それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 03日

地獄から天国、そして最後はまた地獄…

7/2(水) 対バファローズ 第10回戦(京セラドーム大阪)
 バファローズ 7 - 6 ホークス (延長10回)

終盤、猛攻で5点差を追いつくものの、延長戦で力尽きサヨナラ負け
初先発のホールトン踏ん張るも、6回に崩れる
4連敗…交流戦で作った貯金を食い潰していく…

まあ、試合を見終えて、とにかく疲れだけが残りました…
ホークスは初回に先制したものの、その後サッパリ点を取れず。
中盤に集中打を浴び、大きな点差をつけられてガッカリ。
しかし、8回・9回の攻撃で5点差を追いついて、大盛り上がり。
でも、逆転の機会を逃して、またガッカリ。

本当に、何度も感情が揺さぶられた試合でした。
落胆したり、感激したり、ラジバンダリ!(違)
…まあ、そんな事言ってる場合じゃないですよね。
最後は力尽きてサヨナラ負けですからねえ。




b0040114_1174672.jpgb0040114_1181018.jpg
公式戦初先発のホールトンは、まあ頑張ってくれた方だと思います。
5回まで被安打わずかに2本は、立派なものでしょう。
ただ、やはり長いイニングを投げるには、無理があったか。
6回裏に、ローズに2点タイムリーを浴びて逆転を許し、
さらに続く北川に四球を与えたところで、無念の降板。


b0040114_1185713.jpgここで代わった久米が踏ん張ってくれたら、まだ良かったのです。
しかし、今日は久米らしからぬピッチング。
一輝、後藤に連続タイムリー2ベースを浴びて、3点を失いました。



b0040114_1191796.jpgb0040114_1193644.jpg
結局、6回裏に5点を失ったホークス。
続く7回裏は、三瀬が簡単に2アウトを取ったかと思えば、
カブレラにソロホームランを浴びて、6-1と点差は5点に広がりました。
そして、この1点が最終的に響いてこようとは、この時は知る由もなかったのです。
それどころか、正直、この時点で今日の試合は終わったかな、と思いました。


b0040114_1195311.jpgb0040114_1202351.jpg
しかし、ここからホークスが反撃開始。
先頭の代打・辻が2塁打で出塁すると、本多のセンター前ヒットで辻が一気に生還。
1点を返しました。


さらには、続く川崎もヒットを放ち、
ここまで苦しめられていた、バファローズ先発・中山をマウンドから引きずり下ろします。
バファローズはこの後、小刻みな継投で逃れようとしますが、
松中もヒットでノーアウト満塁のチャンス。
レフトスタンドからは、チャンステーマ「それが鷹の道」が流れ、大盛り上がり。


b0040114_1214518.jpgb0040114_1223541.jpg
そして、このビッグチャンスに小久保がレフト線への2点タイムリー!
これで、辻から何と5人連続ヒット!
大村がキッチリ送りバントを決め、1アウト2・3塁にした後、
代打・柴原のショートゴロの間に、3塁ランナー松中が生還して、ついに1点差!


b0040114_12358.jpgホークスの猛攻は、まだ終わりません。
9回表、1点リードのバファローズは当然の様に、守護神・加藤大輔が登板。
しかし、いきなり松田が2塁打を放つと、
続く辻には、何とヘルメットに当たるデッドボール。
辻はその場に倒れましたが、自力で起き上がって一塁へ。
あの加藤の快速球が悪い所に当たっていたらと思うと、ゾッとします。
辻が無事で何よりでした。
しかし、加藤は危険球を投げたという事で退場。
バファローズにとっては、予測さえしてなかったであろう事態が起きました。



b0040114_124423.jpgb0040114_1242169.jpg
急遽登板となった川越を攻め立て、本多の当たりはライトへの大きな当たり。
が、下山がナイスキャッチ。
しかし、2塁ランナーの松田がタッチアップで3塁に。
このチャンスに、川崎がセンターへの犠牲フライ。
松田が生還して、ついに同点!
この回も「それが鷹の道」が流れ、大盛り上がりでした。
1日に2度も流れるのは、珍しい事です。


この後、辻が2塁へ盗塁、さらに捕手の悪送球を誘い、3塁まで進んで、
チャンスがさらに広がるのですが、松中が三振で同点どまり。


b0040114_1251288.jpgその裏は、ニコースキーがゼロで抑えて、
試合は延長戦に突入しました。
正直、ニコースキーが登板する時、スタンドの一部から「エ~ッ」という声が上がったのですが、
そんな心配を断ち切る投球でした。


10回表。
ホークスは小久保の四球と大村のヒットで、ノーアウト1・2塁と絶好のチャンス。
ここで的山が手堅く送る
・・・と思いきや、何とバスターでヒッティング。
結果は、最悪のセカンドゴロ併殺…
この時は、一瞬、何が起こったのかと思いました。
奇襲作戦は裏目に出てしまい、結局この回は無得点。


b0040114_1255430.jpgそうなると、この裏を投げる投手が、何としても踏ん張らなくてはいけない。
その役割を託された柳瀬でしたが、
カブレラのヒットと塩崎の四球で、1アウト1・2塁のピンチ。
そして、下山が2塁走者の代走・森山との、絵に描いたようなエンドランを決め、
レフト前へのサヨナラタイムリー…
ホークス、悔しすぎる敗戦。これで4連敗。



…と、まあこの様にいろいろあった試合でしたが、
今日のホークスの敗因は、私が思うに、何かにつけて「詰めが甘かった」事に尽きると思います。
先発が崩れた後、さらに傷口を広げてしまった、久米や三瀬のリリーフ陣。
9回表、一気に逆転のチャンスがありながら、同点で終わった事。
10回表、みすみす勝ち越しのチャンスを潰した事。
その裏、柳瀬が踏ん張れずサヨナラ負け…
何かにつけて「詰めが甘かった」と言えるのではないでしようか。

交流戦でせっかく6つの貯金を作ったのに、この4連敗で、どんどんその貯金を食い潰していってます。
そして順位も再び4位に転落。
後半戦が始まったばかりだというのに、早くも正念場を迎えたホークス。
明日は何をどうしてでも勝たねばならぬ!
抑える時はキッチリ抑え、点を取れる時にはしっかり取るという、
隙の無い野球は、優勝するチームの必須要件。
明日は、ホークスにそんな野球を見せて欲しいです。

by takanomichi | 2008-07-03 01:26 | プロ野球観戦記2008


<< 悪夢の3タテ…      今日もまた >>