それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 17日

久々の福岡で、2日続きの高谷デー!

 対ファイターズ 第12回戦~第14回戦(札幌ドーム)
 7/11(金)ファイターズ 3 - 2 ホークス
 7/12(土)ファイターズ 9 - 6 ホークス
 7/13(日)ホークス 10 - 1 ファイターズ

 対ライオンズ 第15回戦~第16回戦(ヤフードーム)
 7/15(火)ホークス 13 - 4 ライオンズ
 7/16(水)ホークス 6 - 5 ライオンズ (延長12回)

またしばらく更新していない間に、5試合もたってしまいました。
昨日までの4試合についてもいろいろ言いたい事はありますけど、
今、何よりも言いたい事はただ一つ。声を大にして…

高谷、よくやったぞ!

いや、まさか8時半に帰宅して、そこから2時間半も
試合中継を見る事になるとは、思いもよりませんでした。
敗色濃かった終盤、一気に追い上げ、土壇場の9回2アウトで同点に!
延長戦に入った後は、両チーム相譲らず引き分けかと思いきや、
2アウト1・3塁から高谷のサヨナラヒット!

後半しか見てないけど、存分に楽しめました。
ガトームソンの先発回避で、急遽先発となった高橋秀聡をはじめ、
8人の投手をつぎ込み、
野手も途中交代で出場の中西や明石が頑張りを見せるなど、
まさに総力戦の延長12回。
全員でもぎ取った勝利…には違いないのですが、
何か高谷ひとりが、物凄く目立った格好になりましたね。

プロ入り初のホームランに、
守備でも盗塁を2回刺したり、
ベンチに飛び込んでフライをキャッチするファインプレーをしたり、
とどめは、これまたプロ入り初のサヨナラヒット。
もちろん今日のお立ち台に上がりました。

昨日もお立ち台に上がった高谷。
長いロードを終えて、久々に地元・福岡で迎えた2連戦は、
昨日・今日(日付変わってるから、厳密には一昨日・昨日ですが)とも、
「高谷デー」になりましたね。

高谷にしろ、荒金にしろ、スタメン起用されてから、好結果を残し続けています。
故障者の多い今年のホークスですが、
その反面、この2人しかり、長谷川しかり、中西しかり、
若手がこれだけいっぺんに頭角を現す年も、そうそう無いのではないでしょうか。

チームはこれで3連勝。
そして首位のライオンズには4連勝で、一気に3ゲーム差まで縮めました!
まあ、すぐ下には、マリーンズが7連勝で、一気に追い上げてきてるのですが…
何とも不気味な感じです。
寝ていればいいのに目を覚ましてしまった、という感じですね。

話を戻しますが、この目覚ましい高谷の活躍ぶりは、
正直、予想がつきませんでした。
正捕手の座は、的山、田上、山崎、的場で争うものとばかり思っていましたが、
田上、的山と故障で戦線離脱。
その隙を突いて、高谷がいきなり争いに加わってきました。
打てる左打者の捕手、という事になれば、
打力に難のあるライバル達から、一歩リードする事になりますね。

高谷ともども、チームもノって来ました。
とりわけ、打線が調子を上げてきましたね。
いよいよ、面白い事になってきましたよ!
1日空いてまた仙台へ遠征ですが、今の状態なら、
岩隈でも、マー君でも、かかって来い!って感じです。

そうそう。
今日の試合の事で、もう一人ふれておかねばならない人がいます。
それは大村さん。
9回裏、代打で登場しての見事な同点タイムリーは、さすが!
12回もサヨナラ勝ちのきっかけとなる、四球での出塁。
高谷のヒットで、バンザイしたり、飛び上がったりするでなく、
クールにホームベースを踏む姿が印象的でした。
スタメンで出たり、代打で出たり、起用法は安定しない最近ですけど、
やはり、いるだけで頼りになる選手の一人には違いありません。
若手とベテランがガッチリ噛み合った今のホークス、
この勢いで突っ走って欲しいものです。

by takanomichi | 2008-07-17 01:08 | Hawks 2008


<< 北京五輪 本戦出場メンバー      長いトンネルを抜け、反攻開始! >>