101829.jpg8回表。
この回からバファローズは吉野がマウンドに上がりましたが、
ホークス打線がさらに爆発しました。
またも多村がヒットで出塁の後、
今度は小久保がレフトの上段席に飛び込む特大の2号2ランホームラン!

b0040114_104482.jpgさらには、松田の2塁打の後、投手はヤングに代わりますが、
ここで的山がタイムリーヒットでさらに追加点!
バファローズの投手交代策は、完全に裏目に出ました。

さらには、川崎も今日2本目のタイムリー!
この回一挙4点をあげ、スコアは7-2で、もう楽勝ムード。

b0040114_11157.jpgb0040114_113511.jpg
…と思いましたが、
8回裏2アウト1塁の場面で出てきた森福が、2連続四球を与え、満塁のピンチ。
そして、代わって出てきた藤岡が、その初球をいきなり古木にデッドボール。
押し出しという何とも締まらない形で1点を与え、藤岡はこの1球だけで降板…

b0040114_115435.jpg結局、ここで小椋が登板。
昨日1日空いたとはいえ、これで4試合連続の登板。
おそらく今日のこの登板は想定外だったでしょう。
森福・藤岡がピシッとしていれば、この小椋の登板は無かったと思います。

b0040114_122965.jpgしかし、それにもめげず小椋は今日も好投。
このピンチを、代打・迎を三振に取って切り抜けました!
そして9回も、走者を1人許したものの、無失点で抑えて、
7-3でホークス勝利!
これで3連勝!
小椋は、プロ入り初セーブ!


そして、パウエルは移籍後初白星となりました!
今日の登板にあたって、様々な声が雑音も含めて、彼の周りにあったかと思います。
それを封じるには、勝つという結果を示すしかない。
そんな思いでマウンドに上がった事と思います。
そして、見事に結果を出しましたね!

というように、中盤まではどうなる事かと心配しましたが、
終わってみればスカッと快勝の試合でした!
今季の初観戦が、いきなりこんないい試合になって、
非常にラッキーでしたね。
明日もこの勢いで、さらに連勝を伸ばして欲しいものです。
主砲に当たりが出てきたし、完全にチームがノッてきましたよ!


b0040114_182774.jpgおまけ写真:
リードを広げた後は、守備固めで多村・松中・小久保をベンチに下げ、
辻・城所・森本というクリーンアップになりました。
雁の巣でも、このクリーンアップは見れないのではなかろうか(笑)
しかも、3人とも一軍ではまだヒットが無いし…

by takanomichi | 2008-04-16 01:14 | プロ野球観戦記2008


<< 報われない好投…      激闘の末の連勝! ここから一気... >>