それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 28日

守護神復活祭 3days

 対マリーンズ 第13回戦(ヤフードーム)
 7/25(金)ホークス  14 - 0 マリーンズ
鷹打線、大大爆発! 小久保の2発を含む17安打14得点!
投げては大隣、見事な無四球完封で2桁勝利にリーチ!

 対マリーンズ 第14回戦(ヤフードーム)
 7/26(土)ホークス  2 - 1 マリーンズ
辻の2点タイムリーで奪ったわずか1点のリードを、ホールトンが守り抜く!
最後は、守護神・馬原が鮮やか復活劇で締めた!

 対マリーンズ 第15回戦(ヤフードーム)
 7/27(日)ホークス  3 - 2 マリーンズ
和田の力投に、土壇場で小久保が応える同点弾!
延長12回、本多のサヨナラヒットで今季9度目のサヨナラ勝ち!

頼りになる男がやっと帰ってきました。
リリーフエース・馬原が、土曜日の試合で、待ちに待った今季初登板。
いきなり、わずか1点リードの最終回という、
緊迫し、それでいてストッパーにとっては当たり前に抑える事が求められる場面。
厳しい状況ではあったでしょうが、馬原は完璧に3人で抑えました。
以前と変わらない快速球。
我らの守護神は、確かに帰ってきました!

今思えば、その前日の14-0という圧勝劇は、
馬原復活のド派手な前夜祭だったのかも知れません。
バファローズ戦カード負け越しの嫌な雰囲気も、一気に吹き飛ばすような
打線の爆発ぶりでしたね。
見ていて途中から「明日に取っておけよ」と思いましたが(笑)

そして土曜日は、冒頭の通り、馬原復活の本番。
それを演出したのは、ホールトンの好投でした。
先発に転向してからの投球内容は決して悪くなかったのに、
白星という結果がついてこなかったのですが、
この日はようやく先発転向後初勝利!
五輪期間中、2人の先発投手が抜けるホークスにあって、
頼れる先発投手がまず1人出てきました。
そして、最近打撃好調の辻が、結果的には試合を決める逆転2点タイムリー。
この日のお立ち台、心なしか、以前よりも堂々として見えました。
去年はもっとオドオドしていた感があったのに(笑)

そして、3タテの懸かった日曜日。
和田と渡辺俊介のハイレベルな投げ合い。
1点ビハインドのまま、諦めかけていた9回裏1アウト。
ここで小久保がバックスクリーン横にぶち込む同点弾!

和田は続く10回まで投げたものの、惜しくも勝ち星はつかず。
しかし、10回も1アウト3塁というピンチを迎えながら、抑えました。
粘り続けた10イニング、145球。見事でした。

11回は馬原が、前日に続いて登板。
エラーでの走者は許したものの、ヒットは許さず完璧な守護神ぶり。
12回は高橋秀聡-陽のリレーで抑え、ホークスの負け無しを確定。

12回裏、長谷川のヒットをきっかけに2・3塁のチャンスを掴むも2アウト。
打者・本多も2ストライクまで追い込まれたのですが…
高めの球をとらえた当たりは、レフト前へのサヨナラヒット!
またまたまたサヨナラ勝ち!
そして延長に入れば本当に負けない、今季のホークスの強さを
見せつけた試合でした。

こうなったら、残る2戦も連勝で飾って、オールスター前を締めくくってもらいましょう。
明日はパウエル、そして明後日は恐らく杉内の五輪壮行試合。
気持ち良く送り出せるよう、2連勝あるのみ!

by takanomichi | 2008-07-28 01:26 | Hawks 2008


<< 前半戦は締まりの無い終わり方…      「鷹の祭典」第3Rは辛い逆転負け… >>