それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 06日

ライオンズ、お前もか

昨晩の深酒がたたり、今朝は遅めに起床(苦笑)
起きてもまだ頭がボーッとしていたのですが、
ヤフーのトピックスの見出しが目に入った瞬間に目が覚めました。
「西武球団売却 プロ野球撤退へ」

どういう事なんだと思って、毎日新聞の記事をチェック。
(また毎日か、と思いましたが、日経が今日の紙面で
取り上げていたそうですね)



記事を読んでまず驚いたのは、既にライブドアに対して買収の打診が
あった事をライブドア側も認めたという事でした。
信じがたいような話ですが、この球団売却の意思が
本物である事を表しています。

ただ、200億~250億という額を右から左に動かせるような企業があるか
(あったとしても買収に名乗りを挙げるか)、は疑問と言わざるを得ず、
現時点では、来年から新チームという事は考えにくいと思います。

とはいえ、以前からライオンズの売却話は出ていましたが、
私には「堤氏がオーナーを辞めたら、それだけで売却するのかよ」と
いう印象がありました。
売却話が出ている球団の中で「最も売却する理由がない」球団だと
思っていました。
それだけに、実際売却はありえないと思ってましたので、
今回の話には強く衝撃を受けました。

しかし、しかしですよ…今季の日本一の球団ですよ?
それがオフに入ったらいきなり身売りって、異例中の異例でしょう。

私はホークスファンでありながら、
ライオンズの選手の気持ちを考えると心配になってきます。
半年以上にわたる激闘を戦い抜いて日本一の座を手にしたのに、
あっさり身売りなどされると、球団に対する失望感が湧き出て、
それが野球に対してもモチベーションを低下させる原因にならないでしょうか。
「日本一になっても身売りされる自分達の球団って、何なのか」
「俺達が頑張ってきたのは、一体何だったのか」

事態はどう動いていくのか、見守る事しかできませんが、
昨日書いたホークスの話と同様、ファンにとっては
心の準備をする時間が無さ過ぎます。
性急な売却はしないでもらいたいものですけどねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、一方でそのホークス、今日の日刊スポーツの記事を読むと、
事態の先行きがますますわからなくなってきました。
産業再生機構のスタンスは「本業以外は全て売却」と思いこんでいましたが、
ここへきて、コロニー社との間の「秘密契約」(←また密約かよ)を問題視し、
球団売却を凍結する検討を始めたというのです。

どういう経緯であれ、早急な売却が止められる事を歓迎する向きは
あるかも知れませんが(私も本音ではそうだったりします)、
一方で売却の方がメリットが大きければ、一転して売却もありうると
いう事なので、本当にどうなるか、先が全く読めません。

しかしそれにしても、
西武やダイエーの球団売却が11月30日を過ぎて認められるとしても、
それは例外的措置として有りだと言われる。
産業再生機構が、ダイエー本社の支援企業が決まる前に
球団売却を認める事になるとしても、
それは例外的措置として有りだと言われる。

これだけ「例外」ばかり起こるのなら、
そりゃ私の常識の範囲では、先の展開なんて読めねえや!(自棄)

新球団が決まってこれでようやく落ち着きを取り戻したと思っていたのに…

まだ落ち着かないんですか?パ・リーグ。
来季の日程はいつ発表されるの?

by takanomichi | 2004-11-06 14:54 | パ・リーグ


<< ホークス応援感謝セールは終わっても      そんなに急に進められても… >>