それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 29日

新垣、ようやく今季初白星!

 8/28(木) 対バファローズ 第19回戦(ヤフードーム)
 ホークス  3 - 2 バファローズ

終盤まで、新垣と近藤の素晴らしい投手戦でした。
何せ、7回まで両投手ともに、許したヒットがたった1本ですからね。
新垣の打たれたその1本のヒットは、後藤のソロホームラン。
試合はホークスが1点リードされた状態で、8回へ。

8回表、ホークスは2アウトながらランナー1・3塁のピンチ。
今日は出ないと思っていた新垣の暴投が、よりによってこんな大事な場面で出てしまいました。
「あーあ。やっぱり新垣は新垣だったのか…」
痛い1点を失い、スコアは2-0に。

何とも嫌なムードが流れ始めましたが、ホークスはすぐさま反撃に転じました。
ヒットで出た中西を塁に置いて2アウトになったものの、
ここで代打で起用された吉川が、ライトへのエンタイトル2塁打を放ち、
ランナー2・3塁とチャンスを広げました。

今季、育成選手枠で入団し、先ごろ支配下選手登録された吉川。
育成選手上がりとはいえ、元は近鉄・巨人で既にプロ10年のキャリアを積んだ選手。
もう後がない立場だと思いますが、この一打でひとつアピールしましたね。

さて、チャンスが広がったところで、本多の内野安打で、まず1点を返しました!
当たりは決して良くなかったけど、足でヒットにした本多らしい一打でした。
そして今日の主役の一人、本間。
代打で登場し、職人芸のバットコントロールで低めの球をレフトへ運び、
2人のランナーが生還する逆転タイムリーヒット!

1点リードして最終回となれば、当然馬原の出番。
しかし、1アウト1塁でカブレラ、ローズを迎えるというハラハラする場面でしたが、
二者連続三振に切って取る見事な締めで、ゲームセット!
今日はリードを許しながらも、一番いい時に逆転し、守護神がキッチリ抑える
会心の勝利でした!

本間と並ぶもう一人の今日の主役は、もちろん新垣。
遅まきながら、これが今季初勝利です。
お立ち台に立った新垣は、涙を見せ、言葉につまる場面がありました…
まあ、何だかんだ言っても、新垣本人にとっては、
ここまで本当に長くて重苦しい日々だったのでしょうね。

ただ、この1勝で満足してちゃいけません。
不甲斐なかった前半戦の分を取り返すようなピッチングを、
これからの終盤戦で期待します。

いい形の勝利で、このカードは1勝1敗のイーブンで終えました。
次はいよいよ、首位ライオンズとの決戦。
8ゲーム差あるという現実は、確かに厳しいです。
しかし、優勝を諦めない為にはもちろんの事、
下のチームとの差を広げるためにも、もう3連勝するしかありません。
初戦の予告先発は、杉内と涌井。
いきなりから、オリンピック代表投手同士の、
力の入った投げ合いになりそうな予感がします。
楽しみです!

by takanomichi | 2008-08-29 00:16 | Hawks 2008


<< 激闘5時間2分、決着つかず…      5連休の後は… >>