それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 14日

日本代表、痛い黒星スタート…

 北京オリンピック・野球 予選リーグ第1戦
 8/13(水) キューバ  4 - 2 日本

下の記事で、ホークスが9連戦の好スタートを切ったと書きましたが、
対照的にオリンピック・星野ジャパンは、黒星でのスタートになってしまいました…

やはりキューバは強かった、のは確かですが、
日本にも勝てるチャンスはあったのですけどねえ。
あと一本が出ないチームと、出たチームの差が出てしまいました。
投手陣も、ダルビッシュや成瀬はちょっと誤算でしたねえ。
ただ、その後に投げた田中や藤川は好内容だったと思いますし、
その点は今後に期待が持てます。

3安打の活躍で、チャンスを作り続ける活躍を見せた川崎。
それは嬉しいのですが、足の状態が明らかに良くないのが心配です…
星野監督が代走を出そうとしたところを、断るようなジェスチャーを見せた場面もありましたね。
そのガッツはいかにも川崎らしくていいのですが、
正直、私は、交代した方がいいのでは?と思いました。
確かに今日の一戦は非常に大事な一戦で、是非とも勝ちたい、勝利に貢献したい、
という気持ちはわかるのですが、
まだ予選リーグは6試合残っているし、金メダルまで到達するにはさらに、
準決勝・決勝があるわけです。
ここで無理して、後の試合に出られなくなる事の方が怖いです。
今日は3本目のヒットを打ったところでようやく交代しましたが、
やっぱり無理していたんじゃないでしょうか…
今後に影響しない事を祈ります。

by takanomichi | 2008-08-14 00:33 | 北京五輪


<< 決勝トーナメント進出も、後味悪し…      救世主・ホールトン誕生! >>