それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 21日

恒例「鷹の祭典」 初戦は快勝!

 対イーグルス 第12回戦~第13回戦(クリネックススタジアム宮城)
 7/19(土)ホークス 5 - 4 イーグルス
 7/20(日)イーグルス 4 - 1 ホークス

 「鷹の祭典」
 対バファローズ 第12回戦(ヤフードーム)
 7/21(月)ホークス  8 - 6 バファローズ

絶好調・川崎 打って走って、3安打・2盗塁の大活躍!
松中、3年ぶりの20号到達決めるアーチ! 中西・松田にも一発出た!
杉内、打たれながらも要所を締め、8回1失点で9勝目!

仙台での試合は、1勝1敗のタイ。
土曜日は、あっと驚く大隣リリーフという継投策もあって、何とか競り勝ちましたが、
日曜日は、岩隈の前にやられてしまいました…

さて、再び福岡に戻って、今日から3日間は、毎年恒例の「鷹の祭典」
といえば、限定ユニフォームなわけですが、
今年のデザインは、凝った感じの昨年とは違い、
いつものホーム用ユニの白と黄色を反転させただけという、
単純にして画期的なデザイン(笑)
とはいえ、テレビで観た限りでは、黄色が鮮やかで、悪くはなかったですね。

で、これも毎年恒例ですが、この3日間は観客にも限定ユニレプリカが配られ、
スタンドは黄色一色。
それどころか、驚いたのは、
ベンチ横のカメラ席にいるカメラマンも全員限定ユニ着用って、
どんだけ大盤振る舞いなんだと(笑)

まあ、毎年思いますが、観客全員にユニ配布って、気前がいいですねえ。
ただ、ちょっと思ったのですが、迷子になった子供は大変では…
パパやママを探そうとしても、周りの大人全員同じユニ着てるって、
ちょっとパニックになってしまうんでは、
と要らぬ心配をしてしまいます(笑)

さてさて、肝心の試合ですが、
先発は杉内と小松という、前回の大阪での同カードでもあった対戦。
今年、ここまでホークスは小松に散々煮え湯を飲まされているだけに、
今日こそは打ち崩したいところ。

その願い通り、初回から松中の2ランアーチが飛び出して先制!
1点返されましたが、続く2回にも中西のホームランが飛び出しました。
そして、5回裏。
1アウト3塁のチャンスから、本多が犠牲フライ。
ここで相手のエラーが飛び出し、またも1アウト2塁のチャンス。
続く川崎が、早くもこの日3本目となるヒットで、本多が生還!
2アウトになった後、小久保のセカンドゴロは、
一塁への送球が少し逸れ、内野安打に。
この送球が少し逸れた間に、何と川崎が3塁をけって、本塁へ突入。
タッチをかいくぐる見事なスライディングで生還!

交流戦MVPの勢いそのままに、7月も好調持続中の川崎。
土曜日の仙台での試合でも、決勝タイムリーを放つなど活躍していましたが、
今日も、3安打に2つの盗塁の他、この好走塁と、本当にハツラツとしています。
ファンとしては嬉しい限り。
オリンピックでも頼もしい存在になりそうです。

6回には松田のホームラン、8回には辻のタイムリー。
杉内は、途中打たれる場面がありながらも、8回まで1点で抑え、
8-1と今日は楽勝ムード。
だったのですが…
リリーフで出てきたニコースキーが被安打3本と1四球、
続いて登板の久米も満塁から押し出しデッドボールや
2点タイムリーを浴びるなど大誤算。
気がつけば8-6と2点差まで詰められ、なお2アウト1・2塁と、
同点に追いつかれるピンチ。
しかし、最後は高橋秀聡が北川を打ちとって、なんとか勝ちました。

勝つには勝ちましたが、やはり相変わらず好不調の波が激しいリリーフ陣は
心配の種。
特に、左打者の時に出てくる左投手は、そのバッターをキッチリ抑える事が
求められているのですから、四球を与えてお仕事終わり、というのはいただけません。
(三瀬さん、あなたの事です(涙))

これで2位・ファイターズとのゲーム差を0.5に縮める大きな勝利でしたが、
逆に、この展開で負けていたら、いろんな意味で、ダメージが凄く大きかったでしょうね。
本当に勝って良かったです。
昨年は3連勝だった「鷹の祭典」
やはりゲンがいいのかな?
ならば、明日・明後日も、昨年同様に、連勝といってもらいましょう!

by takanomichi | 2008-07-21 23:57 | Hawks 2008


<< 「鷹の祭典」第2Rは一歩届かず...      悩ましき南海レプユニ問題 >>