それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 28日

連敗ストップ! 悪い流れも断ち切った!

4/27(日) 対マリーンズ 第9回戦(ヤフードーム)
 ホークス 5 - 3 マリーンズ
打線組み替えが功を奏した! 「3番」松中がホームラン含む3打点!
川崎、猛打賞! 柴原、松田が貴重なタイムリー!
和田、試合をしっかり作る投球で2勝目! ホールトン、2イニングをピシャリ!

久々にゆっくりと試合を見る時間が取れた日に、
久々に快勝の試合を見る事ができましたよ!
勝利の花火も、久々に見れましたしね。
まあ、言うまでもなく、全てテレビ画面越しに見ただけですが…

近年に無いような低迷が続いていたホークス。
何かを変えねば現状を打開できない、と王監督は考えたのでしょうか。
打線を組み替えてきました。
3番・松中、4番・小久保という打線。
そして2番には本間を起用。

結果的にはこれが当たりでした。
初回、本間がヒットで出塁後、松中の2塁打で幸先よく先制!
さらには、柴原が上手くセンター前に運び、2点目を上げ、
マリーンズ先発・小林宏之の立ち上がりを崩しました。

松中は3回にもヒットで出た川崎を塁に置いた場面で、
会心の当たり!
打球はライトスタンドへ吸い込まれる4号2ランホームラン!
この回は、さらに松田のタイムリーで1点を追加。
序盤から5点リードで、試合を優勢に進める事ができました。

和田にとっては、この序盤の大量得点は心強いものになったでしょう。
テンポの良いピッチングで、序盤はほぼ完璧の内容。
4回に1点を失いましたが、概ね安定していた、いかにも和田らしい投球でした。

が、やっぱり手術からあまり日が経ってないせいでしょうか、
どうしても後半に崩れてきてしまうようで、
6回・7回に続けて失点し、2点差に迫られたところで降板。
でも、十分合格点の投球だったと思います。

和田が作ったピンチは、久米がしっかり火消しをして、
8回からは、何とホールトンを投入。
これもまた、思い切った策だったと思います。
出てくるのが1イニング早い、と思いました。

そのせいかどうかわかりませんが、
少し制球に苦しみ、ボール球が先行する内容。
先頭の西岡にいきなりフォアボール。

心配になりましたが、その後は3人をきっちり封じて、事なきを得ました。
これは、バックの守りの助けも大きかったですね。
そうです。ここでも松中が頑張ったのです。
レフト前に落ちると思われた打球を、見事にスライディングキャッチ!
今日の松中は攻守ともに冴え渡っていました!

最終回はホールトンが、3人で片付けてゲームセット!
連敗脱出を快勝で飾りました!

今日は、まず松中の活躍を抜きには語れませんね。
4番を外された悔しさはあるかも知れませんが、しばらくこの3番という打順で
いってみた方が良いと思います。
結果論的な言い方になりますが、ヒットで打線をつなぎ走者を還す、という
最近の松中の打撃は、まさに3番バッタータイプのそれでしたから。
それが、今日は当たったのだと思います。
あと、今日もレフトの守備についていましたが、
DHよりも守りについた方が、この人のバッティングには良い様な気がします。

あと、今日猛打賞の川崎。
盗塁も決めたし、久々にスカッとした活躍ぶりを見ました。
やっぱりこの人が元気だと、チーム全体にいい影響を与えます。
ここまでイマイチな感じでしたが、
今日が復調のきっかけになればいいですね。

それから、抑えのホールトンが2イニングでもいけるという目処がついたのも、
収穫でした。
いつもこういう使い方をするわけにはいかないでしょうが、
いざという時に、こういう使い方ができるのは心強いです。

不満な点を挙げるとすれば、
中盤以降は全く点を取れなかった事と、
下位打線が弱い事ですね。
ただ、下位打線の件は、ケガ人続出の現状では、
ある程度は仕方ないでしょう。

ようやく投打が噛み合う試合ができたホークス。
しかし、火曜日からは目下首位を走るライオンズとの3連戦。
今、バッティングが非常に良いライオンズだけに、
ホークス投手陣の出来が大きな鍵になってきます。
3タテすれば、一気に首位争いに食い込めるこのカード。
非常に大事です。

まだまだ、希望を捨てる時期じゃない!
シーズンはこれからです。

by takanomichi | 2008-04-28 00:20 | Hawks 2008


<< 所沢で季節外れの大花火大会      今、どん底の中に… >>